Academic Box Logo

セブンイレブンの弁当底上げ問題:クレーム続出?真相と対策を徹底解説!

ライターのYUKOです。この記事では、セブンイレブンの弁当底上げ問題について解説します。

セブンイレブン弁当の量改善?

セブンイレブンの弁当は今でも量が少ないのでしょうか?

多い

セブンイレブンの弁当は以前は「上げ底」や「量が少ない」というイメージがあったが、最近は改善されている。

しかし、ネット上では「400円以下の弁当」について「量が少ない」という声が上がっている。

詳しくみる ⇒参照元: セブン、「400円以下の弁当」が増えた理由は?→ネット民「底...

セブンイレブンのお弁当上げ底問題

大手コンビニのセブンイレブンは、お弁当に何を使用して量を少なく見せているのか?

上げ底

大手コンビニのセブンイレブンのお弁当は、露骨な上げ底を使用して量を少なく見せかけている。

特に焼き肉弁当は、公式サイトの写真と実際の商品で大きく差があり、Twitterでも怒りの声が上がっている。

このような上げ底は、消費税増税後にも行われており、セブンイレブンのカレーは増税後に大幅に量が減っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【悲報】セブン弁当の底上げ問題がどんどん深刻になっている件

セブンイレブン底上げ弁当炎上事件の真相

セブンイレブンは弁当の底上げをやめたの?

改善済み

かつてSNSで炎上したセブンイレブンの底上げ弁当は、現在では改善されていると言われている。

弁当の容器が上げ底になっていて、フタと中身の距離が近いことで、ユーザーは中身がフタいっぱいまで入っているように勘違いさせられていた。

この行為は「ステルス値上げ」と呼ばれ、ユーザーのセブンイレブン離れを引き起こしていた。

セブンイレブンは底上げの限度を超えているとのクレームを受けて改善したとされており、現在は底上げは控えられていると考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: セブンイレブンの弁当底上げのクレーム・言い訳・やめた理由まと...

弁当底上げ問題のセブンイレブン

セブンイレブンの弁当の底上げは他のお店と比べてどのような点がひどいのか?

露骨すぎる

食の恨みは恐ろしく、底上げにより騙されたと感じた人が多く怒りを募らせている。

セブンイレブンの弁当の底上げが露骨すぎるという意見が散見され、深刻化している。

しかし、底上げはセブンイレブンだけでなく他のお店でも行われていた。

詳しくみる ⇒参照元: 【悲報】セブン弁当の底上げ問題がどんどん深刻になっている件

セブンイレブン弁当の多彩なラインナップ

セブンイレブンのお弁当のラインナップの特徴は?

豊富

セブンイレブンの弁当は、ガッツリ系から軽食系まで幅広く揃っており、和風、中華、洋食など多様なメニューがあるのが特徴です。

また、二段仕込みのから揚げ弁当などの人気商品も充実しています。

詳しくみる ⇒参照元: セブンイレブンの二段仕込みのから揚げ弁当がボリューム満点でス...

セブンイレブンの詐欺商品4例

セブンイレブンの「sonnaバナナミルク」で問題となったのは何ですか?

内容量詐欺

セブンイレブンは底上げ弁当以外にも、容器のデザインや内容量によって詐欺だと話題になった商品があります。

練乳いちごミルク(タピオカ入り)では、いちごソースに見える赤い模様がパッケージに印刷されているだけで、実際にはいちごソースが入っていませんでした。

sonnaバナナミルクは容器の上部3分の1が中身と同じカラーで塗られており、容器いっぱいにバナナミルクが入っているように見えますが、実際は容器の約3分の2程度しか入っていません。

塩むすびは中身に空洞があり、具材が入らない分中抜きされていると感じる方もいます。

詳しくみる ⇒参照元: セブンイレブンの弁当底上げのクレーム・言い訳・やめた理由まと...

セブンイレブン チキン南蛮弁当の不評内容

セブンイレブンのチキン南蛮弁当の何が不評だったのか?

中身が少なく、唐揚げ感がない

セブンイレブンのチキン南蛮弁当は、中身が少なく、唐揚げ感が感じられないとの口コミがSNS上で拡散されている。

容器を加工して中身を減らす手法はすでにバレていたため、今度はチキンの代わりに衣を加工して原材料費を抑える手法に出たようだ。

この手法により、チキンよりも衣の割合が高くなり、サーターアンダギーのような状態になってしまった。

この手法はセブンイレブンの信頼を失墜させる可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【炎上】セブンイレブンの詐欺商品・詐欺サンドまとめ【弁当底上...

セブンイレブンの底上げ弁当批判

サンドイッチの具材がたっぷりあるように見せかけるために、どの部分に具材が集められているか?

断面側

セブンイレブンは、弁当の底上げやパッケージによる内容量のかさ増しで炎上しました。

弁当容器の工夫として、耐久性、陳列のしやすさ、環境への配慮を理由に挙げましたが、内容量については回答せず炎上。

見た目詐欺と批判されたジュースのパッケージについても、商品の良さを伝える工夫と回答しましたが、疑問視され言い訳と認定されました。

詳しくみる ⇒参照元: セブンイレブンの弁当底上げのクレーム・言い訳・やめた理由まと...

セブンイレブンの弁当底上げの理由

セブンイレブンが弁当を底上げする理由として考えられる最も一般的なものは?

原材料の入手困難

セブンイレブンが弁当を底上げする理由は、市場での需要に対して原材料の供給が不足し、原材料の価格が高騰しているためと考えられます。

原材料を入手するのが難しくなると、利益率が低下するため、値上げするか中身を減らす必要があります。

セブンイレブンは利益を維持するために、弁当を底上げしたと考えられます。

また、堂々と値上げすると客離れにつながる可能性があるため、ステルス値上げとして底上げ容器を使用していると考えられます。

ただし、このステルス値上げはユーザーの不信感を招き、セブンイレブン離れを引き起こしている可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: セブンイレブンの弁当底上げのクレーム・言い訳・やめた理由まと...