Academic Box Logo

三浦哲郎の経歴 - 作家人生と代表作

ライターのLauraです。今回は、作家・三浦哲郎氏の経歴と代表作についてご紹介します。

三浦哲郎氏の経歴

三浦哲郎氏は、代表取締役を務める企業で唯一、2019年に就任したのはどこですか?

Eyejob東京鑑定士学院

三浦哲郎氏は、複数の企業で取締役や代表取締役を務めてきた。

2012年にトリアイナの取締役会長に就任し、2013年にはSeekaSolutionの取締役会長となった。

2015年にSeekaSolutionの代表取締役に就任し、その後、Eyejob東京鑑定士学院の校長、BJK株式会社の代表取締役社長、VALUEQUESTの代表取締役、全日本古物鑑定士協会の代表理事など、さまざまな役職を歴任した。

2023年にはトレンドマーケティング株式会社と一生遊んで暮らしたいの取締役会長、HARAHARAの取締役会長にも就任した。

ただし、2019年に就任したのはEyejob東京鑑定士学院のみである。

詳しくみる ⇒参照元: 役員紹介

文壇的地位を確立した作家

彼はどの賞を受賞したことで文壇的地位を確立した?

野間文芸賞

彼は早稲田大学卒業後、作家として活動し、芥川賞を受賞した。

また、NHK連続テレビ小説の原作や、児童文学、短編集も執筆した。

不幸な女性や故郷の貧しい人々を描き、東北地方の飢饉や遺伝する病気を扱った作品でも知られる。

1976年に野間文芸賞を受賞し、文壇的地位を確立した。

芥川賞選考委員も務め、将棋ペンクラブ大賞の選考委員も務めた。

2010年に79歳で死去した。

詳しくみる ⇒参照元: 三浦哲郎

三浦哲郎:私小説の継承者

三浦哲郎が文学の道を志したきっかけは?

井伏鱒二の師事

三浦哲郎は早大仏文科に入学し、井伏鱒二の師事を受けました。

この経験が文学の道へ進むきっかけとなり、芥川賞を受賞した「忍ぶ川」や「恥の譜」、「初夜」などの私小説を発表し続けました。

私小説の系譜を継ぐ代表的作家として知られています。

詳しくみる ⇒参照元: 三浦哲郎

役員紹介

中山晴稔氏の職業は?

代表取締役

中山晴稔氏は、1975年生まれで2011年に株式会社トリアイナを設立し、代表取締役に就任しました。

同氏は、2013年に株式会社SeekaSolutionの取締役にも就任しています。

今冨倫享氏は、1989年生まれで、大手通信会社を経て、2019年に株式会社トリアイナの経営企画部兼コールセンター事業部部長に就任しました。

2021年に取締役CMOに就任しています。

詳しくみる ⇒参照元: 役員紹介

三浦の家族構成

三浦の兄姉の中で、最も早く亡くなった人は?

長姉

三浦の家族構成は、呉服店を営む両親、失踪した長兄と次兄、先天性色素欠乏症で弱視のため琴を習っていたが服毒自殺した長姉、女子高等師範学校の受験に失敗して投身自殺した二姉、琴の師匠として家計を支えた三姉、そして娘が3人いる妻である。

三浦の兄姉の中で、最も早く亡くなったのは長姉で、1938年に服毒自殺している。

詳しくみる ⇒参照元: 三浦哲郎