Academic Box Logo

横山健の兄の知られざる魅力: 家族の絆と音楽への情熱

ライターのMariaとして、横山健の兄の知られざる魅力を掘り下げ、家族の絆と音楽への情熱について探求します。

横山健:パンクからメロディック・パンクのレジェンドへ

横山健が最も影響を受けたパンクバンドは?

ザ・ブルーハーツ

日本のメロディック・パンク界の代表的人物である横山健は、高校時代にパンクロックに傾倒し、特にザ・ブルーハーツの音楽に魅了されました。

横山健は現在既婚で三児の父親であり、2017年の不倫騒動を経て前妻と離婚し、2020年に22歳年下のモデルの吉田麻衣子さんと再婚しています。

2021年には吉田麻衣子さんと男の子が誕生しました。

詳しくみる ⇒参照元: 横山健は前田裕二憧れのギタリストで年齢・プロフィールと経歴は...

パンクがつなぐ、怒りと孤独

怒りや不満は、年齢や環境に関係なく、多くの人が感じている感情なのだろうか?

はい

パンクロッカーの横山健氏は、幼少期からの孤独感や不満を抱えており、それらが音楽との共感につながったことを明かしています。

氏は、怒りや不満は誰しもが持つ感情であり、お金や地位では解決できないと語っています。

むしろ、自分の作品を通して怒りを表現することで、それらを糧としているのです。

また、氏は、怒りは必ずしもネガティブなエネルギーではなく、向き合い方によってポジティブな力にもなり得ると考えています。

さらに、横山氏は、パンク精神が「拒絶性」ではなく、「満足することなくチャレンジし続けること」であると捉え、年齢を重ねてもパンクが生き方を考える上で重要なキーワードであり、怒りの要素が今でも自分にとって重要であると述べています。

詳しくみる ⇒参照元: 45歳のおっさんが怒っててなにが悪い? 横山健の生き方に学ぶ

メロディック・パンク界のカリスマ・横山健

メロディック・パンク界で有名な日本のロッカーは誰?

横山健

1990年代後半から2000年代初めにメロディック・パンク・ムーブメントを牽引したカリスマ・ロッカーは、日本の横山健です。

メロディック・パンクは、1980年代にアメリカで誕生した音楽ジャンルで、テンポの良いビートと哀愁を感じさせる歌を特徴としています。

現在54歳の横山健は、日本のメロディック・パンク界では超有名人で、11月28日には約7年ぶりにオールナイトニッポンのパーソナリティを担当します。

詳しくみる ⇒参照元: 横山健は前田裕二憧れのギタリストで年齢・プロフィールと経歴は...

パンクシーンの自虐とユナイトへの目覚め

パンクシーンを横山健が自虐的に描いた理由は?

閉鎖的で暗いコミュニティーへの皮肉

横山健は、パンクシーンの閉鎖的で自己満足的な姿勢を「Ricky Punks」シリーズで自虐的に描いています。

頭でっかちでそれぞれのパンクに固執するコミュニティーの現状を笑い飛ばし、反商業主義を掲げるなら音楽をやめてアウトローになるべきだと主張しています。

しかし、東日本大震災をきっかけに、人とつながることの大切さを痛感し、手を取り合うことの重要性を歌う「Ricky Punks III」を発表しています。

詳しくみる ⇒参照元: 45歳のおっさんが怒っててなにが悪い? 横山健の生き方に学ぶ

横山健とTHE BLUE HEARTSの影響

横山健にとって最も大きな影響を与えたTHE BLUE HEARTSの曲は?

未来は僕等の手の中

横山健は、ドキュメンタリーの中で、THE BLUE HEARTSの「未来は僕等の手の中」が自分にとって大きな1曲であると語っています。

彼はこの曲のパンチラインを非常に高く評価しており、40代になっても「未来は自分たちの手の中にある」という精神を忘れないようにしているそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 45歳のおっさんが怒っててなにが悪い? 横山健の生き方に学ぶ

前田裕二憧れのギタリスト・横山健のプロフィール

前田裕二が憧れているギタリストは誰?

横山健

起業家でベストセラー「メモの魔力」著者の前田裕二は、ギタリストの横山健に憧れている。

前田裕二は11月26日放送の「おしゃれクリップ」で、全身黒コーデファッションにギター持参で登場し、パンクロック愛を語るとのこと。

番組では、横山健からのサプライズメッセージが届けられる予定。

詳しくみる ⇒参照元: 横山健は前田裕二憧れのギタリストで年齢・プロフィールと経歴は...

横山健の活動記録

横山健はドキュメンタリー映画以外に、2014年と2015年にどのような作品を発表したか?

書籍、写真集、シングル

2014年、横山健は書籍「横山健 -随感随筆編-」とドキュメンタリー映画「横山健 -疾風勁草編-」を発売しました。

2015年には写真集「横山健 -岸田哲平編-」を発売し、8年4か月ぶりのシングル「I Won’t Turn Off My Radio」をリリースしました。

このシングルはオリコンウィークリーランキングで6位を獲得し、話題を呼びました。

また、同年8月にはニッポン放送系「オールナイトニッポン(1部)」のパーソナリティも務めています。

詳しくみる ⇒参照元: Ken Yokoyama