Academic Box Logo

縦書きと横書きの手紙の書き方の違い:基本構成、文例、マナーを徹底解説

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は縦書きと横書きの手紙の書き方の違いについて解説します。

ビジネスシーンの手紙の書き方

ビジネスシーンの手紙の書き方の基本的な構成は?

前文・主文・末文・後付の4つのブロック

ビジネスシーンの手紙は、前文・主文・末文・後付の4つのブロックから成り立つ。

前文には頭語、時候の挨拶、相手の繁栄や健康を確信する言葉、平素の厚誼・厚情へのお礼が含まれる。

ただし、全てを含める必要はなく、適宜取捨選択できる。

また、相手の名前や会社名は行の中央から上に書くのがマナーで、改行する場合は余白ができないように文章を工夫する。

詳しくみる ⇒参照元: 【仕事・ビジネス】便箋の書き方の基本(縦書き)

縦書きの手紙の書き方

縦書きの手紙を書く場合の適切な構成は?

前文、主文、末文、後付け

縦書きの手紙では、前文(挨拶)、主文(本題)、末文(最後の挨拶)、後付け(日付、署名、宛名)という構成で書くことがマナーとされています。

この順番を守ることで、礼儀正しい手紙を自然に書くことができます。

また、ビジネスや目上の人への手紙では縦書きが適切とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の縦書きマナー:数字や日付、段落のポイント

手紙の書き方:頭語と結語を使い分ける

最も改まった手紙の頭語と結語は?

謹啓、謹白

ビジネスシーンにおける手紙の書き方は、内容や宛先によって異なります。

目上の方への改まった手紙では、「謹啓」を頭語、「謹白」を結語として使用します。

また、返信の場合は「謹復」を頭語、「謹言」を結語とします。

日常的な内容の手紙では、「拝啓」と「敬具」が一般的です。

前文を省略する場合には、「前略」と「草々」を使用します。

詳しくみる ⇒参照元: 便箋の書き方を縦書きと横書きで解説!折り方や封筒への入れ方も

お祝いのお品

新入生のお祝いに同封されたものは?

図書券

あなたはプロの記事ライターで、お祝いの品を贈りたいと考えていました。

しかし、ご家庭が全てお揃いで、何も必要とされていないと予想されました。

そこで、お役に立てて頂けるものとして、図書券を同封することにしました。

また、近々、お子さんのご様子を拝見するために訪問させていただきます。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の書き方の流れと例文

手紙の構成

手紙を書く時の構成は?

前文、主文、末文、後付け

手紙の構成は4つの項目からなります。

初めの挨拶(前文)、本題(主文)、最後の挨拶(末文)、日付、署名、宛名(後付け)です。

この構成は縦書きでも横書きでも同じです。

横書きの場合は、相手の氏名を一番上の左側に書き、表題を入れる場合はそのあとに中央に置きます。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の横書きの書き方と例文を交えたポイント解説!

手紙の書き方ガイド

手紙を書く時の基本的な構成は?

決まったフォーマット

手紙を書く際の基本的な構成は、頭語(拝啓・謹啓など)、本文、結語(敬具・敬白など)です。

頭語には決まった結語があり、ペアで使用する必要があります。

頭語と結語について詳しくは、別のサイトで解説されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【手紙の書き方】縦書きの場合やビジネス向け・封筒の書き方も解...

横書きの手紙のマナー

親しい相手に横書きの手紙を送る場合のマナーは?

カジュアルな文章で書く

横書きの手紙は私信で用いられ、改まった手紙には縦書きが適しています。

横書きの手紙では頭語や結語を省略することが多く、口語調のカジュアルな文章で書くのが一般的です。

ただし、ビジネス文書や公的な文書は横書きで決まった書き方がある場合が多いです。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の横書きマナー:数字や日付、段落のポイント

手紙の書き出しのマナー

お詫びの手紙において、時候の挨拶の書き方はどうすればよいか?

単刀直入に本題へ

手紙の格に応じて適切な書き出しを選ぶことが重要です。

お詫びの手紙では、時候の挨拶は省き、直接本題に入りましょう。

また、お見舞いの手紙では、相手の体調や被害状況に応じて時候の挨拶を省くこともできます。

ビジネス手紙では、相手の繁栄や健康を確信するような表現を用いるのが一般的です。

詳しくみる ⇒参照元: 【仕事・ビジネス】便箋の書き方の基本(縦書き)

封書の基本的な書き方

重要な手紙には何を使用するか

封書

手紙には封書とハガキがある。

重要な手紙や改まった用向きには、封書を使用する。

封書には縦書きと横書きがあるが、ここでは封書の基本的な書き方について説明する。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の書き方の流れと例文

手紙の封筒の書き方

宛名を書く封筒の中心とはどこですか?

中心

手紙の封筒には、表書きと裏書きがあります。

表書きは、郵便番号、住所、宛名を記入する部分で、受け取った方が最初に見る部分です。

宛名は封筒の中心に書き、個人宛の場合は「様」、組織や団体宛の場合は「御中」を使用するのが一般的です。

裏書きは、自分の氏名や住所を記入します。

封筒を書くときは、楷書でわかりやすく書くのがポイントです。

洋封筒(横書き)は友人などの親しい間柄の人宛ての手紙に用いられ、宛名は封筒の左側に郵便番号、その下に住所、さらにその下にやや大きめの字で書きます。

切手は右上に貼ります。

和封筒では切手は左上ですが、洋封筒では右上になるので注意が必要です。

手紙を書く際には、受取人によって縦書きと横書きを使い分けたり、状況に応じて構成を変えたりして、相手のことを考えて書くことが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 【手紙の書き方】縦書きの場合やビジネス向け・封筒の書き方も解...

手紙の頭語と結語

手紙の結びで使用する「結語」に相対する頭語は何か

頭語

手紙の結びには「結語」を使用しますが、これと対応する書き出しには「頭語」を使用します。

頭語と結語は一対になっており、組み合わせが定められています。

例えば、「拝啓」という頭語には「敬具」という結語が対応しています。

手紙の書き出しと結びを正しく表現するために、頭語と結語の組み合わせを理解しておくことが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の書き方の流れと例文

手紙の主文の構成と効果

起語(起こしの言葉)と本題を組み合わせることで得られる効果は?

本題へのスムーズな導入

手紙の主文は起語(起こしの言葉)と本題の2つで構成されます。

起語は本題への導入のきっかけとなる言葉で、「さて」「ところで」などが使用されます。

起語を使用すると本題にスムーズに入れるので、より読みやすい文章になります。

本題では伝えたい用件について記載し、最初に重要なポイントを記載してから、詳しい事情などを追加するとわかりやすくなります。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の書き方|横書きと縦書きを文例とともに見る基本構成

横書き手紙の数字表記マナー

横書きの手紙では数字はどのように表記するのが正しいですか?

算用数字

横書きの手紙では、数字は算用数字で表記するのがマナーです。

郵便番号や住所も算用数字で書き、日付は「令和7年」などの元号年や月日も算用数字で表記します。

縦書きの場合、数字は漢数字で表記するのが一般的ですが、横書きではより読みやすくするため算用数字が使用されます。

親しい人に書くカジュアルな手紙では、マナーを気にせず自分の言葉で丁寧に書けば良い手紙が仕上がります。

詳しくみる ⇒参照元: 手紙の横書きマナー:数字や日付、段落のポイント

ビジネス文書の結びと後付

ビジネス文書において、相手の発展や繁栄を願う表現にはどのようなものがあるのか

ますますのご発展

ビジネス文書の結びの挨拶では、必ずしもすべての要素を記載する必要はありません。

内容に応じて取捨選択することが可能です。

相手の発展や繁栄を願う例文には、「末筆ながら貴社のますますのご発展を祈念いたしております」があります。

また、手紙の格や相手との関係性に応じて、適切な頭語と結語を組み合わせることも重要です。

ビジネス文書の書き方の基本では、後付として日付、差出人名、宛名を記載します。

詳しくみる ⇒参照元: 【仕事・ビジネス】便箋の書き方の基本(縦書き)

横書きの手紙の書き方

簡略化した横書きの手紙を書く際に特に注意すべきことは?

誤字・脱字

横書きの手紙は縦書きと同じ基本ルールに従いますが、よりカジュアルなスタイルにするために、頭語や結語を省略することがあります。

ただし、誤字脱字のないよう注意することが重要です。

また、手紙の目的は明確に簡潔に述べ、1通の手紙に複数の用件を含めないようにしましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 便箋の書き方の基本