Academic Box Logo

助産師hisakoの信仰と大家族: 宗教が12人の子育てに与えた影響とは?

ライターのAnnaです。助産師hisakoさんの信仰と大家族についてご紹介します。宗教が12人の子育てにどのように影響を与えたのかを探ります。

助産師HISAKOの軌跡

あなたがこれまで経験した最もやりがいのある仕事は何か?

「いのちの授業」

助産院の経営者である著者は、看護師や助産師として病院やクリニックで勤務した後、2006年に助産院「ばぶばぶ」を開設。

現在は、母乳育児支援や育児相談の他、自治体や学校での講演や性教育授業を行っている。

また、11人の子どもを出産し、現在はYouTubeで子育てに関する情報を発信している。

著者の最もやりがいのある仕事は、「いのちの授業」と呼ばれる出張授業で、性教育を通じて子どもたちに命の大切さを伝えることである。

詳しくみる ⇒参照元: 助産師HISAKOについて

夫婦円満のための多様性への理解

育児における夫婦関係を改善するために重要なことは何?

違いを受け入れる

夫婦関係を改善するために、さまざまな思考や価値観を持つ人がいることを理解することが重要です。

特に、夫と妻では育児に対する考え方に違いがあることが多く、夫は解決策を示しがちで、妻は共感を求めています。

お互いの立場や思考パターンを理解することで、衝突を避け、寛容になり、寄り添えるようになります。

結果として、子どもが笑顔でいられる子育てしやすい社会につながります。

また、ありのままの自分を受け入れ、肩の力を抜くことが、育児や人生をよりハッピーにする秘訣です。

詳しくみる ⇒参照元: 12人産んだ助産師hisakoが語る「親としてやらなかあかん...

助産師の道へ導いた出会い

助産師を目指すきっかけとなった出来事は?

テレビ特番での赤ちゃん誕生シーン

看護短大時代に助産院で立ち会ったお産が、助産師を目指すきっかけとなった。

助産学科に進学し、初めてお産を介助したときには衝撃を受けた。

総合病院や産婦人科クリニックで勤務し、多くの赤ちゃん誕生に立ち会った。

詳しくみる ⇒参照元: 助産師HISAKOについて

離婚を機に親子の絆が深まる

離婚時に子どもから言われた衝撃的な言葉は?

「もっと不良なママでいてほしかった」

HISAKOさんは離婚を機に、子どもと向き合う姿勢を見直しました。

子どもは母親の苦しみを敏感に察知しており、彼女が無理に笑顔を作る姿に違和感を感じていたことが明らかになりました。

娘の「もっと不良なママでいてほしかった」という言葉は、HISAKOさんの心に深く響き、子どもに正直に自分の気持ちを伝えることの大切さを痛感したのです。

その後、HISAKOさんは子どもとオープンに話し合うようになり、親子の絆がさらに強くなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 「もっと不良なママでいてほしかった」長女の言葉が、離婚後の人...

子育ての呪縛からの解放

子育てを完璧にこなそうとする母親の心理変化の原因は?

長女からの言葉

母親は完璧主義的な子育てを貫いてきたが、長女の言葉によって息苦しさを感じ、自分の価値観に疑問を抱き始めた。

このことが、子育てのやり方や人生観を見直すきっかけとなった。

母親は、自分の人生をより自由に生きても良いのではないかと思うようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 「もっと不良なママでいてほしかった」長女の言葉が、離婚後の人...

寄り添う力の源

寄り添うことができたきっかけは?

離婚経験

助産師の女性は、助産院のママたちから「経験を語ったほうがいい」と言われ、ママたちに寄り添う姿勢が変わった。

離婚というどん底を経験したことで、他者の悩みに共感できるようになり、完璧主義を改めるようになった。

今はママたちに心から寄り添って話せるようになり、以前は「寄り添っているつもりだった」と振り返っている。

詳しくみる ⇒参照元: 「もっと不良なママでいてほしかった」長女の言葉が、離婚後の人...

子育ての現実と専門知識の限界

子育てと向き合う上で、自身で培ってきた専門知識と現実との乖離で学んだ教訓は?

自分の思い通りにならないこと

助産師として専門知識を有していたHISAKOは、自身の出産と育児を通じて、出産や育児が教科書通りの理想通りには進まないことを痛感した。

彼女の陸上の経験でも同様で、自身の努力が必ずしも評価につながるわけではないことを学んだ。

この経験から、子育てにおいても、専門知識だけでは対応できない現実に直面することを悟り、その難しさと向き合うことになった。

詳しくみる ⇒参照元: 「もっと不良なママでいてほしかった」長女の言葉が、離婚後の人...

出産の予測と現実

分娩時の予想と実際の違いで苦労した経験を教えてください

知識との乖離

出産の経験豊富な筆者は、初産の際に子宮口の開き具合を教科書知識で判断したが、実際の診察では大きく異なり、計画外の時間がかかった。

また、12回の出産経験があるにもかかわらず、毎回異なる経過をたどっている。

分娩は予定通りに進まないことが多く、知識と実際の体験には乖離がある。

詳しくみる ⇒参照元: 「もっと不良なママでいてほしかった」長女の言葉が、離婚後の人...

子どもの勉強を促す賢い接し方

勉強が疎かな子どもに、親はどう接するべきか?

見守り、失敗から学ばせる

子どもが勉強を疎かにしている場合、親は「勉強しなさい」と強制するのではなく、自主性を尊重して見守るべきです。

子どもが自分の行動の結果として失敗を経験することで、自己責任の重要性を学び、より良い習慣を身に付けることができます。

無理にやらせると、親のイライラが増し、子どもの息苦しさにつながるため、見守る姿勢が大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 「もっと不良なママでいてほしかった」長女の言葉が、離婚後の人...

出産後の育児ギャップ

出産直後にHISAKOが感じた育児の現実的なギャップは?

「なんじゃこりゃ」

HISAKOは24歳で出産したが、育児の現実が想像と大きく異なり困惑した。

仕事で楽しんでいた赤ちゃんの世話が、自分の子どもとなると途端に重荷となり、プライベートと仕事の切り替えが困難になった。

素直に子育てを楽しめない自分に戸惑った。

詳しくみる ⇒参照元: 23歳で結婚、40歳までに10人を出産…大家族の母親(48)...