Academic Box Logo

華麗なる一族の末裔たち:モルガンお雪の子孫の現在を探る

ライターのYUKOです。華麗なる一族の末裔たち、モルガンお雪の子孫の現在について調査しました。

ユキ・モーガンの波乱の人生

アメリカで冷遇を受けたのは誰か?

ユキ・モーガン

アメリカ人の裕福な男性と結婚したユキ・モーガンは、アメリカのモーガン家から優秀な家柄出身と報告された。

しかし、アメリカのモーガン家からは拒絶され、疎外された。

その後、夫のモーガン氏とフランスのパリに移住し、スペインで夫が心臓発作で死去した。

ユキは1938年に京都に戻り、1953年にカトリックに改宗した。

この間、ユキは警察の監視下に置かれていた。

第二次世界大戦後、モーガン家によってユキは発見され、支援された。

1951年に彼女の人生を基にしたミュージカルが上演されたことで日本国内で有名になった。

彼女は子供を授かることはなく、京都に埋葬された。

詳しくみる ⇒参照元: Yuki Kato (geisha)

加藤ユキ:日本文化を西洋に広めた芸者

芸者、加藤ユキと結婚した人物は誰?

ジョージ・デニソン・モーガン

京都出身の芸者、加藤ユキ(別名:モルガンお雪)は、1881年8月7日に生まれ、1963年5月18日に亡くなった。

彼女はモルガン銀行王朝のピエルポント・モーガンの甥、ジョージ・デニソン・モーガンと結婚した。

この結婚により、加藤ユキはアメリカで生活し、日本文化を西洋社会に広める役割を果たした。

詳しくみる ⇒参照元: Yuki Kato (geisha)

折上稲荷神社:働く女性の守護神と玉の輿神社

神社はどのようなご利益で知られている?

働く女性の守護神

京都市山科区にある折上稲荷神社は「働く女性の守護神」として知られる神社です。

孝明天皇の即位時に女官の病気を祈祷で治癒したことに由来します。

そのため、働く女性や良縁を願う女性から信仰されています。

静かなパワースポットとして、女性起業家や女性タレントも訪れています。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカの大富豪が惚れた「モルガンお雪」とは?玉の輿にのった...

モルガンお雪:日本のシンデレラの生涯

モルガンお雪がモルガンに引き取られた時の身請け金はいくら?

4万円

モルガンお雪は、京都の芸妓で、アメリカの大富豪J.P.モルガンの甥であるジョージ・デニソン・モルガンと結婚した。

結婚の際、モルガンは莫大な身請け金4万円(2018年現在の8億円相当)を支払い、お雪をアメリカに連れて行った。

しかし、排日法によりアメリカへの帰化は許可されず、お雪はモルガンとともに一時帰国した。

日本で暮らした後は渡欧し、フランスのパリに移住。

夫の死後、遺産相続をめぐる裁判に勝ち、60万ドルという莫大な資産を得たが、米国籍を剥奪され、無国籍者となった。

その後、フランスで新しい恋人と同棲し、ジョージから受け継いだ遺産をその恋人の学問援助に費やした。

第二次世界大戦勃発前、お雪は帰国し、戦後はキリスト教の洗礼を受け、敬愛するリジューのテレジアにちなみ洗礼名をテレジアとした。

以後は一カトリック信者としてひっそりと暮らした。

詳しくみる ⇒参照元: モルガンお雪

折上稲荷神社で女性の運気をアップする

女性に縁起が良いとされるお守りは何ですか?

稲荷きつね折り上げお守り

京都府にある折上稲荷神社は、女性の出世や良縁にご利益があるとされています。

神社には「ひょうたん大神」と呼ばれる大きなひょうたんが祀られており、これを参拝するとご利益があるとされています。

また、社務所では一枚の紙で折り上げられた「稲荷きつね折り上げお守り」が授与されており、商売繁盛や開運などにご利益があるとされています。

このお守りはご神職が一枚一枚丁寧に折り上げており、女性に特に縁起が良いとされています。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカの大富豪が惚れた「モルガンお雪」とは?玉の輿にのった...

モルガンお雪の騒動と恋

当時、モルガンお雪には恋人との別れに影響を与えたのは何か?

新聞の騒動

身請けの話をしていたモルガンお雪は、千本座の主から「4・5万円でふっかけてみな」と助言された。

その話が新聞に掲載され、「4万円の貞操」という見出しで報道された。

これによりモルガンお雪の評判は悪くなり、同じ年齢の恋人と別れることになった。

恋人は京都帝大の学生で身分が高かったため、騒動がなくても反対されて恋が実らなかった可能性もある。

一方、ジョージ・モルガンは頻繁に会いに来てくれた誠意に心を動かされ、4万円の身請けで結婚した。

詳しくみる ⇒参照元: モルガンお雪の遺産や子孫は?旦那はJPモルガンの甥っ子!

モルガンお雪の持参金

モルガンお雪はなぜ結婚をあきらめようとしていたのか?

4万円の持参金が必要だったから

モルガンお雪は芸妓から水揚げするために4万円の持参金が必要だった。

当時、この金額は南座が帰るほどの大金であり、モルガンお雪は途方に暮れていた。

しかし、ジョージ・モルガンはアメリカに帰国して持参金を用意し、再び日本を訪れてモルガンお雪と結婚した。

詳しくみる ⇒参照元: モルガンお雪の遺産や子孫は?旦那はJPモルガンの甥っ子!

モルガンお雪の生涯と縁結びの神社

芸妓となったきっかけは?

姉の経営するお茶屋

“モルガンお雪”こと加藤ユキは、祇園の芸妓でした。

14歳で芸妓となったきっかけは、姉が経営する加藤楼で働いていたことでした。

しかし、当時は格下とされていた外国人専用の店である小野亭で働くことになったため、それが彼女の人生を大きく左右することとなりました。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカの大富豪が惚れた「モルガンお雪」とは?玉の輿にのった...

隠されたお雪の鳥居

鳥居の奉納者である加藤家の四姉妹の名前の中で、'ユキ'の名が刻まれていない理由は?

お雪を「加藤楼稲吉」と暗号化するため

お雪の姉が奉納した鳥居には、加藤家の四姉妹の名前が刻まれていますが、”ユキ”の名はありません。

代わりに”加藤楼稲吉”と刻まれています。

”加藤楼”はお雪の姉の店名で、”稲”はお稲荷様を指します。

この時代、国際結婚や巨額の金が動く身請けは妬みや反発の対象でした。

また、アメリカとの関係が悪化していたことも懸念されました。

そこで、お雪の名前を暗号化して奉納したとされています。

詳しくみる ⇒参照元: アメリカの大富豪が惚れた「モルガンお雪」とは?玉の輿にのった...

牧野省三とお雪の身請け騒動

'牧野省三と芸妓お雪の身請けに関する、牧野省三の初期の反応はどのようなものだったか?

冗談めかし、高額を提示

牧野省三は芸妓お雪から身請けの相談を受け、最初は冗談めかして「4、5万円くらい吹いてみい」と高額を提示した。

この金額はセンセーショナルに新聞で報じられ、牧野省三はお雪と別れざるを得なくなった。

牧野省三はこの切ない恋物語を「モルガンお雪」として舞台で上演し、大ヒットさせている。

詳しくみる ⇒参照元: モルガンお雪