Academic Box Logo

キングダム最強の将軍!? 王翦(おうせん)の史実や活躍、軍の強さを徹底解説!

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、キングダム最強の将軍と名高い王翦(おうせん)についてご紹介します。史実や活躍、その軍の強さについて詳しく解説していきます。

王翦と王賁の父子関係:厳しさゆえの冷たさ

王翦はなぜ息子である王賁に冷たく接している?

厳しさ故

『キングダム』に登場する王翦は、息子である王賁に対して厳しく、冷たい態度を取っています。

これは、王翦が王賁に厳しく接することで、より優れた将軍へと成長させようとしているためです。

また、王翦は自分の経験から、戦場で甘さが命取りになることを知っており、王賁に対しても同じように厳しい態度で接しています。

さらに、王翦は王賁の能力を高く評価しており、だからこそ、より高いレベルを目指して厳しく接しているのです。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)と息子・王賁の関係は?態度が冷...

王翦の最期

王翦の最期はどのように予想される?

戦略的敗北

キングダムに登場する王翦は、合理性を重視した知略型の将軍として描かれています。

彼の最期については、勝てないと判断した戦には参加しないという性格から、戦略的に敗北する可能性が予想されています。

王翦は無駄を排除し、合理的な戦略を練るため、勝てないと判断した戦に身を置くことはないと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)将軍の史実と死亡まで徹底解説!...

王翦の趙平定と李牧

趙の平定で王翦を苦しめた人物は誰ですか?

李牧

王翦は趙の平定で9城を落としたが、李牧の反撃で領土を奪還され、桓騎も討たれた。

李牧は秦の計略で処刑されたが、趙王は李牧の反乱を恐れ、この処刑を正当化した。

この処刑が王翦の性格を物語っており、疑心暗鬼に陥った趙王の不安定な心情を反映している。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)将軍の史実と死亡まで徹底解説!...

キングダムの武将、王翦

秦国の統一に貢献した人物は?

王翦

キングダムに登場する王翦は、秦の中華統一に貢献した実在の人物で、作中に登場する息子・王賁も史実の人物です。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)と息子・王賁の関係は?態度が冷...

燕の秦への敗因

燕が秦に敗北した要因として挙げられるのは?

野戦を選択したこと

秦が燕を攻略した際、燕は野戦を選択したことが敗因となった。

移動距離が長く兵站が困難なため、燕は籠城戦を採るべきだった。

秦は燕をわずか2年足らずで平定し、その迅速さは趙攻略の8年とは対照的だった。

燕には李牧のような名将も不在で、国力も低かったことが影響したと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)将軍の史実と死亡まで徹底解説!...

歴史漫画「キングダム」

この漫画の初版100万部を突破した巻は?

60巻

キングダムは中国春秋戦国時代を舞台にした歴史漫画で、2006年から連載されている人気作。

作者は原泰久で、手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞している。

コミックスは69巻まで刊行されており、累計発行部数は9900万部を超える。

アニメは第4期まで制作され、2019年には映画も公開された。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)と息子・王賁の関係は?態度が冷...

王翦:秦の六将に匹敵する副将

秦の六将に匹敵するとされる、桓騎と共に初登場した副将は誰ですか?

王翦

王翦は、19巻で蒙驁の副将として桓騎と共に登場した、秦の六将に匹敵する歴戦の猛将です。

冷静沈着で戦略的な戦法を駆使し、兵糧攻めや伏兵を巧みに用います。

秦の怪鳥・王騎とは親戚関係にあり、息子に王賁がいますが、一般的な親子関係ではありません。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)将軍の史実と死亡まで徹底解説!...

王翦の楚攻略

王翦の楚攻略の際、秦軍の総数はいくつでしたか?

60万

燕攻略後に引退していた王翦は、李信と蒙恬の楚攻略失敗を受け、再び秦軍の指揮を執りました。

王翦は60万の大軍を率いて楚攻略に臨み、土地の欲しさに戦争をしていると思わせるために、始皇帝から謀反の疑いをかけられないように、楚攻略成功後に土地を要求し続けました。

王翦は砦を築いて防戦一方の戦いを演じ、楚軍が退却を始めたところを攻撃して楚軍を壊滅させ、翌年に楚を滅ぼしました。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)将軍の史実と死亡まで徹底解説!...

王翦の戦術

王翦はどのように鄴を陥落させたのか?

精鋭部隊を残し、他の兵を帰還させた。

紀元前236年、王翦は趙の鄴を陥落させるため、桓騎と楊端和と協力して趙の9つの城を陥落させた。

その後、王翦は一人で閼与を落とし、戦いの最中に部隊を再編制し、精鋭部隊だけを残して他の兵を秦に帰還させた。

精鋭部隊のみで趙の難攻不落の鄴を陥落することに成功した。

紀元前229年、王翦は楊端和と羌瘣とともに再び趙に攻め込み、井陘を落とし、趙の郭開を買収して李牧と司馬尚を謀反の疑いで幽繆王から排除させることで、趙軍の指揮系統を混乱させ、趙に勝利した。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)の史実での活躍と最後を紹介

趙の滅亡と燕・代連合軍との戦い

燕と代の連合軍を率いたのは誰か?

公子嘉

趙の滅亡後、王の血脈である公子嘉は代に逃れ、代を建国。

燕と同盟を結び、秦軍に抵抗した。

秦軍は王翦と辛勝が燕と代の連合軍を易水で破った。

詳しくみる ⇒参照元: 【キングダム】王翦(おうせん)の史実での活躍と最後を紹介