Academic Box Logo

右翼と車の切っても切れない関係: 街宣車の目的と活動から見るその実態

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、右翼と車の深い関係についてお届けします。街宣車の目的と活動から、その実態に迫ります。

右翼の動向と対策

右翼の違法行為の検挙件数と検挙人員を教えてください

検挙件数1,647件、検挙人員2,095人

右翼は、靖国神社や憲法改正の議論をきっかけに政府批判活動を実施。

中国、韓国、北朝鮮、ロシアなどに対しても批判を展開した。

右翼関連事件では、「テロ、ゲリラ」事件が5件発生し、5人が逮捕された。

右翼による違法行為の検挙件数は1,647件、検挙人員は2,095人で、恐喝事件が最も多かった。

また、右翼から18丁の銃器が押収され、その多くが暴力団を通じて入手されていると推測されている。

警察は、街頭宣伝活動に対しても暴騒音規制条例などに基づき、停止・中止命令や勧告を実施し、名誉毀損や恐喝などの事件でも検挙を行った。

詳しくみる ⇒参照元: 6 右翼の動向と対策

自動車の映像表示装置に関する規制

自動車の映像表示装置の設置において、走行中は使用禁止なのは何か?

展開・表示

車両の側面または後方に設置される映像表示装置は、走行中は展開・表示が禁止されています。

また、この装置は2平方メートル以上の面積を有し、再生装置や映像信号の中継・調整装置、電源を搭載しています。

使用時には展開できますが、走行中は展開・表示してはなりません。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

選挙運動車におけるアナウンス内容の制限

日本の選挙運動車には、走行中にどのような内容が流せる?

政策のキャッチフレーズと候補者名・所属政党名

日本の選挙運動車では、公職選挙法により走行中に流せる内容は制限されており、政策のキャッチフレーズと候補者名・所属政党名の連呼のみが許可されている。

また、選挙カーの使用期間や1日あたりの使用時間にも制限があり、オープンカーの使用は禁止されている。

ただし、選挙運動車では運転者以外のシートベルト着用義務が免除されており、乗車定員10人以下の車には乗車人員6人以下という規制がある。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

街宣右翼:車両を使用した政治的主張

街宣右翼と他の右翼勢力の主な違いは?

車両を使用して政治的主張を行う

街宣右翼は、黒または白の車両に日章旗や十六八重菊を描いたり、政治的主張を掲げたりして、軍歌を大音量で流し、政治的スローガンを発信する右翼団体です。

一般的に、公安調査庁の監視対象となっており、暴力団傘下の団体も存在し、中には在日韓国・朝鮮人や被差別部落出身者が含まれていることもあります。

彼らの政治的主張は反共や勝共主義に基づいています。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣右翼

車内放送装置の設置要件

自動車音声放送装置を車内に設置する際、床面からの高さは最低何メートル以上確保する必要があるか?

1.2m以上

車内放送装置を装備する自動車は、放送用の座席を設け、その床面からの高さは1.2m以上確保する必要がある。

車外には拡声器を設置し、ステージや宣伝資材のスペースを備えている。

政党や団体では、規制を受けない政治宣伝車を使用し、街頭演説や機関紙の宣伝など、幅広い内容を放送している。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

街宣車と政治活動

右翼団体が好んで行う政治活動とは何ですか?

デモ行進

日本では、街宣車を使った政治活動は主に右翼団体が使用しており、左翼団体はデモ行進やストライキを好んで行っています。

ただし、右翼団体も特定の状況ではデモ活動を行うことがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車はうるさい怖いだけではない?その目的と許可や時間と使用...

右翼団体の実数

日本の街宣活動を行っている右翼団体の数は?

約900団体

日本の街宣活動を行っている右翼団体は約900団体、約1万人と推定されています。

ただし、実際には活動していない団体や、公安当局が正確な数を把握できていないという指摘もあります。

また、一度右翼団体として記録されると、活動をやめても抹消されないこともあります。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣右翼

トレーラー広告:車両を使用した宣伝活動

宣伝活動の一種として、車両を使用する広告手法は何ですか?

トレーラー広告

トレーラー広告は、宣伝活動の一種で、広告宣伝車と呼ばれる車両を使用します。

この車両には、荷台に看板や商品模型を載せたもの、車両自体にラッピング広告を施したもの(アドトラック)などがあります。

トレーラー広告は繁華街を走ったり、アナウンスや音楽を流したりして、商品やサービスの宣伝を行います。

現在では、宣伝車の市場が拡大しており、他社企業の宣伝を請け負う業者も増えています。

詳しくみる ⇒参照元: 街宣車

極右団体の活動と抗議行動

極右団体はどのような主張を掲げて活動していたか?

極端な民族主義・排外主義

極右団体は、韓国や北朝鮮との問題を捉えて全国でデモや街頭宣伝活動を行っていた。

彼らは、排外主義的な主張を掲げており、反社会勢力との密接交際を糾弾し、団体威力を示して脅迫していた。

これに対し、抗議する勢力が彼らの言動をヘイトスピーチと批判し、抗議行動を行っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 第3項 右翼等の動向と対策