Academic Box Logo

歳の差夫婦の軌跡:紫式部と夫・藤原宣孝の結婚生活と悲劇の別れ

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、歳の差夫婦の軌跡である紫式部と藤原宣孝の結婚生活と悲劇の別れについてご紹介します。

源氏物語誕生の秘話

紫式部が「源氏物語」を書き始めたきっかけとなった出来事は?

夫の死

紫式部は夫の藤原宣孝が亡くなった悲しみや不安を紛らわすため、物語の執筆に没頭しました。

その結果、「源氏物語」が誕生しました。

この作品は当初知人に読んでもらう程度でしたが、徐々に話題となり、紫式部は宮廷にも知られるようになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 紫式部の夫 藤原宣孝はどんな人?アツアツの結婚理由と悲劇の別...

紫式部と藤原宣孝の血縁関係と年齢差

紫式部と藤原宣孝の年齢差は?

24歳差

藤原宣孝の父と紫式部の父は従兄弟同士で、宣孝と紫式部は再従兄弟に当たる。

宣孝の生年が949年頃、紫式部の生年が973年頃と仮定すると、宣孝は紫式部より24歳年上となる。

詳しくみる ⇒参照元: 『光る君へ』紫式部の夫・藤原宣孝はどんな人?複数の妻、子供が...

藤原宣孝と紫式部

藤原宣孝は誰と結婚していますか?

紫式部

藤原宣孝は平安時代中期の貴族で、藤原北家高藤流出身です。

権中納言・藤原為輔の子で、官位は正五位下・右衛門権佐でした。

円融朝末に六位蔵人兼左衛門尉を務め、永観2年に院判官代に任命されました。

その後、花山天皇の蔵人に転じ、一条朝の正暦元年に筑前守として筑紫に赴任しました。

正暦3年ごろには大宰少弐も兼ね、右衛門権佐として京官に復しました。

長徳4年に山城守を兼ねた頃に、紫式部と結婚しています。

詳しくみる ⇒参照元: 藤原宣孝

紫式部と藤原宣孝の年齢差と関係性

藤原宣孝と紫式部の年齢差は?

親子ほど

紫式部と藤原宣孝の年齢差は大きく、紫式部が29歳の時に結婚したと推定されているのに対し、宣孝は40代半ばから50代と考えられています。

当時としては親子ほどの年齢差があり、宣孝にはすでに複数の妻と成人した子供もいました。

さらに、二人は「またいとこ」という血縁関係にもありました。

詳しくみる ⇒参照元: 紫式部の夫 藤原宣孝はどんな人?アツアツの結婚理由と悲劇の別...

紫式部の創作と夫の死

紫式部の創作活動に影響を与えた出来事は?

夫の死

紫式部の夫、藤原宣孝は堅実な貴族で、二人は子供をもうけましたが、夫婦仲はやや冷め気味だったようです。

宣孝の死後、紫式部は悲しみを紛らわすために創作活動に没頭し、『源氏物語』を生み出しました。

この傑作は、紫式部の夫を失った悲しみが原動力となって生まれた可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 紫式部が結婚した藤原宣孝とはどんな人?結婚の経緯と夫婦仲【光...

紫式部の夫

平安時代、紫式部の夫は何という名前か?

藤原宣孝

紫式部は998年頃に藤原宣孝と結婚し、999年頃に藤原賢子を産んだ。

藤原宣孝は紫式部より20歳以上年上で、1001年に疫病で亡くなった。

紫式部集には、夫の死去に伴い詠んだ和歌が収められている。

紫式部集には、藤原宣孝との恋愛や死別、宮仕え時代など、紫式部のほぼ全生涯にわたる和歌が厳選して収められている。

詳しくみる ⇒参照元: 藤原宣孝(紫式部の夫)を1分でわかりやすく解説【光る君へ】

紫式部と藤原宣孝の別れ

藤原宣孝が亡くなった原因は何ですか?

疫病

紫式部は、藤原宣孝とわずか2年間の結婚生活を送りました。

宣孝は疫病により49歳で亡くなり、紫式部は「塩竈の浦」という地名が、夫の火葬の煙を連想させるようになったと詠みました。

この和歌は、紫式部集に収められています。

詳しくみる ⇒参照元: 紫式部の夫 藤原宣孝はどんな人?アツアツの結婚理由と悲劇の別...

紫式部の結婚事情

紫式部の結婚当時の年齢は?

26歳前後

紫式部は宣孝と26歳前後で結婚しました。

これは当時の平均的な初婚年齢よりもかなり遅いものでした。

紫式部の婚期が遅れた理由は、彼女の夫である為時が無官であったためです。

当時、男性が妻の実家に婿として入る結婚形態が一般的だったため、政治的・経済的に後見の期待できない為時と結婚しようとする男性はほとんどいませんでした。

そのため、紫式部も婿を迎えることができなかったのです。

紫式部は宣孝と結婚しましたが、宣孝は紫式部と同居しておらず、他の妻と暮らしていました。

つまり、紫式部は嫡妻の地位を得たわけではありませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 20歳前後の年齢差、痴話喧嘩、別居、突然の別れ…紫式部の知ら...

紫式部のこじらせ女子と源氏物語の秘密

紫式部の引きこもりの理由は?

女社会への溶け込みづらさ

紫式部は、女社会に溶け込めず、宮仕えを始めてから半年ほど引きこもっていた。

日記には愚痴が書かれており、復帰後も他の女性たちを酷評していた。

しかし、人間観察に優れていたからこそ、「源氏物語」という大作を書き上げることができた。

この作品は、その古さと登場人物の多さ、普遍的なテーマ性から世界中で高い評価を受けている。

詳しくみる ⇒参照元: 紫式部とはどんな人?生涯・年表まとめ【作品や性格、清少納言と...

紫式部の結婚と夫婦関係

紫式部と藤原宣孝の夫婦関係は結婚当初はどうでしたか?

順調だった

紫式部と藤原宣孝の結婚生活は当初は順調で、長女の賢子も誕生しました。

しかし、しばらく経つと藤原宣孝が他の女性と浮気するようになり、夫婦関係は冷え込みました。

藤原宣孝の死後、紫式部は「塩釜の浦」の歌を詠み、夫との思い出を偲んでいます。

詳しくみる ⇒参照元: 紫式部が結婚した藤原宣孝とはどんな人?結婚の経緯と夫婦仲【光...