Academic Box Logo

変な家2: 闇を育む家の真犯人と間取り図の謎を徹底考察

ライターのYUKOです。今回は「変な家2: 闇を育む家の真犯人と間取り図の謎を徹底考察」について解説します。

謎のクリエイター雨穴の「変な家2」徹底解説

雨穴がライフワークとしている活動は?

変な間取り図を集める

雨穴はウェブライター、ホラー作家、YouTuberの謎に包まれたクリエイターで、お面と黒づくめの服で知られています。

そのライフワークは「変な間取り図を集める」ことです。

2023年12月に発売されたホラー小説「変な家2」では、雨穴が奇妙で不気味な家を実際に訪れ、さまざまな恐怖体験をします。

雨穴の作品は単なる物語ではなく、人間関係や家族の絆を描いて読者に深い印象を残します。

詳しくみる ⇒参照元: 雨穴の「変な家2」ネタバレと感想と考察【前編】 11の謎が最...

「変な家2」考察:読者の役割

読者が作品をどのように捉えるのが適切か?

想像力を膨らませて自分で考察する

「変な家2」の考察は、読者が自分の想像力を働かせ、曖昧な部分を補完することで楽しめる。

作者は謎に対する明確な答えを求めるのではなく、想像力を膨らませ、答えのない物語を自分で考察することを推奨している。

つまり、読者は作品の解釈を自ら行うことで、より深く作品を楽しむことができるということだ。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2のネタバレ感想!行先のない廊下から始まる11の間取り...

「変な家2」のラスト考察

「変な家2」のラストについて、筆者の考えを説明してください

投げかける?ような終わり方

「変な家2 ~11の間取り図~」は、人気サスペンスYoutuber「雨穴」氏の3冊目の書籍です。

序盤から様々な違和感や仮説が提示され、二転三転する展開が特徴です。

ラストでは、筆者とミツコの対談シーンがあり、ミツコの父親がミツコに「ヤエコの義足を隠してくれ」と依頼したことが明かされます。

しかし、最後の1ページでは読者に投げかけるような終わり方となっており、筆者はラストについての解釈を明確にしていません。

読者からの意見を募り、考察を深めようとしています。

詳しくみる ⇒参照元: 【変な家2】ラストについて考察(義足は誰が隠したのか?)【ネ...

吉永のラストを考察

ヤエコの義足を隠したのは誰だと筆者は考えているのか?

お手伝いさん

筆者は、ミツコの母がヤエコを殺害するためにミツコの家に住まわせ、その際に階段から転げ落ちやすい間取りにしたと考えています。

そして、義足を隠したのはミツコの母に頼まれたお手伝いさんであると考察しています。

また、筆者はミツコの考えとは別に、ヤエコの死にはミツコは関係ないと考えています。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2 徹底考察!ラストで義足を隠した真犯人は母親説!ミツ...

「変な家2」義足隠蔽の真犯人考察

ミツコのクローゼットの鍵を、Xがどのようにして入手したのか?

設計段階で入手した。

ミツコのクローゼットの鍵を隠した真犯人は、お手伝いさんのXとされている。

しかし、ミツコしか知らないはずの鍵の在り処をXが知っていた理由が謎だった。

本記事では、ミツコのクローゼットを設計したヒクラハウスが、建築段階からヤエコ殺害とミツコへの犯人隠蔽を計画していた可能性を考察。

この計画に基づき、Xにクローゼットの鍵を渡していたのではないかと推測している。

詳しくみる ⇒参照元: 変な家2 徹底考察!ラストで義足を隠した真犯人は母親説!ミツ...

義足隠しに秘められた演出効果

義足が隠された動機の推測は?

黒幕としての演出効果

義足の隠し場所はシオリが知っていた可能性があり、動機としては、彼女が作品内で黒幕として扱われることによる盛り上がりへの期待が挙げられる。

シオリはミツコと親しく、ミツコの部屋やペンケースを見る機会も多く、クローゼットの鍵のありかを知っていたと思われる。

また、シオリが物語に登場する頻度が少ないため、黒幕としての役割が期待される。

詳しくみる ⇒参照元: 【変な家2】ラストについて考察(義足は誰が隠したのか?)【ネ...

雨穴の「変な家2」: 間取りの謎を解け

雨穴の「変な家2」の主な形式は?

家の間取りミステリー

雨穴の「変な家2」は、家の間取りという形式で進むミステリー小説です。

フリーライターと設計士のコンビが不可解な間取りの謎に挑みます。

小説は11の間取り図で構成されており、それぞれが独自の謎を秘めています。

読者は、設計士の推理を通して謎を解き明かしていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 雨穴の「変な家2」ネタバレと感想と考察【前編】 11の謎が最...