Academic Box Logo

🔞pixivで話題!「天官賜福」18禁同人作品の魅力に迫る

ライターのYUKOです。🔞pixivで話題の「天官賜福」18禁同人作品の魅力について迫ります。

三界の笑い者となった謝憐

謝憐はなぜ三界の笑い者となった?

三度目の飛昇後、信徒が一人もいないため

謝憐はかつて仙楽国の太子で武神だった。

しかし、仙楽国の乱に介入したことが原因で国が滅亡し、罰として人界に落とされた。

その後、二度目の飛昇を果たしたものの、再び下界に落とされてしまう。

そして三度目の飛昇を果たしたものの、三界の笑い者となり、信徒も一人もいない状態となる。

現在は人界でガラクタ集めをして生計を立てているが、首と足首に嵌められた呪枷により法力が封印されており、戦いの際は他の神官から法力を借りている。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』小説、アニメ、漫画まとめ|魅力や楽しみ方をご紹介

鬼王の正体

眼帯をしている人物の名前は?

花城

花城は「絶境鬼王」として知られる最高等級の鬼王で、三郎と名乗り謝憐の前に現れる。

黒い髪を緩く結った美しい少年の姿をしており、博識で傲慢な性格だが謝憐に尽くしている。

武器として水晶のような銀色の蝶「死霊蝶」を操る。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』小説、アニメ、漫画まとめ|魅力や楽しみ方をご紹介

神官の謝憐、事件と過去に翻弄される

謝憐が二度も天界を追放された理由は?

不明

謝憐は17歳で飛昇し天界の武神となったが、2度も天界を追放され、800年後に三度目の飛昇を果たした。

北の地で起きている「花嫁失踪事件」の解決を任され、南風と扶揺と共に事件の真相を探る。

その後、鬼王・花城と出会い、下界で三郎と名乗る少年と出会って仲を深める。

やがて、謝憐自身の過去も明らかになっていく。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』小説、アニメ、漫画まとめ|魅力や楽しみ方をご紹介

天官赐福:中国発ファンタジー小説

主人公・謝憐がなぜ2度追放されたのか

不明

墨香銅臭の小説「天官赐福」は、2020年にアニメ化され大ヒットしたファンタジー小説です。

3つの世界が存在する世界で、主人公・謝憐は2度追放されながらも再び神になり、人間界で功徳を集める日々を送っています。

ある日、謝憐は三郎と名乗る家出少年に出会い、彼を連れ帰ります。

謝憐がなぜ追放されたのかは明らかになっていませんが、アニメ化されたことで注目が集まっています。

詳しくみる ⇒参照元: 「天官賜福」的同人作品特輯

墨香銅臭のファンタジーBL小説「天官賜福」

アニメ化もされたBL小説『天官賜福』の作者は誰ですか?

墨香銅臭

「天官賜福」は、中国のWeb小説サイト晋江文学城で連載されたファンタジーBL小説で、アニメや漫画などメディアミックスも展開され、日本でも人気を博しています。

主人公の謝憐(シエ・リェン)を巡る八百年にわたる物語が描かれており、アジアを中心に絶大な人気を誇っています。

作者は、本作が3作目となる墨香銅臭です。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』小説、アニメ、漫画まとめ|魅力や楽しみ方をご紹介

古代中国の三界物語

天界を構成するのは?

上天庭と中天庭

舞台は架空の古代中国で、天界、人界、鬼界の三領域に分かれている。

天界には上天庭と中天庭があり、神々が住んでいる。

人界は人間が、鬼界は死者が住む世界。

神官と呼ばれる神が、妖魔鬼怪から人間を守り、信徒の信仰が彼らの法力となる。

詳しくみる ⇒参照元: 『天官賜福』小説、アニメ、漫画まとめ|魅力や楽しみ方をご紹介