Academic Box Logo

信と羌瘣の愛の軌跡:出会いから運命のプロポーズまで

ライターのYUKOです。この記事では、「信と羌瘣の愛の軌跡」をご紹介します。

羌瘣の心の葛藤

悲しみの一族で育った羌瘣は、信からの愛情を受け入れる準備ができていなかった理由は何ですか?

自分自身に「人並みの幸せを望んではいけない」というブロックをかけていたため

蚩尤の一員として育てられた羌瘣は、強くなるために人の命を奪うことを日常的に行っていました。

この経験から、「人並みの幸せなど望んではいけない」と強く思い込み、自分の感情を抑えていました。

信が羌瘣に愛情を示したとき、彼女はそれを受け入れる心構えができておらず、与え尽くすことに抵抗を感じていました。

そのため、彼女にとって「精一杯生きる」とは、他人に尽くすことであり、自分の幸せを追求することではありませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話プロポーズされた羌瘣の微妙な反応の理由...

羌瘣と信の関係

羌瘣が信の命を救った理由は何ですか?

『違わない』

羌瘣は信の命を救った理由を、自分では「好き」という感情が理解できていないこと、ただその感情以上のものを望んでいないことを挙げました。

羌礼は、羌瘣のその行為が「好き」という言葉と「違わない」と指摘しています。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話プロポーズされた羌瘣の微妙な反応の理由...

羌瘣の決意の変遷

羌瘣が五年前に決意していたことは?

象姉のために死ぬこと

羌瘣は象姉の仇を討つために5年間生き、復讐を果たした後は象姉の元へ行くつもりだった。

しかし、復讐を果たしたことで、自分の生きる道を模索するようになった。

羌瘣は象姉を忘れることなく、彼女の夢だった外の世界で、象姉の分まで精一杯生きることを決意した。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話プロポーズされた羌瘣の微妙な反応の理由...

羌瘣の涙が意味するもの

羌瘣が礼に涙を見せた理由は?

礼の幸せそうな姿に、識の不在を感じたから

礼はかつて「子犬を飼いたい」と語っていたが、識は「やりたいことはない」と答えていた。

羌瘣は蚩尤の考え方や『祭』のトラウマから解放されておらず、礼の幸せそうな姿を見て識の不在を感じたことで涙を流した。

礼は識の分まで生きることで、羌瘣に「幸せになってもいい」と示すことができる。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話プロポーズされた羌瘣の微妙な反応の理由...

羌瘣の葛藤

羌瘣が幸せになるのをためらう理由は?

象姉の死

羌瘣はかつて象姉が蚩尤となり、そのために自分の命が犠牲になると考えていた。

しかし、象姉は羌瘣を生かし、代わりに自分が死んだ。

羌瘣はこれを心苦しく思っており、自分が幸せになることに抵抗を感じている。

羌瘣と同じ蚩尤の里で育った羌礼は、羌瘣のトラウマを癒した。

礼は羌瘣に「幸せになってもいい」と諭したが、羌瘣はまだそれを受け入れられない。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話プロポーズされた羌瘣の微妙な反応の理由...

戦場に咲く約束

羌瘣が信との結婚の約束を躊躇した理由は?

戦いで死ぬのが怖くなること

信と羌瘣は、中華統一の戦争が終わったら結婚するという約束を交わした。

しかし羌瘣は、この約束が戦いの場で死を恐れるようになり、弱くなるのではないかと懸念を抱いた。

信は、この約束は二人を強くし、死線でもう一踏ん張りできるようになると考えた。

羌瘣も信の言葉に勇気づけられ、約束を受け入れた。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話ネタバレあらすじ|信が羌瘣にプロポーズ...

羌瘣の致命的な秘め心

羌瘣にとって、致命的なこととは何か?

信のことが好きになること

羌瘣は、信のことが好きになると戦いに集中できなくなり、それが致命傷になると考えている。

そのため、信の死を恐れることで、自分の気持ちを抑えているのだ。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』768話プロポーズされた羌瘣の微妙な反応の理由...

羌瘣と信の出会い

羌瘣と信が出会ったのはいつの戦いか?

蛇甘平原編

羌瘣と信は蛇甘平原編で出会い、同じ「伍」となった。

羌瘣は寡黙で無愛想だったが、戦場で優れた剣術を披露し、信からも信頼されていた。

この「伍」は飛信隊の前身であり、羌瘣は初期メンバーの一人となる。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』信と羌瘣が結婚!?出会いからプロポーズまで2人...

羌瘣と信の特別な関係

羌瘣が信に近づかないように忠告した理由とは?

嬴政を守るため

嬴政暗殺編において、羌瘣は刺客として王宮に潜入した。

その際、羌瘣は信に「王宮には近づくな」と忠告していた。

これは、羌瘣が信に危害が及ぶことを防ぐためだったと考えられる。

なぜなら、羌瘣はすでに信と対峙した際、彼と戦いたくない様子を見せていたからだ。

つまり、羌瘣にとって信は大切な存在になっており、彼を守りたかったのだ。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』信と羌瘣が結婚!?出会いからプロポーズまで2人...

信と羌瘣の信頼関係

信が羌瘣の正体を知ったきっかけとなったエピソードは何?

朱凶と号馬との戦い

信と羌瘣は敵対していたが、朱凶と号馬を相手に一時休戦し協力した。

羌瘣が信に策を委ねた際、信は疑わずに従い、10人を相手に戦った。

このエピソードで、信は羌瘣が女性で蚩尤と呼ばれる存在であること、そして羌象の仇討ちをしていることを知った。

また、羌瘣が軍師学校に行った河了貂の伝言を伝えるために信の家を訪れ、1泊したことで、女性として羌瘣を意識するようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 『キングダム』信と羌瘣が結婚!?出会いからプロポーズまで2人...