Academic Box Logo

外壁を木目調にリフォームする際の費用相場と、おしゃれなデザイン事例集

ライターのYUKOです。今回は、外壁を木目調にリフォームする際の費用相場と、おしゃれなデザイン事例集についてご紹介します。

木目調外壁の理想的な実現方法

木目調外壁を作る際に最初にすべきことは何ですか?

完成イメージの明確化

木目調外壁を実現するために、以下の5つのステップが推奨されています。

1. 完成イメージを明確にする(モデルハウスの訪問、写真集の閲覧、ドライブ中の観察など)。

2. 使用する材料を決定する(羽目板、木質系サイディング、金属系サイディングなど)。

3. 専門業者または総合業者に相談する(イメージや材料の選択状況に応じて)。

4. 木目調デザインをカタログから選択する。

5. 業者に施工を依頼する。

各ステップを慎重に検討することで、希望通りの木目調外壁を実現できます。

詳しくみる ⇒参照元: 木目調の外壁で家をおしゃれに!種類、性能、コストを徹底比較!...

木目調サイディングのおすすめメーカーと商品

どのメーカーの木目調サイディングが、まるで本物の木材のような迫力を演出できる?

ニチハ

サイディング材のメーカーとして有名なニチハは、窯業系サイディングのシェア率トップを誇り、そのデザイン性の高さは本物に負けないほどです。

特にモエンエクセラード16キャスティングウッドは、年輪を重ねた木材のダイナミックな迫力を演出できるのが特徴で、外観にこだわる方におすすめです。

また、ニチハのよろい4段木目調は、凹凸のあるテクスチャーが北欧古典主義スタイルを連想させ、フィンランドの田舎のような温かみのある印象を与えてくれます。

さらに、ケイミューの木目調は洗練された表情と明るい色合いが特徴で、輸入住宅のような雰囲気を演出できます。

旭トステム外装のAT-WALLPLUSシリーズは防火性と耐候性に優れ、本物の古木を型取りしたラスティウッドPは、繊細な木肌と厚みの不揃い感が特徴です。

一方、大和屋からは、熱と蒸気のみで処理した人と自然にやさしいサーモアッシュサイディングが発売されており、深い色味と質感で空間をより上質に仕上げることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 木目調でおしゃれな外壁にするには?色・サイディング材選びの法...

窯業系サイディングの特徴

外壁材として使用される窯業系サイディングの最も大きな欠点は?

防水性の低さ

窯業系サイディングは外壁材として安価でデザインも豊富ですが、防水性が低く凍害によって破損する恐れがあります。

耐震性や耐火性に優れていますが、耐用年数が低く10年ごとの塗装メンテナンスが必要で、熱がたまりやすいので断熱施工が必須です。

詳しくみる ⇒参照元: 話題の木目調サイディングとは?材質別の費用相場についても紹介...

木目調サイディングと木材の違い

人工的に作られた木目模様と天然の木材の大きな違いは何ですか?

自然素材かどうか

木目調サイディングはセメント、金属、樹脂から人工的に作られていますが、木材は自然素材です。

木材の温かみのある雰囲気や劣化による味わいは、人工では再現できません。

また、高温多湿環境で育った国産木材は耐久性が高く、外壁に使用する木材の産地までこだわることで、長期にわたって住み続けられる家づくりが可能になります。

詳しくみる ⇒参照元: 外壁が木目の家づくり|木材のプロがつくる自然素材の住宅の施工...

木材建築のメリット

木材が建築資材として優れている理由を3つ教えてください

熱伝導率の低さ、断熱性の高さ、部分的な補修の容易さ。

木材は、熱伝導率が低く、屋内の温度環境を快適に保つ断熱性に優れています。

また、外壁材として使用する場合、部分的な補修が容易で、経年変化による修繕にも柔軟に対応できます。

さらに、廃盤のリスクがなく、長期的な安定性を確保できます。

詳しくみる ⇒参照元: 外壁が木目の家づくり|木材のプロがつくる自然素材の住宅の施工...

木目調の外壁材の種類と特徴

木目調の外壁材の種類は?

金属系サイディング、木質系サイディング、木目調タイル

外壁材には、ガルバリウム鋼板を使用した金属系サイディング、天然木や無垢材を加工した木質系サイディング、粘土などを焼き固めて作られる木目調タイルなどがあります。

金属系サイディングは耐久性に優れ、木質系サイディングは本物の木目による質感とクオリティが特徴です。

木目調タイルは耐久性が高く、塗装が不要で木目調のアクセントを維持できます。

詳しくみる ⇒参照元: 外壁の木目調アクセントでおしゃれな家づくり♪実例に学ぶデザイ...

高級感ある木目調デザイン

高級感のあるインテリアデザインに用いられる木目調のトーンは?

暗めのトーン

暗めのトーンの木目調は、高級感や洗練された印象を演出します。

高級分譲マンションでは、アクセントやフローリングなどに取り入れられ、モノトーンのデザインやアルミ素材のアクセントとの相性が良いのが特徴です。

圧倒的な高級感を醸し出したい場合に適しています。

詳しくみる ⇒参照元: 木目調の外壁で家をおしゃれに!種類、性能、コストを徹底比較!...

木目調外壁の種類と特徴

木目調外壁に利用できる素材にはどのような種類がありますか?

羽目板、木質系サイディング、金属系サイディング、外壁塗装

木目調外壁には、天然木の風合いを生かした羽目板、木質系サイディング、耐候性と断熱性に優れた金属系サイディング、色や質感にバリエーション豊富な外壁塗装など、様々な素材があります。

羽目板は天然木そのもので自然な風合いがあり、木質系サイディングは天然木を使用した工業製品で断熱性能が高いのが特徴です。

金属系サイディングはガルバリウム鋼板などを使用し、耐候性と軽量性に優れています。

外壁塗装は色や質感の選択肢が豊富で、デザインの自由度が高いです。

詳しくみる ⇒参照元: 木目調の外壁で家をおしゃれに!種類、性能、コストを徹底比較!...

金属系サイディングと外壁塗装による木目調の違い

金属系サイディングと外壁塗装による木目調の違いは?

工業製品 vs 塗装による実現

金属系サイディングの木目調は、木目調プリントのシートを使用し、工業製品の性能を向上させていますが、自然な見た目とは異なります。

一方、外壁塗装による木目調は、外壁材に依存せず、塗料によっては下地の性能を高められます。

ただし、塗装職人の技術によってデザインが左右されるため、業者選びが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 木目調の外壁で家をおしゃれに!種類、性能、コストを徹底比較!...

木目調外壁の羽目板:性能と特徴

木目調外壁の羽目板の美観と施工難易度を教えてください

美観:最高、施工難易度:困難

羽目板の外壁は、圧倒的な自然美とエイジングによる風味の良さを備えます。

しかし、高いメンテナンス頻度と環境適合性の低さが懸念事項です。

さらに、施工の難易度が高く、法的な制約もあるため、専門的な知識や技術が必要になります。

総合評価では、3.0ポイントと平均的な評価となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 木目調の外壁で家をおしゃれに!種類、性能、コストを徹底比較!...