Academic Box Logo

なんJ民も驚愕!!!底辺高校教師が語る、生徒たちのリアル

ライターのマリアです。今回は、底辺高校教師が生徒たちのリアルについて語ります。

理解力の乏しい生徒指導の困難性

教師がアホな生徒に指導するのはなぜ面倒くさいのか

制御しにくいから

教育の現場では、生徒が学習内容を理解していない場合、教師が個別に指導することが求められます。

しかし、教師にとって、理解力の乏しい生徒に指導を行うことは非常に面倒で困難な作業となることがあります。

その理由は、教師が生徒に理解しやすいように説明を工夫する必要があり、また、生徒が理解するまで根気強く繰り返す必要があるからです。

さらに、理解力の乏しい生徒は、教師の指示に従うことが難しく、指導が思うように進まないことも教師の負担を増やします。

そのため、教師は、理解力の高い生徒の指導に注力し、理解力の乏しい生徒の指導を後回しにする傾向があります。

詳しくみる ⇒参照元: ワイ底辺高校教師、クソガキどもの相手に疲れる

底辺高校の変貌

かつて進学に厳しいとされていた高校で、現在は難関大学合格者が多数出ている要因は?

環境の変化

かつては進学に厳しい環境だった底辺高校が、近年では難関私大への合格者を出している。

在学当時の環境では、そのような進路は考えられなかったため、この変化には驚きがある。

現在の校内の環境がどのような変化を遂げているのかが気になるところである。

詳しくみる ⇒参照元: 【中学生必見】底辺高校出身者の卒業後について【リアルな現実】

底辺高校出身者の職業傾向

底辺高校出身者の多くは、どのような仕事に就いているのか?

庶民的な仕事

底辺高校出身者は、整備士、美容師、公務員、中小企業社員などの庶民的な仕事に就く傾向がある。

公務員として出世する者もいるが、大多数は安い給料で働いている。

スーパーやショッピングモールの店員など、身近な場所で働く同級生に遭遇することもある。

詳しくみる ⇒参照元: 【中学生必見】底辺高校出身者の卒業後について【リアルな現実】

学習能力と他の能力の相関関係

勉強ができない生徒は、スポーツや音楽などの他の分野でも能力が低いという傾向があるのはなぜですか?

認知力や身体能力の低さ

学習能力の低い生徒は、認知力や身体能力も低い傾向があり、それによって他の分野での能力にも影響が出ることが示唆されています。

彼らは自分で練習したり、根性を発揮したりすることが困難であり、人並み以上の能力を発揮できない可能性が高いとされています。

スポーツや音楽などの分野で成功している生徒は、生まれ持った運動神経に頼っている場合が多く、それ以上の成長には限界があると考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 底辺高に勤めていると「勉強できなくても音楽とかスポーツならで...

教育困難校の生徒の5つのタイプ

教育困難校に通う生徒を5つのタイプに分類すると、どのような生徒が含まれますか?

荒れた行動、コミュニケーション・学習能力の困難、不登校経験、外国ルーツ、不本意入学

教育困難校に通う生徒は、5つのタイプに分類できます。

1つ目は、荒れた行動をとる生徒です。

2つ目は、コミュニケーション能力や学習能力に困難を抱える生徒です。

3つ目は、不登校を経験した生徒です。

4つ目は、外国にルーツを持つ生徒です。

5つ目は、不本意に入学した生徒です。

これらのタイプは、1人の生徒に複数当てはまる場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 「私は底辺校で講師をしています。かつての自分のような高校生が...

生徒のモチベーション向上への取り組み

低偏差値校における生徒のモチベーション向上に効果的な指導方法は?

細かく指示し、ほめ、フォロー

大人が子どもに誠意をもって接するだけで、生徒のモチベーションが向上する可能性がある。

低偏差値校では、生徒を伸ばすことに重点を置くのではなく、教育行政関係者が生徒との向き合い方を再考すべきだ。

具体的な指導方法としては、細かく指示を出し、生徒の成果を認め、困難に直面した場合はフォローすることが効果的とされる。

詳しくみる ⇒参照元: 「私は底辺校で講師をしています。かつての自分のような高校生が...

生徒の勉強意欲の複雑性

高校生の勉強意欲が低い理由を、単に家庭の経済状況や学習意欲の欠如だけで説明するのは適切か?

不適切

高校生の勉強意欲が低い原因は、学校の価値観に迎合する自己防衛手段である可能性がある。

この生徒は、親の経済状況や学習意欲の欠如だけで勉強意欲の低さを説明するのは適切ではないと考えている。

そのような見方は、生徒が直面する社会経済的要因の複雑さを無視している。

この生徒は、学校が生徒の自己認識や行動に大きな影響を与え、生徒が「勉強しない」という選択肢を選ぶ場合があると考えている。

詳しくみる ⇒参照元: 「9浪はまい」が田舎の'底辺'高校生が「高学歴を目指せない」...

学習における認知力の重要性

学習における「頑張り方」とは何を指すか?

頑張り方&頑張るポイントの見定め方

学習には、理解だけでなく、効果的な学習方法を習得する側面があります。

これは、適切な「頑張り方」と「頑張るポイントの見定め方」を練習することで身につきます。

学習において、目から入った情報を正しく理解して出力できる認知力は重要であり、この認知力の低下は学習上の問題を示唆します。

詳しくみる ⇒参照元: 底辺高に勤めていると「勉強できなくても音楽とかスポーツならで...

底辺校の学習環境の実態

偏差値40以下の高校で蔓延している風潮とは?

勉強はカッコ悪い

地方の偏差値40以下の高校では、「勉強はカッコ悪い」という風潮が蔓延している。

生徒たちはこぞって努力する人の足を引っ張り合い、学業を軽視する傾向にある。

濱井氏は自身の経験を踏まえ、このような環境下で勉強を続けることの難しさを語っている。

生徒たちが勉学に励む意欲を削がれてしまう要因としては、偏差値の低さだけでなく、周囲からのプレッシャーや地域的な文化の影響も挙げられる。

この風潮を打破するためには、生徒の意識改革と、地域社会全体での教育に対する価値観の醸成が必要不可欠である。

詳しくみる ⇒参照元: 「9浪はまい」が田舎の'底辺'高校生が「高学歴を目指せない」...

認知の歪みによるキャリア選択の誤り

認知が歪んでいる人の特徴は何か?

勉強、運動、コミュニケーション、その他全てで能力が低い

勉強や運動、コミュニケーション能力などの基本的な能力が低く、趣味に没頭して専門分野でのキャリアを追求しようとする傾向がある。

さらに、親も本人の好きなことを尊重しすぎて、現実的な支援をしていない。

その結果、お金や時間、環境などの必要なリソースが不足してしまいます。

詳しくみる ⇒参照元: 底辺高に勤めていると「勉強できなくても音楽とかスポーツならで...