Academic Box Logo

黒柳守綱とは?戦争で離れ離れになった父を待ち続けた黒柳徹子の想い

ライターのYUKOです。今回の記事では、戦争で離れ離れになった父を待ち続けた黒柳徹子の想いを紐解きます。

黒柳守綱: 日本のヴァイオリン奏者

黒柳守綱は、山田耕筰派、近衛秀麿派の分裂時にどちらの派に付いたか

山田派

黒柳守綱は、官立の東京音楽学校関係者(上野派)に対して、在野派(非上野)のハタノ・オーケストラを経て、山田耕筰の交響楽運動により日本交響楽協会へ進む。

同協会の山田耕筰派、近衛秀麿派の分裂時には山田派に付いたとされる。

1932年頃、赤坂溜池のダンスホール「フロリダ」の昼のステージに出演、折からブームとなっていたタンゴを演奏した。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳守綱

田口潔矩氏の幼少期

田口潔矩氏が何歳で働き始めたのか教えてください

12歳

田口潔矩氏は、8歳の時に父親を亡くし、兄とともに12歳で三越呉服店で働き始めました。

1920年に三越少年音楽隊に入隊し、ヴァイオリンを学びました。

三越少年音楽隊は1922年に解散しました。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳守綱

家族の絆が支えた戦時中の捕虜生活

戦時中、黒柳さんの父親が捕虜生活を送っていた際、彼を支えたものは何だったのか?

家族の写真

家族の写真は、戦時中に捕虜となった黒柳さんの父親にとって、過酷な状況を乗り越える支えとなった。

ソ連人の世話係がその写真を見て、決して逃げようとせず、帰国を信じるよう励ました結果、父親は無事に帰国することができた。

このエピソードは、家族の絆がいかに強力で、困難な状況下で支えになるかを物語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 戦争が終わっても帰ってくる気配すらなかった父を待ち続けて

戦後、帰還した父親との再会

父親と再会したときの印象は?

淡々としていた

プロのヴァイオリン奏者だった朝さんの父親は戦地から無事に帰還。

朝さんが品川駅まで出迎えに行ったが、感動的な再会ではなく淡々としていたという。

出征当時3歳だった弟や赤ん坊だった妹は父親のことを覚えておらず、父親も朝さんが小さいと思っていたが、栄養失調のため身長が伸びていなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 戦争が終わっても帰ってくる気配すらなかった父を待ち続けて

音楽と運命の出会い

音楽学校で知り合った女性との出会いはどのようなものだったか?

公演をきっかけに知り合った

音楽学校でベートーヴェンの交響曲の公演をきっかけに出会った。

その後、喫茶店で遅くまで語り合い、そのまま結婚に至った。

長男を亡くしている。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳守綱

黒柳朝の生涯と功績

1982年から開始した黒柳朝の新たな活動とは?

随筆家

黒柳朝は、長女・徹子の著書『窓ぎわのトットちゃん』のベストセラーをきっかけに注目を集め、1982年から雑誌『主婦と生活』で自伝エッセイ『チョッちゃんが行くわよ』を連載し、随筆家として活動を始めた。

このエッセイは同年12月に書籍として出版され、ベストセラーとなった。

その後も自伝『チョッちゃん物語』や『チョッちゃんは、もうじき100歳』などを執筆し、ユーモラスな語り口で自身の子育てや家族について綴った。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳朝

バイオリニスト黒柳守綱とその業績

バイオリンの演奏家として有名な黒柳氏の賞の名前は?

黒柳守綱賞

黒柳守綱は、新交響楽団のコンサートマスターを務めた後、東京交響楽団でも演奏活動を続けたバイオリニストです。

後進の育成にも尽力し、毎日音楽コンクール審査員を務めました。

また、日本音楽コンクールと海外派遣コンクールに「黒柳守綱賞」を寄託しています。

彼の長女は、有名なタレントの黒柳徹子です。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳 守綱(クロヤナギ モリツナ)とは? 意味や使い方

黒柳守綱の音楽経歴

守綱の養子縁組はいつ頃か?

時期不明

守綱は母方の黒柳家に養子に出され、黒柳姓となった。

1937年に新交響楽団のコンサートマスターに就任し、1942年には東京弦楽四重奏団を結成した。

同年、満州国に派遣され、建国10周年記念の交響楽団で第1ヴァイオリンを務めた。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳守綱

黒柳隆平の音楽家としての足跡

ゴジラのテーマ音楽の演奏に携わったのは誰か?

黒柳隆平

バイオリニストの黒柳隆平は、当時の主要オーケストラのコンサートマスターやレコーディングスタジオの演奏家として活躍しました。

1954年の映画「ゴジラ」では、作曲家・伊福部昭の依頼でテーマ音楽の演奏に参加しています。

また、東京弦楽四重奏団のコンサートマスターとして、チェロを齋藤秀雄が担当していた時期があり、斎藤の弟子である小澤征爾は、齋藤が指揮するオーケストラで黒柳がコンサートマスターを務めていたと証言しています。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳守綱

抑留された音楽家・高田信一

戦時中に、抑留された音楽家は誰?

高田信一

高田信一は、東京放送管弦楽団のコンサートマスターでした。

第二次世界大戦中に召集され満州に出征し、敗戦後にソ連に抑留されました。

シベリア抑留中、合唱指揮者の北川剛やチェリストの井上頼豊とともに「沿海州楽劇団」を結成し、日本軍捕虜収容所を巡回・慰問しました。

1949年末に帰国し、東京交響楽団のコンサートマスターに就任しました。

詳しくみる ⇒参照元: 黒柳守綱