Academic Box Logo

女優・山口紗弥加:プロフィール、出演作品、最新情報まとめ

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、女優・山口紗弥加さんに関する情報をまとめてご紹介します。

山口紗弥加:蜷川幸雄の罵倒が転機

蜷川幸雄に罵倒された際にどのような変化が山口紗弥加に起こった?

吹っ切れと精神的鍛錬

山口紗弥加は14歳の時にテレビCMでデビューし、その後女優業とバラエティー番組に出演するなど、アイドル女優として活躍しました。

しかし、バラエティー番組での頑張りがドラマのスタッフから「使いにくい」と言われたり、体調を崩したりしたことで、22、3歳の時に一度芸能界を辞めることを決意しました。

しかし、野田秀樹演出の舞台「オイル」に出演した際、本番の充実感から「辞めたくない」と思うようになり、蜷川幸雄から次の舞台の仕事に声をかけられました。

蜷川幸雄からは「ゴミ」「鼻クソ」と厳しい言葉で罵られましたが、そのおかげで吹っ切れ、精神的にも鍛えられたことで女優を続けることができたと語っています。

2014年頃からドラマのオファーが増え、2015年には6本のドラマに出演するなど、名バイプレーヤーとして活躍しています。

2018年には「ブラックスキャンダル」で38歳・芸歴24年にしてドラマ初主演を務めました。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加

ドラマ最新情報

あるドラマでは、転校生が高校生たちをどのように扇動した?

「世界をぶっ壊そう」

道枝駿佑主演のドラマ「マルス-ゼロの革命-」では、謎の転校生・美島零が「俺と一緒にこの世界をぶっ壊そう」と落ちこぼれ高校生たちを扇動し、「マルス」と名乗って大人社会に反旗を翻していきます。

このドラマは、青春“クーデター”サスペンスとして描かれます。

また、山口紗弥加と北香那が主演するシチュエーションコメディー「スナック女子にハイボールを」では、スナック「マーガレット」を舞台に、山口演じる風変わりなママと、北演じるスナックの魅力に取りつかれるOL・さつき、そしておかしな常連客たちの交流が描かれます。

さらに、成田凌主演の“転職”爽快エンターテインメント「転職の魔王様」では、大手広告代理店を退職した千晴が、毒舌敏腕キャリアアドバイザー・来栖に出会い、転職を通じて働く自信と希望を取り戻していきます。

山田裕貴主演の「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」では、都心へと向かう電車の一両が未来の荒廃した世界にワープし、乗り合わせていた乗客たちが生き抜くための“サバイバル生活”を繰り広げます。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加のプロフィール・画像・写真

山口紗弥加、40代女性の「セカンドチャンス」に共感

40代女性主人公・忍を演じる山口は、自身の役どころをどのように捉えているか

年齢を重ねてもなお充実した40代女性

山口は、忍という役柄について、「40代で不意に訪れた人生のセカンドチャンスに戸惑いながらも、現実的な選択をする主人公」と分析しています。

また、その心情に共感し、自身のリアリティで演じたいという意欲を語っています。

山口は、年齢を重ねても気力と体力が充実した40代女性という側面を強調しており、忍というキャラクターを自分自身の経験や視点から表現しようとしていることがうかがえます。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加、18歳差の恋を描く「シジュウカラ」に主演! 挑戦...

女優プロフィール

彼女はドラマでどのような役を最初に演じたでしょうか?

女優は1980年2月14日に福岡県で生まれ、血液型はO型です。

1994年にフジテレビドラマ「若者のすべて」で主人公の妹役としてデビューしました。

その後、2018年には日本テレビ系ドラマ「ブラックスキャンダル」で初主演を果たし、2021年にはフジテレビドラマ「ラジエーションハウスⅡ」、2022年にはテレビ東京ドラマ「シジュウカラ」に出演しています。

映画では、「糸」(2020年)、「明日の食卓」(2021年)、「劇場版ラジエーションハウス」(2022年)などの作品に出演しています。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加のプロフィール・画像・写真

山口紗弥加のプロフィール

山口紗弥加の生年月日は?

1980年2月14日

山口紗弥加は、1980年2月14日生まれの女優です。

福岡県出身で、みずがめ座、O型です。

1994年にドラマ「若者のすべて」でデビューし、その後は数々のドラマや映画に出演しています。

主な作品には、「ブラックスキャンダル」「ラジエーションハウスⅡ」「シジュウカラ」「糸」「明日の食卓」「劇場版ラジエーションハウス」などがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加のプロフィール・画像・写真

女優の経歴

彼女は1980年2月生まれで、どこの出身?

福岡県

1994年のドラマ「若者のすべて」で注目を集めた女優。

野田秀樹や蜷川幸雄の舞台でも活躍している。

主な出演作には、「僕と彼女と彼女の生きる道」、「ブラックスキャンダル」、「ドリームチーム」などがあり、2023年7月期のドラマ「転職の魔王様」にも出演している。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加のプロフィール・作品情報

セカンドチャンスの現実

主人公の綿貫忍は、'人生のセカンドチャンス'にどう対処するのか?

現実的に選択をする

主人公の綿貫忍は、40代半ばで不意に訪れた”人生のセカンドチャンス”に 戸惑いながらも、現実的な選択をすることになる。

綿貫忍を演じる女優は、キャラクターを追いすぎず、自身のリアリティで演じることを目指している。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加、18歳差の恋を描く「シジュウカラ」に主演! 挑戦...

突破口となる作品

この作品はどのような願いが込められている?

突破口となること

大九明子監督は、この作品が拒否される可能性があることを理解しつつも、誰かの“突破口”になることを願って挑戦した。

監督自身にとっても、この作品が突破口になるかもしれないと期待を込めている。

また、この作品がより多くの人に届くことを願い、心を込めて演じている。

原作の感想では、サスペンス感があり、面白かったと評されている。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加、18歳差の恋を描く「シジュウカラ」に主演! 挑戦...

人生の再評価を描くドラマ

40歳以降の女性が直面する葛藤をテーマにしたドラマでは、どのような問題を扱っている?

人生の再評価

山口紗弥加主演のドラマは、40歳を超えた女性の主人公が、恋愛、仕事、夢、人生について向き合う姿を描く。

結婚している人の不倫という設定にとらわれず、女性が人生の岐路に立たされたときの葛藤や選択を丁寧に描いている。

主人公が、パートナー以外の人との恋愛だけでなく、仕事や夢についても再考していく様子が描かれる。

詳しくみる ⇒参照元: 山口紗弥加、18歳差の恋を描く「シジュウカラ」に主演! 挑戦...