Academic Box Logo

哲学が解き明かす本当の愛とは!!? 愛の哲学入門

こんにちは、ライターのSaraです。

真の愛への道

真の愛を手に入れるために欠かせないものは何?

自我の確立

現代人は自我を抑制する環境に置かれ、孤独を抱えているが、真の愛には自我の確立が不可欠である。

また、愛が社会に与える影響を理解し、社会を変える勇気が必要だ。

詳しくみる ⇒参照元: 名著30 フロム「愛するということ」:100分 de 名著

ルーマンの「愛」の探求に関する研究の必要性

ルーマンの「愛」の探求に関する包括的な研究が、これまでに国内で行われてきたことがあるか

いいえ

ルーマンの「愛」に関する探求は、国内では包括的な研究がまだ行われていない。

本稿は、理論と歴史の側面からルーマンの「愛」の探求を総合的に明らかにすることを目指し、この分野における基礎的な研究の役割を担おうとする。

詳しくみる ⇒参照元: 『情熱としての愛』徹底解読—ニクラス・ルーマンの「愛」の概念

愛の真髄:成熟した大人の愛

成熟した大人の愛とは?

相手を思いやり、与えること。

愛は「与えること」で始まり、人は与えられたことで変化します。

大人の愛は成熟しており、相手を思いやり、与えることを大切にします。

ギブ・アンド・テイクが保証されていないとしても、与え続けることが重要です。

フロムは、このような愛に基づく人間関係の築き方について詳しく語っています。

詳しくみる ⇒参照元: 名著30 フロム「愛するということ」:100分 de 名著

愛の要素としての尊敬と知識

愛の要素に含まれる「尊敬」とはどういう意味ですか?

ありのままに見ること

愛には尊敬と知識という要素があり、尊敬は相手をありのままに見ること、成長を願うことを意味する。

真の尊敬には相手を深く理解する知識が必要で、自分ではなく相手の立場から物事を捉えることが不可欠である。

詳しくみる ⇒参照元: 哲学者エーリッヒ・フロムが解く「愛の基本要素」を岸見一郎先生...

愛における「人間」の発見

愛による他者との一体感とは、どのようなものとして捉えられているのか?

合理的な体験

愛による他者との一体感は、ヒューマニズムの「各人は人類のすべてを代表している」という考え方に基づいており、「人間」を発見する行為とされています。

フロムは、この体験を非合理的な宗教体験ではなく、むしろ合理主義の帰結とし、愛は情念ではなく理性に属すると主張しています。

詳しくみる ⇒参照元: 哲学者エーリッヒ・フロムが解く「愛の基本要素」を岸見一郎先生...

愛の本質

愛の表現として、求めることと与えることのどちらがより重要ですか?

両方

愛の本質は、求めることと与えることにあり、時期によってどちらかが勝ることもある。

大切なのは、真剣に愛に向き合うことであり、そのベクトルは愛の価値を決める。

恋愛下手には、全身全霊で誰かのことを考えることを勧める。

詳しくみる ⇒参照元: 愛について悩む人 哲学にはその答えがある:日経ビジネス電子版

愛と理性の相互作用:理解への道

愛の行為における完全な理解には、何を克服しなければならないか?

幻想

愛の行為において真の理解を得るには、まず理性によって思考し、自分自身と他者を客観的に知ることが不可欠です。

この客観的な認識によって、相手の本質を理解することが可能になります。

しかし、真の理解を達成するには、理性だけでは不十分です。

愛の力によって、自分と他者を隔てる壁を越え、他者を真に理解する必要があります。

つまり、愛と理性の調和が真の理解につながるのです。

詳しくみる ⇒参照元: 哲学者エーリッヒ・フロムが解く「愛の基本要素」を岸見一郎先生...

フロムの真の合理性

フロムが真に合理的な認識と捉えたものは何か?

「愛」

理性を基盤とするものの、それを超えた「愛」によってのみ、人間や宇宙の秘密を真に理解できるという認識が、フロムにとって真の合理性である。

この「愛」は、単なる感情ではなく、人間の「知る」という行為の究極的なあり方で、あらゆる憶測を排除し「正しく知る」ことによってのみ、人間は幸福になれるとフロムは主張している。

したがって、フロムの「理性」と「合理性」は冷たい非人間的なものではなく、むしろ人間の存在の根幹をなす「ヒューマニズム」に基づいたものである。

詳しくみる ⇒参照元: 哲学者エーリッヒ・フロムが解く「愛の基本要素」を岸見一郎先生...

愛の理想と現実

愛には「正しいあり方」が存在すると考えられているのはなぜですか?

理想の価値理念の投影

わたしたちは愛に「正しいあり方」があると考える傾向があります。

これは、神の愛や絶対調和などの理想的な概念が愛のイメージに投影されているためです。

しかし、西洋哲学者たちは、これらの理想的な概念にこだわりすぎて、愛の現実的な側面を理解できていない可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 人は理性でしか誰かを愛せない?(苫野 一徳)

プラトンの愛論

プラトンが愛の本質だと定義した情熱は何?

エロス

人間は永遠の存在への憧れから、完全なものを求める情熱(エロス)を抱く。

この情熱は純粋な理想追求であり、プラトニックラブの語源となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 愛について悩む人 哲学にはその答えがある:日経ビジネス電子版