Academic Box Logo

「お姉様今世では私が王妃よ」最終回ネタバレ&感想!アリアドネの結末は?

こんにちは、ライターのSaraです。

イポリトの出生の秘密

イポリトの出生の秘密は何ですか?

枢機卿の実子ではない

マルレタは、イポリトの出生の秘密を枢機卿に明かすためにサンエルコーレ大聖堂に現れました。

マルレタは、アリアドネからマルレタを家に連れ戻すならイポリトについて探ると言われ、成果次第で決めるという返事をもらいましたが、数日経っても連絡がなかったため焦って枢機卿に頼ろうと考えたのです。

ルクレチアはマルレタの失踪に苛立っており、イポリトはマルレタが秘密を話しても誰も信じないと主張しましたが、ルクレチアは怒鳴りつけました。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「お姉様、今世では私が王妃よ」71話のネタバレと感想!あ...

悲劇の真相

アラベラの死に隠された真実とは?

殺害

アリアドネはアラベラの合格通知書を持って屋敷に戻り、祭壇と棺が設置されているのを目にする。

デ・マレ枢機卿からアラベラが階段で遊んでいて亡くなったことを告げられるが、アラベラの手に爪痕があることに気付き、映像を見てアラベラが殺害されたことを知る。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「お姉様、今世では私が王妃よ」60話のネタバレと感想!あ...

アリアドネの運命:意外な結末

ラリエサ大公女はどうなった?

自害した

アルフォンソと結婚したアリアドネの真似をして、過食や髪の毛の変色などをしてしまい、アリアドネに嫉妬して殺そうとしたラリエサ。

両親の処刑や平民への身分降格など、数々の罪を重ねた挙句、絶望して自害に至った。

詳しくみる ⇒参照元: お姉様今世では私が王妃よ結末ネタバレ!アリアドネは誰と結婚す...

マルレタの悲惨な行動の背景

マルレタが枢機卿に突撃した理由は?

精神的に不安定だったため

マルレタは貧しい監禁生活で精神的に追い詰められ、妊娠初期の不安定な時期でもあったため、ルクレチアらに行動がばれてしまうことを恐れずに枢機卿に突撃しました。

しかし、接触はできず、そのせいで無関係の女性が殺されてしまうという悲惨な結果を招きました。

マルレタは救済院にいたおかげで高価な服やぽっちゃり体形ではなく、見逃されて済みました。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「お姉様、今世では私が王妃よ」71話のネタバレと感想!あ...

チェーザレとアリアドネのロマンス展開

チェーザレがアリアドネに積極的にアプローチするようになったきっかけは?

王族と認められたこと

チェーザレは、王族として認められたことを機に、アリアドネにキスをしたりバックハグをしたりと大胆にアプローチをするようになりました。

アリアドネは当初、彼の積極的なアピールに気持ちが揺れましたが、心の中では離れ離れとなったアルフォンソを愛し続けていました。

しかし、チェーザレはアリの気持ちが自分に向いていないことを悟り、やけ酒をしてイザベラと関係を持ってしまいます。

この出来事がアリアドネとチェーザレの関係に大きな影響を与えました。

詳しくみる ⇒参照元: お姉様今世では私が王妃よ結末ネタバレ!アリアドネは誰と結婚す...

お姉様、今世では私が王妃よ34話ネタバレ・感想

アリアドネがチェーザレから離れた理由は?

可愛く見えたから

前回、チェーザレがアリアドネの頭にキスをした後、アリアドネは驚き、すぐに離れた。

チェーザレは、「永生の水」で顔を洗ったら可愛く見えたと冗談を言い、アリアドネは図々しさに腹を立てられなかった。

その後、二人は日が暮れる前にテントに戻った。

一方、アルフォンソはテントでアリアドネのことを思っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「お姉様、今世では私が王妃よ」34話のネタバレ・感想!

森の中の出会い

アリアドネは誰と森の中を歩いていたのか?

チェーザレ

チェーザレが狩りに行っているはずだったが、国王に彼の不在が報告された。

するとチェーザレとアリアドネが森から現れ、アリアドネがチェーザレと一緒にいたことにアルフォンソは驚いていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「お姉様、今世では私が王妃よ」34話のネタバレ・感想!

チェーザレの勇気

助けた女性が誰なのか

アリアドネ

チェーザレは、国王に挨拶をする際に、落馬で腕を骨折したため跪いて謝罪した。

チェーザレは、狩猟用の石弓でアリアドネを攻撃する不届き者から彼女を助けるために落馬したのだという。

不届き者は、デ・マレ枢機卿の愛人であるルクレチアの甥で、騎士道について無知だった。

詳しくみる ⇒参照元: 「お姉様、今世では私が王妃よ」34話のネタバレ・感想!

王室の矢に関する疑惑

アリアドネに当たったとされている矢は、実際に当たったのか?

国王は、ジャノビがアリアドネに矢を射たかどうか尋ね、ジャノビは否定した。

しかし、アリアドネは、ジャノビが石弓で攻撃したと証言し、矢が当たったかどうかは明確にしなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 「お姉様、今世では私が王妃よ」34話のネタバレ・感想!

チェーザレの弁明

チェーザレはなぜ国王にアリアドネの落馬事件について話した?

身の潔白を証明するため

ルクレチアはアリアドネを陥れようとしていたが、チェーザレが矢に刻まれたジャノビの名前を明らかにした。

チェーザレは、この矢が馬に当たり、馬が暴走してアリアドネが落馬したと説明した。

さらに、チェーザレ自身も暴走する馬からアリアドネを助けようとして死にかけたことを明らかにし、自身の潔白を証明した。

詳しくみる ⇒参照元: 「お姉様、今世では私が王妃よ」34話のネタバレ・感想!