Academic Box Logo

四十九日のお悔やみメッセージ:故人への敬意を表す言葉と礼儀

ライターのSaraです。四十九日のお悔やみメッセージについて、故人への敬意を表す言葉と礼儀をご紹介します。

四十九日:仏教における故人の霊の彷徨期間

故人が亡くなってからどれくらいの期間、霊は彷徨っていると考えられているか?

49日間

仏教では、人は「四有」という四つの状態を巡っているとされています。

そのうち、「中有」と呼ばれるのは、死んでから次の生まれ変わりに向かうまでの期間です。

故人の霊は、この「中有」の期間、つまり亡くなってから49日間、彷徨っていると考えられています。

また、49日は「忌み明け」ともされ、閻魔大王によって死後の運命が決まるとされています。

そのため、四十九日の法要は盛大に行われることが多いのです。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日の花の贈り方・マナー|お供え花・お悔やみ花の花秘書

四十九日のお供え花

四十九日にお供えするお花で、一般的によく贈られる時期は?

初七日か四十九日

四十九日の前日か当日の早めにお届けすることが推奨されており、故人の好みに合わせて色や雰囲気を調整するのが一般的です。

また、お供えであるため、常識の範囲内での配慮が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日の花の贈り方・マナー|お供え花・お悔やみ花の花秘書

故人を偲ぶオンライン寄せ書き

オンライン寄せ書き「スゴヨセ」では、故人を偲ぶ会に参列できない人からでもメッセージを受け取れる?

はい

「スゴヨセ」は、故人を偲ぶ会に参列できない人からもメッセージを受け取ることができるオンライン寄せ書きサービスです。

ネット上で寄せ書きを作成し、故人への思いを伝えることができます。

また、デザインのバリエーションが豊富で、相手や好みに合ったものを簡単に検索して見つけられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【寄せ書き作成】故人を偲ぶ会(お葬式後・四十九日・一周忌)に...

故人を偲ぶメッセージ

故人との大切な思い出をどのように表現したら良いですか?

感謝の言葉で伝える

悲しみを乗り越えるために大切な思い出を振り返り、感謝の言葉で故人を偲びましょう。

思い出すことで故人との絆が深まり、悲しみを癒すことができます。

心からの言葉で、故人の在りし日の姿を振り返り、その思い出を大切にしましょう。

故人の笑顔や優しさ、一緒に過ごしたかけがえのない時間を思い起こすことで、故人への愛と感謝の気持ちが新たになります。

また、故人の好きな色や花、趣味などにちなんだものを贈ることで、故人の存在を身近に感じることができます。

詳しくみる ⇒参照元: お供え花に添えるメッセージ例文

お供物に添える手紙の作法

お供物に添える手紙の便箋で避けるべきものは?

派手な色

お供物に添える手紙の便箋は、縦書きの白い便箋が適しています。

お悔み状のため、派手な色や二重の封筒は避けます。

便箋も二重にならないように1枚にまとめ、黒インクの万年筆またはボールペンを使用します。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日のお供えの手紙|正しいマナーと書き方の例文集

四十九日の手紙の相手と例文

四十九日に手紙を送る相手は誰?

親しい相手

四十九日の手紙は、香典だけを頂いた相手や親しい相手に送ります。

例文では、家族からもよろしくとのこと、今後も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願いいたしますと、故人と遺族からの感謝の気持ちと今後の関係継続の希望が込められています。

文中には句読点が用いられていますが、弔事の挨拶状では句読点を使用しない場合もあります。

また、香典返しを送る場合は文中に記載しますが、送らない場合は削除します。

お礼のお礼となるため、基本的に四十九日の挨拶状に対しては返信は必要ありませんが、手書きの手紙や親しい間柄の場合は簡単な返信を送っても構いません。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日 挨拶】手紙・返事・例文・文例・挨拶文

四十九日のお礼状の特色

通夜・葬儀で渡されるお礼状と、四十九日のお礼状の違いは何ですか?

香典返しの有無

通夜・葬儀で渡される会葬礼状は、急遽用意されたお礼状で、会葬者全員に同じお返しの品を添えて渡します。

一方、四十九日のお礼状・忌明けのお礼状には、香典返しを添えて一緒に送ることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日 挨拶】手紙・返事・例文・文例・挨拶文

四十九日の挨拶状:忌明けの報告と感謝の伝達

四十九日の忌明けを報告する文書は何?

忌明けの挨拶状

仏教では、故人が亡くなってから四十九日までを忌中とし、その期間中に七回法要が行われます。

四十九日目の法要は「満中陰」と呼ばれ、この法要をもって忌明けとなります。

忌明けには、遺族は参列者に感謝を伝えるため、忌明けの挨拶状を送ります。

この挨拶状は、通夜や葬儀に参列してくれた方や、故人と親交があった方々に送られます。

挨拶状には、香典返しを添えることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日 挨拶】手紙・返事・例文・文例・挨拶文

四十九日のお供えに添える手紙のマナー

四十九日の法要に出席できない際、お供物に添える手紙とはどのようなものか?

欠席の旨を伝える手紙

四十九日の法要に出席できない場合に、欠席の旨と供物を贈ったことを伝える手紙を添える習慣があります。

手紙には、白い縦書きの便箋と一重の封筒を使用し、お悔やみのマナーに沿った文章を記載します。

内容は、故人への哀悼の意や供物を贈った旨、参列できなかったお詫びなどを簡潔にまとめます。

詳しくみる ⇒参照元: 四十九日のお供えの手紙|正しいマナーと書き方の例文集

故人を偲ぶ会のタイミングと意味

故人を偲ぶ会を行うタイミングを教えてください

お葬式後、四十九日法要後、一周忌後

故人を偲ぶ会は、お葬式よりも自由な形式で、宗教的な色合いも薄く、故人への思い出やメッセージを共有する機会です。

タイミングは決まっておらず、家族や親族だけのお葬式のあと、四十九日法要のあと、一周忌のあとなどに行われることが多いです。

故人へのお別れメッセージを伝えたり、近況報告をしたりすることが主な目的です。

詳しくみる ⇒参照元: 【寄せ書き作成】故人を偲ぶ会(お葬式後・四十九日・一周忌)に...

お悔やみメッセージの書き方

お悔やみのメッセージカードに記載すべき礼儀正しい文言は何か?

本文をすぐに書き始める。

お悔やみメッセージカードには、時候のあいさつは省いて本文から書き始める。

訃報を聞いての驚きや悲しみを表現し、故人への感謝や思い出を綴る。

葬儀・法要への欠席を詫び、ご家族への慰めやねぎらいの言葉を添える。

文例として、「このたびのご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます」が紹介されている。

詳しくみる ⇒参照元: お供え花に添えるメッセージ例文

故人への寄せ書きの心得

故人への寄せ書きで避けるべき言葉は?

重ね言葉、忌み言葉

故人を偲ぶ会の寄せ書きでは、遺族の気持ちを配慮し、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

お悔やみの場面では、重ね言葉や忌み言葉は避け、故人への感謝や思い出を綴りましょう。

また、形式ばりすぎず、自分の思いを込めたメッセージを添えることが大切です。

お葬式よりカジュアルなシーンでも、タイミングに合わせた寄せ書き例文を参考にし、故人への想いを表現しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 【寄せ書き作成】故人を偲ぶ会(お葬式後・四十九日・一周忌)に...

四十九日の言葉選び

親しい友人への四十九日の言葉遣いは、固くする必要がある?

いいえ

亡くなった友人を偲ぶ四十九日の際には、まだ悲しみが癒えていないことを考慮し、生前の感謝と悲しみを伝える言葉をかけることが大切です。

特に親しい友人に対しては、堅苦しい言葉遣いをせず、自然体で伝えることが適切とされています。

故人の思い出を振り返り、感謝の気持ちを述べるとともに、故人を偲びながら前を向いていこうと励ます言葉が望ましいです。

詳しくみる ⇒参照元: お悔やみの言葉をメールで友達に送るには?命日・四十九日・初盆...