Academic Box Logo

ツリーマン症候群の悲劇的な結末: 日本人患者が死亡

ライターのYUKOです。

女性初の「ツリーマン症候群」患者、バングラデシュで確認

世界初の症例となった女性はどの国に在住?

バングラデシュ

バングラデシュの6歳の女性であるカトゥンさんが、世界初の女性として「ツリーマン症候群」と診断された。

カトゥンさんの症状は比較的軽度であり、早期回復が期待されている。

カトゥンさんの父親は、娘の顔からイボを取り除いてくれるよう医師に懇願している。

なお、「ツリーマン症候群」は、インドネシアのデデ・コサワさんも患っていた難病である。

詳しくみる ⇒参照元: ツリーマン(樹木男)症候群で女性初の患者! 手足に巨大なイボ...

驚異の奇病「ツリーマン症候群」

この奇病はどのような症状が現れますか?

手や足に木の皮のような巨大なイボ

「ツリーマン(樹木男)症候群」は、遺伝性の皮膚病で、手足に木の皮のような巨大なイボが生じるのが特徴です。

バングラデシュでは、2017年に10歳の少女が女性として初めて発症したと報告されています。

この病気は世界的に非常に稀な難病で、原因は特定されていませんが、ウイルス感染や遺伝的要因が関与していると考えられています。

治療法はなく、症状を緩和する対症療法が中心です。

詳しくみる ⇒参照元: ツリーマン(樹木男)症候群で女性初の患者! 手足に巨大なイボ...

謎多き皮膚病「ツリーマン症候群」

「ツリーマン症候群」と呼ばれる皮膚病は、世界で何人確認されているか?

4人

「ツリーマン症候群」は非常にまれな皮膚病で、世界ではわずか4人が確認されている。

発症者はバングラデシュとインドネシアの2か国に集中しており、その関連性は不明。

2017年にはバングラデシュで10歳の女性が初めての女性発症者となった。

詳しくみる ⇒参照元: ツリーマン症候群の日本人の症例や割合とは?そもそも原因はなに...

ツリーマン病:日本人の症例

日本人でツリーマン病を発症した人はいますか?

確認されていません

ツリーマン病は世界でも数例しか発症が確認されておらず、日本での症例は報告されていません。

患者は主にインドネシア、バングラディシュ、中国で確認されています。

この病気の原因となる遺伝子異常については、詳しいメカニズムは不明です。

そのため、日本人が発症する可能性が完全に否定できるわけではありません。

この病気は生涯付き合う必要がある可能性が高く、患者や周囲に大きな負担を与えます。

詳しくみる ⇒参照元: ツリーマン症候群(樹木男症候群)とは?日本人は?原因や症状,...

ツリーマン病の再発の謎

なぜツリーマン病の患者は手術後再びイボが生えることがあるのでしょうか?

イボが再発しやすい性質のため

ツリーマン病は根治方法がなく、太陽光でガン化する危険性がある。

そのため、紫外線防御が重要で、悪性腫瘍は切除する必要がある。

しかし、イボを切除しても再発することが多く、悪化する可能性もある。

発症者のほとんどが男性で、過去に発症が確認されているのは3名のみである。

バングラディシュのアブル・バジャンダルさんは、16回の手術で手足のイボを除去することに成功したが、イボは再発しやすい性質があるため、再び生える可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: ツリーマン症候群(樹木男症候群)とは?日本人は?原因や症状,...