Academic Box Logo

山口組の車事情:抗争激化の中、組員が語る"ケジメ"と"スマホ機種変"のジレンマ

こんにちは、ライターのYUKOです。

山口組の概要とマーク

山口組のマークとして使われている意匠は?

山菱

山口組は、兵庫県神戸市に本部を置く、日本最大規模の暴力団です。

組員数は約7,400人であり、山形・広島・沖縄を除く44の都道府県に系列組織を持っています。

山口組のマークは「山菱」と呼ばれる、菱形の中に「山」の文字を描いた意匠です。

また、山口組の収益は年間66億ドルに達し、ロシアンマフィアに次いで、イタリアマフィアの最大組織・カモッラの収益を凌ぐ規模です。

山口組は、1915年に山口春吉が沖仲仕を集めて結成した組織で、当時は約50名の労務者を抱える組織でした。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組

山口組分裂から8年、抗争激化の見通し

分裂から8年後の山口組は今後どのような状況になる?

対立抗争が激化する見通し

山口組は分裂後、神戸山口組などの複数の組織に分裂し、抗争が激化している。

2020年に特定抗争指定暴力団に指定され、2022年12月に池田組も指定された。

特に岡山県では、池田組の組長が襲撃される事件が発生し、公安委員会は3月まで抗争指定を延長した。

この状況から、山口組をめぐる抗争は今後さらに激化する可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組分裂8年 組員たちの胸の内「ケジメつけるまで終われない...

髙山若頭、名古屋へ

髙山若頭は現在、どのような状況にあるか?

服役中

2014年6月から恐喝罪で服役中の髙山若頭が、神戸山口組から離脱した当時の若頭補佐や最高幹部に迎えられ、名古屋へ向かった。

服役中に起きた分裂抗争に対して、髙山若頭がどのような行動に出るかが注目されている。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組若頭「髙山清司」出所 グリーン車1両貸し切りのvipぶ...

神戸山口組の対立と侠友会の解散

神戸山口組内の対立が、侠友会の解散に影響を与えた可能性はありますか?

はい

神戸山口組内では、六代目山口組との和解を支持する「和解派」と、対抗姿勢を示す「抗戦派」が意見を対立させているとされています。

俠友会が解散したのは、この対立が背景にある可能性があります。

今後、神戸山口組の動向が注目されるとともに、警察当局は「対立抗争」の鎮圧に努めることが求められます。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組分裂8年 組員たちの胸の内「ケジメつけるまで終われない...

六代目山口組の今後

六代目山口組の髙山若頭出所後の影響は?

組織再編

六代目山口組の髙山若頭出所後、警察当局による組織解体のリスクを避けるため、神戸側や任侠側との合流ではなく協定の可能性が指摘されている。

同時に組織内部の再編にも注力し、若頭出所後の山口組の意向が明確になるのを待つ状況となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組若頭「髙山清司」出所 グリーン車1両貸し切りのvipぶ...

暴力団組織解散の背景と元構成員の今後

一部解散となった暴力団組織の元構成員の今後は?

六代目山口組への合流

指定暴力団である神戸山口組の中核組織「侠友会」が解散。

一部構成員は六代目山口組に合流することが判明した。

侠友会会長は六代目山口組若頭に謝罪を行い、会長らはカタギになる予定。

解散の理由は、特定抗争指定による事務所使用や携帯機種変更の制限など不便な状況が挙げられた。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組分裂8年 組員たちの胸の内「ケジメつけるまで終われない...

弘道会の幹部に対する移動制限

山口組の弘道会系列の幹部が直面している制限とは?

警戒区域の移動制限

弘道会系列の幹部らは、警戒区域内で5人以上で集まること、既存の事務所への立ち入り、新たな事務所の設置が禁止されています。

違反すると逮捕される可能性があり、期間は3ヶ月までですが、危険が継続する場合は公安委員会の判断で延長されます。

この制限により、彼らは身動きがとれず、携帯電話の機種変更も困難になっています。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組分裂8年 組員たちの胸の内「ケジメつけるまで終われない...

山口組三代目の拡大時代

山口組三代目の田岡率いる体制の特徴は?

全国への進出と勢力の拡大

山口組三代目は田岡一雄が首領となり、全国各地へ進出しました。

対立抗争を繰り返しながら勢力を急速に拡大し、傘下組織や総勢を大幅に増加させました。

主な対立抗争には、「小松島抗争」、「明友会抗争」、「博多事件」、「広島代理戦争」、「松山抗争」などがあります。

警察による取り締まりもありましたが、勢力を回復し、田岡の死去前には2府33県に559団体、総勢1万1800人あまりの巨大組織に成長しました。

田岡は山口組の中興の祖として記憶されています。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組

組織加入のきっかけ

山口組系菱心会に加入するきっかけとなった人物は?

髙山清司

10代の頃から地元で不良活動をしていた人物は、20歳で愛知県内の組織に加入し、そこで髙山清司という人物に出会った。

その後、菱心会に移籍し、山一抗争に参加した。

1985年には後藤組の若頭を拉致監禁して暴行を加え、後藤組の解散を促した。

詳しくみる ⇒参照元: 竹内照明

山口組ナンバー2出所、名古屋入り

六代目山口組のナンバー2で出所した人物は誰ですか?

高山清司若頭

六代目山口組ナンバー2の高山清司若頭が、10月18日に府中刑務所から出所しました。

出所時には、30名を超える警察官、20名ほどの山口組組関係者、約50人の報道陣が出迎えました。

高山若頭は、名古屋の弘道会の二代目会長で、山口組内の最大組織に育てた実力者です。

出所時は、首にコルセットを巻き、杖を突きながら歩を進めましたが、左目は鋭い眼光を放っていました。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組若頭「髙山清司」出所 グリーン車1両貸し切りのvipぶ...

竹内の弘道会における役割

弘道会において、竹内は髙山のどのような立場で補佐していたか?

側近

竹内は弘道会で高山清司の側近として職務を補佐し、1993年には弘道会傘下髙山組の若頭に就任した。

2005年に高山が弘道会二代目を継承すると、竹内は二代目髙山組組長となり、弘道会の直参へ昇格した。

2006年には二代目弘道会若頭を務め、髙山の後見のもと稲川会二代目山川一家若頭の内堀和也と五分義兄弟盃を交わしている。

2013年には高山から弘道会の跡目を譲られた。

詳しくみる ⇒参照元: 竹内照明

髙山若頭の出所報告

髙山若頭は、出所後に挨拶に訪れるべき親分のところへ立ち寄らず、最初にどこに行ったのか?

理髪店

六代目山口組の髙山若頭は、出所後、最初に親分のところではなく理髪店を訪れた。

これは、髙山若頭が特別な存在であることを示す逸話とされている。

髙山若頭の出所報告を受けるために、親分が神戸から名古屋まで出向いたことも異例とされる。

詳しくみる ⇒参照元: 山口組若頭「髙山清司」出所 グリーン車1両貸し切りのvipぶ...