Academic Box Logo

文春砲で揺れる宝塚歌劇団: 内部告発の真相と管理能力の課題

ライターのAnnaです。文春砲で揺れる宝塚歌劇団の内部告発の真相と管理能力の課題についてご紹介します。

宝塚歌劇団スキャンダル連発の原因

宝塚歌劇団に次々とスキャンダルが発覚する原因は何でしょうか?

ディープなファンとネタリークしやすいシステム

宝塚歌劇団が次々とスキャンダルに見舞われる原因として、ディープなファン層が話題を呼んで文春の宣伝になること、ネタリークしやすいシステム、劇団内部の不満分子によるリークなどが挙げられます。

また、演劇界では精神的に追い込むことで良い作品が生まれるという考えがあり、過去にセクハラやパワハラがあった可能性も示唆されています。

詳しくみる ⇒参照元: 文春砲と宝塚歌劇団の管理能力に思うこと

トップスター礼真琴、舞台復帰時期の予想

トップスター・礼真琴は、いつ頃に舞台復帰する可能性があるか?

木曜日か金曜日の1回公演

トップスター・礼真琴はポリープの影響で休演中だが、木曜か金曜日の1回公演で舞台復帰する可能性がある。

劇団は「順調に回復している」とコメントしているが、ポリープの悪化によっては千秋楽のみの復帰になる可能性もある。

同時期に発表されたカレンダー掲載メンバーでは、礼真琴と水美舞斗の格差が際立っている。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚・礼真琴をどう守る?文春が動けば劇団が動く、文春が動かな...

文春が動けば宝塚が動く

礼真琴の休演の発表のきっかけとなったのは何?

文春の動き

礼真琴の休演発表後、文春による取材が報じられ、SNSでは「文春注意報」が出回っていた。

その後、文春は礼真琴の擁護的な記事を掲載し、それによって宝塚歌劇団も礼真琴の状況について発表したと推測される。

文春の今回の記事は、以前の花組や宙組のネタとは異なり、礼真琴の働かせすぎを指摘する内容だった。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚・礼真琴をどう守る?文春が動けば劇団が動く、文春が動かな...

宝塚歌劇団の調査報告書に隠蔽疑惑

宝塚歌劇団の調査報告書に反映されていない情報には、どのようなものがあるか?

目撃者、ミミズ腫れのような傷、本人の痛み、精神的ダメージ

内部告発や遺族の資料から、宝塚歌劇団の調査報告書には、目撃者、ミミズ腫れのような傷、本人の痛み、精神的ダメージなど、重要な情報が反映されていないことが判明しました。

このことから、調査では劇団員が安心して本当のことを言えなかったか、意図的に情報が隠蔽された可能性が指摘されています。

再調査では、この点を明らかにする必要があります。

また、記者会見では、報告書を逃げ口上に使い、誠実な対応を欠いていたため、傷口を広げる結果となりました。

詳しくみる ⇒参照元: 内部告発が止まらない宝塚歌劇団 傷口を広げたのは血も涙もない...

宝塚歌劇団の闇:伝統の陰に潜む旧態依然の体質

宝塚歌劇団が抱えている「旧態依然の体質」とは何ですか?

伝統の名のもとに頑なに守り続ける体質

宝塚歌劇団の「伝統」の名の下に頑なに守り続ける体質が問題視されています。

この体質は、生徒に関する情報がファンに公開されない不透明性を生み、週刊文春の報道のようなスキャンダルの発生につながっています。

週刊文春は文藝春秋が刊行する歴史のある雑誌であり、嘘の記事を掲載すれば裁判で負けるため、裏取りした自信のある内容を記事にしていると推測されています。

したがって、宝塚歌劇団がスキャンダルを真っ向から否定すると、さらに問題が深刻化する可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 文春砲と宝塚歌劇団の管理能力に思うこと

芹香斗亜パワハラ疑惑:沈黙の理由

芹香斗亜さんがパワハラを認めない理由は何ですか?

イメージ保護

芹香斗亜さんのパワハラ疑惑を認めない理由として、劇団側のトップスターのイメージ保護と生徒間の扱いの差別化が考えられます。

また、組替えの固定観念や不祥事の疑いを避けるため、役付きの良いスターにのみ組替えが行われる傾向があり、Aさんへの組替えが行われなかったと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 『芹香さんに私は謝ると言って欲しい』文春電子版・会見

リークの真相:宝塚歌劇団の暗部

演出家の生徒への罵倒内容が外部に漏洩した原因は?

正義感の強い人物のリーク

宝塚歌劇団で起きた一連の不祥事において、稽古場での演出家の生徒への罵倒内容が外部に漏洩した原因として、正義感の強い関係者が情報をリークした可能性が示唆されています。

記事では、劇団幹部から情報提供を受けた人物が、正義感から告発したのではないかと推測しています。

また、独裁的なリーダーシップが正しい意見を封じ込め、イエスマンに囲まれることで組織の暴走を招く危険性についても触れています。

詳しくみる ⇒参照元: 文春砲と宝塚歌劇団の管理能力に思うこと

宝塚歌劇団の未来へ

宝塚歌劇団がファンへの対応で今後改善すべき点は?

ファンに安心感を与える情報発信

宝塚歌劇団は、ファンの不満を抑え、週刊誌の煽りを減らすために、ファンに状況を伝える短いメッセージを積極的に発信する必要があります。

これにより、ファンの信頼が高まり、劇団に対する柔軟な思考と企画力が期待できます。

また、劇団は、エンタメ界の至宝である礼真琴の存在を守り、彼女の才能を最大限に発揮できる環境を整えることが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚・礼真琴をどう守る?文春が動けば劇団が動く、文春が動かな...

タカラジェンヌ飛び降り事件の会見で明らかにされた内容

芹香斗亜さんが謝罪を拒否したとの報道について、どのように考えていますか?

遺憾

Aさんご遺族の代理人弁護士は、芹香斗亜さんの「謝らない」という言動を遺憾に思うと述べました。

また、劇団が15のうちの特定のパワハラ行為を認めていないことを指摘し、1つ目のやけどを負わせた行為は認めていると明らかにしました。

劇団は認めた行為と認めなかった行為の詳細を公表していません。

詳しくみる ⇒参照元: 『芹香さんに私は謝ると言って欲しい』文春電子版・会見