Academic Box Logo

野辺送りの画像で見る歴史と変遷:現代に残る風習とその意味

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、「野辺送りの画像で見る歴史と変遷:現代に残る風習とその意味」についてご紹介します。

野辺送りの概要

埋葬場所に遺体を運ぶ儀式の名前は?

野辺送り

野辺送りとは、土葬が主流だった時代に、葬儀後にご遺体を埋葬場所まで運ぶ風習のことです。

親戚や地域の方が棺を担いで行い、職業とする方もいました。

宗教に関係なく、地域の風土や特徴に合わせて行われていました。

詳しくみる ⇒参照元: 野辺送りとはどのような風習?|葬儀の知識|葬儀・お葬式なら【...

野辺送り:消えゆく日本の伝統儀式

遺体を火葬場まで運ぶ儀式は何と呼ばれていましたか?

野辺送り

野辺送りは、自宅で葬儀を終えた後、遺族や参列者が遺体を火葬場や埋葬場まで運ぶ日本の儀式でした。

かつては土葬が中心だったため、別れの儀式として重要視されていました。

しかし、火葬が主流となり交通手段が発達した現在では、ほとんど見られなくなっています。

詳しくみる ⇒参照元: 野辺送りとは?意味や流れ・葬列の役割分担・現代までの変遷につ...

葬列の役割と持ち物

葬列で役割に応じた持ち物はありますか?

はい

野辺送りの葬列では、位牌や枕飯、天蓋、杖、香炉、幡、松明、高灯篭など、役割によって決められた持ち物があります。

位牌や枕飯は親族が持ち、天蓋や杖、香炉はそれに続く親族が持ちます。

幡、松明、高灯篭は参列者が持ち、葬列の先頭で魔除けと先導役を務めます。

詳しくみる ⇒参照元: 野辺送りとは?意味や流れ・葬列の役割分担・現代までの変遷につ...

野辺送りの名残

野辺送りがかつて重視されていた理由は何ですか?

死者の穢れを防ぐため

かつて野辺送りは、葬儀で僧侶が取り仕切る読経とは異なり、地域的风習に則って親族や近隣の人々が故人を送る重要な儀式でした。

遺体の扱い方を間違えると死者の穢れが移ると信じられていたため、しきたり通りに野辺送りを行うことが送る側の重要な仕事でした。

そのため、現代でも野辺送りの風習やしきたりは地域の葬儀に深く根付いており、出棺時やその後の行動には野辺送りの名残が見られます。

詳しくみる ⇒参照元: 【公式】野辺送り とは?現代ではあまり見られなくなった葬列の...

野辺送りの名残: 現代葬儀に残る伝統

かつて、葬儀で使われる祭壇にはどんな意味合いがあった?

野辺送りの道具を飾る台

野辺送りという伝統的な葬儀の慣習は、現代の葬儀にも一部取り入れられている。

例えば、霊柩車の金色の屋根は輿を模しており、祭壇には輿や提灯を模した飾りや供物が置かれている。

また、血縁者が棺を持つ、出棺時に家を出る順番を指定する、棺を回すなどの風習も残っている。

これらの慣習は、死者が家に戻ってこないようにするためのものとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 【公式】野辺送り とは?現代ではあまり見られなくなった葬列の...

野辺送りの松明と高灯篭

野辺送りの先頭で松明や高灯篭を持つ人の役割は何か?

道照らしと魔除け

野辺送りは夜間に行われる葬列で、先頭に松明や高灯篭を持った参列者が立ち、道を照らします。

また、松明や高灯篭は魔除けの意味があり、昼間に行われる野辺送りでも先導役として使われます。

さらに、近隣の人がのぼり旗を持って葬列を囲み、安全に遺体を運ぶ役割を担います。

詳しくみる ⇒参照元: 「野辺送り」とは?慣習の内容や現在の実施方法、地方による違い...

野辺送りの籠と散華

散華を撒く行為の目的は?

魔除け

籠の中身である小銭や紙吹雪を野辺送りの道中に撒くのは魔除けの役割があり、故人の魂を鎮め、穢れを周囲に広げないように祓う意味が込められている。

野辺送りは宗教に関係なく行われていたが、神道の「死は穢れである」という考え方が取り入れられていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「野辺送り」とは?慣習の内容や現在の実施方法、地方による違い...

野辺送りの近親者の役割

近親者が葬列で持つ道具はどのようなものがある?

葬列六役

野辺送りでは、近親者が故人の関係性によって異なる道具を持ちます。

僧侶が先導し、近親者が籠を持ち、その後に棺、その周りに近親者が道具を持って並びます。

道具には、関係性に応じて「葬列六役」と呼ばれるものが用いられます。

詳しくみる ⇒参照元: 「野辺送り」とは?慣習の内容や現在の実施方法、地方による違い...

祭壇と出棺の慣習

出棺の際に、血縁者が行う慣習は?

棺を運ぶ

お葬式で用いられる祭壇は、白木祭壇や花祭壇などさまざまなデザインがある。

祭壇は元来、葬祭品を飾る台として野辺送りで用いられていた。

現代の出棺では、葬儀社のスタッフがサポートするが、血縁者が棺を霊柩車まで運び出すなど、野辺送りの名残が残っている。

詳しくみる ⇒参照元: 「野辺送り」とは?慣習の内容や現在の実施方法、地方による違い...

お葬式における穢れ祓いの儀式

お葬式の際のほうきで掃く儀式にはどのような意味がある?

穢れ祓い

野辺送りという昔のお葬式では、血縁者がお膳などを持ち、三度回る儀式が行われていた。

現代のお葬式でも、出棺後に部屋をほうきで掃く儀式が残っており、これは野辺送りで行われていた穢れを祓う儀式の名残である。

ほうきで掃くことで部屋の掃除と死者の穢れ祓いが行われると考えられている。

また、掃き出し窓から汚れを外に出すことで、穢れを祓う効果があるといわれている。

詳しくみる ⇒参照元: 「野辺送り」とは?慣習の内容や現在の実施方法、地方による違い...