Academic Box Logo

ハイキュー作画崩壊: 西谷の足レシーブの驚愕の作画崩壊を徹底解説

こんにちは、ライターのYUKOです。今日は、アニメ「ハイキュー!!」の作画崩壊についてお伝えします。

烏野高校の守護神:西谷夕の魅力

烏野高校排球部で西谷夕のポジションは何ですか?

リベロ

西谷夕は、高校2年生でリベロを務める烏野高校排球部の重要なメンバーです。

身長は低くても、優れた守備力で「烏野の守護神」と呼ばれています。

また、個性的な髪型とワイルドな性格で多くのファンを獲得しています。

アニメでは岡本信彦さんが声を担当しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハイキュー!!】西谷夕がかっこよすぎる!名シーンや声優を紹...

烏野高校のリベロ 西谷夕のプロフィール

烏野高校の守護神と称されるリベロの選手は誰ですか?

西谷夕

西谷夕は、「ハイキュー‼」に登場する烏野高校バレーボール部の守護神と称されるリベロ。

小柄ながら高い技術と身体能力を誇り、献身的なプレーでチームを支える。

幼少期はバレーボールに熱中していたが、一度は諦めたものの、烏野高校に入学して再びバレーボールと向き合った。

高校時代はマネージャーの清水潔子に憧れていたが、後にチームメイトの田中が清水と結婚した。

詳しくみる ⇒参照元: 「ハイキュー‼」西谷夕~かっこいいとかわいいを両立させた守護...

ハイキューの感動と笑いの名シーン

どんなことが起こってから、東峰はボールを呼びスパイクを叩き込むことができたか

西谷の特訓の成果で繋いだボール

東峰はブロックに跳ね返されて心が折れそうになったが、自宅謹慎と部活謹慎中の西谷が特訓の成果を発揮してボールを繋いだことで、東峰は過去のトラウマを払拭しスパイクを叩き込むことができた。

西谷と東峰の関係が修復したことで、日向もネットのこっち側のギスギスが解消されたと喜んでいた。

また、西谷が提出した答案用紙に書かれていた問題文に関連のない『もっと男らしく生きろ!!!紀男!!!』という回答も、西谷の個性と面白さを表すエピソードとして知られている。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハイキュー!!】西谷夕がかっこよすぎる!名シーンや声優を紹...

ハイキュー!!の熱を次世代へ繋ぐ

ハイキュー!!の熱さの決め手は?

作画だけではない

ハイキュー!!の予告動画は神作画だったが、アニメのおもしろさは作画だけでは決まらない。

ハイキュー!!の熱さは作画崩壊にも消えず、原作漫画や新作映画を通じて次世代に受け継がれていく。

詳しくみる ⇒参照元: 『ハイキュー!!』4期の作画崩壊はなぜ?現在の作画は戻ったの...

ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦の臨場感の源

この映画で描かれた試合の臨場感の源となっているのは何?

作画力

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦では、日本の誇るアニメーターの技量による素晴らしい作画力が、臨場感ある展開にさらなる特別さを加えている。

特に最終盤のラリーシーンでは、研磨の視点からコートに立っているような感覚を味わうことができ、バレーボールの醍醐味を存分に堪能できる。

この作画力により、バレーボール選手たちの凄さを改めて実感することができるのだ。

また、映画の結末は研磨を主人公として描かれているが、物語は2部作構成となっており、次作では清水潔子のさらなる活躍が期待されている。

詳しくみる ⇒参照元: 『劇場版ハイキュー!!』作画に宿るバレーボールの醍醐味 『T...

孤爪研磨が軸となる劇場版「ハイキュー!!」

音駒の孤爪研磨が、本作ではどのような役割を果たすのか

物語の軸

劇場版「ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」は、シリーズ主人公である日向翔陽と影山飛雄ではなく、ライバル校の音駒高校の孤爪研磨を軸にストーリーが展開されます。

物語は、田舎町で迷子になった研磨と、偶然出会った翔陽とのやり取りから始まります。

それぞれのチームの選手たちが互いに認め合う相手との試合で、研磨を中心としたドラマが描かれます。

詳しくみる ⇒参照元: 『劇場版ハイキュー!!』作画に宿るバレーボールの醍醐味 『T...

ハイキュー!!作画の現状

稲荷崎と烏野の推しファンが不満を述べている回は何話?

15話

「ハイキュー!!」の作画崩壊は4期15話で特に話題となりました。

稲荷崎との勝負の行方や劇場版につながるゴミ捨て場の決戦前夜の様子は安定したクオリティでしたが、1期のような感動はありませんでした。

稲荷崎と烏野の推しファンからは、推しの良いシーンが台無しになったと不満の声が上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『ハイキュー!!』4期の作画崩壊はなぜ?現在の作画は戻ったの...

西谷夕のその後

烏野高校で活躍した西谷夕のその後はどのように描かれていた?

意図的に伏せられていた

ハイキュー最終章では、西谷夕の卒業後の様子が描かれず、ファンの間でさまざまな考察がなされた。

日本で就職したという無難な説から、海外でプロとして活躍しているという説まで、さまざまな可能性が考えられた。

西谷の才能やスケールの広さを考えると、プロの道を選んだ可能性も否定できないとされていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハイキュー】西谷夕のその後は?ノヤっさんの卒業後の進路と現...

ハイキュー!!劇場版:因縁のライバルとの激突

全国大会の春高バレーで烏野高校が対戦するライバル校の名前は?

音駒高校

「ハイキュー!!」のアニメシリーズ最新作「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」は2月16日に公開。

バレーボールに打ち込む高校生たちの物語で、臨場感あふれる試合描写が特徴。

原作漫画は古舘春一氏によるもので、TVアニメは2014年から放送開始。

第4期「TO THE TOP」では、烏野高校が全国大会の春高バレーに出場し、1回戦で稲荷崎高校を破った。

そして、因縁のライバル校である音駒高校との対戦が控えている。

音駒高校は、冷静沈着なセッター・孤爪研磨を擁する強豪校で、烏野高校にとって大きな壁となる。

詳しくみる ⇒参照元: 『劇場版ハイキュー!!』作画に宿るバレーボールの醍醐味 『T...

リベロの執念:西谷の欠点克服と東峰との絆

西谷が克服した欠点は何か?

ジャンプフローターサーブのレシーブ

バレーボールの「ハイキュー‼」に登場するリベロ・西谷は、ジャンプフローターサーブの標的にされ弱点を突かれる。

しかし、仲間の応援を受け、試合中にこの欠点を克服する。

西谷はまた、エース・東峰の不甲斐なさからトスを呼ばなくなった際に、激怒し部活を離れる。

東峰が本音を吐露した烏野商店街チームとの練習試合で、西谷はスーパーレシーブを披露し、2人の関係が修復する。

詳しくみる ⇒参照元: 「ハイキュー‼」西谷夕~かっこいいとかわいいを両立させた守護...

ハイキュー!! 作画崩壊騒動

ハイキュー!!の作画が話題になったのはなぜ?

作画崩壊

2020年10月9日に放送されたアニメ『ハイキュー!!』の作画が崩壊しているとネットで話題になりました。

公式ホームページに掲載されている画像とアニメの内容に乖離があり、ネット上では作画崩壊のまとめ動画が多数投稿されています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『ハイキュー‼︎』作画崩壊? 第2クール 15話「見つ...

『ハイキュー!!』4期15話の作画崩壊の原因と問題点

『ハイキュー!!』4期15話の作画崩壊は、どのような点が問題視されたのでしょうか?

遠近感のバグとキャラの異常な変形

『ハイキュー!!』4期15話は外注回だったようで、作画品質に問題がありました。

キャプテンの澤村大地が地面を這う謎クリーチャーに変貌したり、尾白アランの顔がネットにめり込んだり、遠近感がバグってキャラが異常な変形をするシーンが大量にありました。

こうした作画崩壊が視聴者から問題視されました。

詳しくみる ⇒参照元: 『ハイキュー!!』4期の作画崩壊はなぜ?現在の作画は戻ったの...

西谷夕と東峰旭の「弾丸世界ツアー」

東峰旭は西谷夕からどのような写真を受け取ったのか?

カジキを抱えた西谷夕

東峰旭は西谷夕から、漁港で自身が釣ったカジキを抱えている写真を受け取りました。

ハイキュー最終章では、日向と影山が出場するオリンピック編が展開され、西谷夕は東峰旭と共に「弾丸世界ツアー」に出発します。

最終回では、北極に向かう西谷夕と東峰旭のエジプトでの写真が描かれています。

西谷夕は世界を回ることを目標にしており、イタリアでカジキを釣ったのも旅費を稼ぐためだったと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハイキュー】西谷夕のその後は?ノヤっさんの卒業後の進路と現...

西谷夕のかっこよさの秘訣

リベロ・西谷の努力を支えた行動は?

自主練習

ハイキュー!の人気キャラクターであるリベロの西谷は、自分の弱点を克服するために自主練習に励んでいます。

また、チームメイトの東峰とのやり取りの中で、自分の気持ちを正直に伝えることで、チームメイトに自分の考えを理解してもらおうとしています。

西谷のかっこよさは、努力を怠らない姿勢と、自分の考えを率直に伝えるコミュニケーション能力に表れています。

詳しくみる ⇒参照元: 【ハイキュー】西谷夕のかっこいいシーンまとめ!惚れる名場面や...

ノヤの守護神伝説

烏野が音駒から得点したのはどのようなプレーか?

ローリングサンダー

緊迫した攻防戦の中、烏野の孤爪研磨がツーアタックを狙う。

ノヤと日向が反応するも、ボールは予想外の軌道でノヤの予想外の場所に飛ぶ。

しかし、ノヤは優れた身体能力でかかとでボールを上げて音駒コートに落とし、烏野の得点となった。

このアクロバティックなレシーブは、田中によれば「ただの回転レシーブ」とのことだが、技名が付けられるとより印象的な技となる。

烏野の守護神ノヤは、159cmの小柄な体格ながら、類稀なレシーブ力でチームを支える男気溢れるキャラクターである。

詳しくみる ⇒参照元: ハイキュー烏野の守護神西谷の足レシーブは何話のアニメで見れる...