Academic Box Logo

藤田まことと鮎川いずみ:必殺仕事人から現在まで。事故の真相と引退後の関係

ライターのYUKOです。藤田まことと鮎川いずみの関係について調べてみました。

藤田まことの主水像

藤田まことによる中村主水役はどのような評価を受けたのか?

当初は反対意見があった

藤田まことの『必殺仕事人』での中村主水役は、当初コメディ俳優としてのイメージが強かったことから反対意見があったが、プロデューサーの意向で決定した。

藤田自身も、コメディとシリアスな演技を両立できるようになったのは放送開始から2年ほど経ってからだったと語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

東山紀之、最後のテレビ出演作に『必殺仕事人』を選ぶ

東山紀之の『必殺仕事人』主演のきっかけとなった人物は?

藤田まこと

東山紀之は2007年に復活した『必殺仕事人』で渡辺小五郎役を務め、2023年内の引退を機に最後のテレビ出演作品に同作を選んだ。

この作品は50周年を迎えており、東山が主演を務めてからは15周年となる。

東山は藤田まことが演じた中村主水とは異なる渡辺小五郎を演じており、若い世代にその仕事ぶりを継承する決意を語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

必殺仕事人1980年代:アイドル歌手が演じた仕事人

「必殺仕事人」シリーズで、アイドル歌手として活躍していた仕事人は誰?

ひかる一平

「必殺仕事人」シリーズの1980年代作品には、藤田まことや三田村邦彦らメインキャストが継続出演し、何でも屋の加代役を鮎川いずみが務めました。

この期間に登場した仕事人の1人である西順之助(通称・坊や)を演じたのは、アイドル歌手のひかる一平です。

彼は、三味線屋の勇次を演じた中条きよし、元締のおりくを演じた山田五十鈴とともに、シリーズを盛り上げました。

加代は密偵として活躍し、依頼を主水に伝え、時には主題歌も歌いました。

ひかる一平は、アイドル歌手としてのイメージを活かし、お坊ちゃん役を魅力的に演じました。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

必殺仕事人の初代主演俳優

「必殺仕事人」シリーズで亡くなった初代主演俳優は誰ですか?

藤田まこと

「必殺仕事人」シリーズの初代主演俳優である藤田まことは、2010年に76歳で亡くなりました。

しかし、亡くなった後も回想シーンや過去の出演シーンの合成により、シリーズに出演し続けています。

2018年の作品では、かつての出演シーンがまるで新たに撮影したように合成され、視聴者に感動を与えました。

藤田まことは、亡くなってもなお「必殺仕事人」シリーズの主役として愛され続けています。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

鮎川いずみの引退理由

鮎川いずみさんが芸能界を引退したのはなぜですか?

自身の才能の限界

芸能界で仕事をしていた鮎川いずみさんは、事故で3ヶ月入院しました。

復帰せずに引退したため、事故が原因と推測されていましたが、本人の話によると、自分の才能の限界を感じて引退を決意したそうです。

事故とは関係なく、芸能界に不向きと判断したことが引退の理由でした。

詳しくみる ⇒参照元: 鮎川いずみの今現在は?事故が原因で引退?藤田まことの関係は?

鮎川いずみと藤田まことの関係性

鮎川いずみ演じる「加代」という役に対して、藤田まことはどのように評価したか?

「独特な役を作り出した」

鮎川いずみは、役柄である「加代」を独自の解釈で作り上げ、その演技を藤田まことが高く評価しました。

鮎川と藤田の関係については、噂レベルでは不倫や半同棲が囁かれていたものの、実際には良好だったとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 鮎川いずみの今現在は?事故が原因で引退?藤田まことの関係は?

必殺仕事人シリーズのキャスト

鍛冶屋の政を演じていた俳優は?

村上弘明

1990年代の『必殺仕事人』シリーズは高い人気を誇り、鍛冶屋の政として村上弘明が出演。

花屋を営んでいたが後に鍛冶屋に転職し、『必殺仕事人Ⅴ』のシリーズ4作品に出演した。

また、浪士隊長の長・清河八郎は実在の人物で、ドラマ内の動きも史実と概ね合致している。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

復活した『必殺仕事人』のキャスト

密偵の役割をする仕事人といえば?

経師屋の涼次

2007年に復活した『必殺仕事人』では、キャストが一新。

松岡昌宏が演じる経師屋の涼次は、かつて伊賀の忍者で密偵の役割を担っていた。

大倉忠義が演じるからくり屋の源太は純粋で穏やかな性格で、殺すことに迷いを持つ。

和久井映見が演じる花御殿のお菊は、元締のような働きをする。

流しの仕事人・玉櫛を演じた水川あさみは『必殺仕事人2009スペシャル』で殉職。

かつて中村主水を演じた藤田まことは、復活した『必殺仕事人2009』の新春スペシャルに中村主水役で出演した。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

2010年代の「必殺仕事人」キャスト紹介

2010年代の「必殺仕事人」で隆生を演じたのは誰?

知念侑李

「必殺仕事人」2010年代のメンバーとして、からくり屋の源太に似た仕事人に向かない性格の隆生を演じたのは知念侑李。

本町奉行所の与力・増村倫太郎を演じた生瀬勝久は長いものに巻かれるタイプの管理職。

渡辺小五郎の妻・ふくを演じる中越典子は渡辺家発展に意欲的だが小五郎からは嫌われている。

ふくとこうの関係では小五郎は妻と義母には頭が上がらない。

詳しくみる ⇒参照元: 『必殺仕事人』の歴代キャストを紹介!初代から最新まで亡くなっ...

必殺シリーズでの鮎川いずみさんの活躍と過密スケジュール

必殺シリーズの過密スケジュールの中で、鮎川いずみさんがどのような仕事をしていたか?

舞台、映画

鮎川いずみさんは必殺シリーズに出演していた当時、舞台や映画の仕事もこなしており、多忙な日々を過ごしていました。

また、同シリーズの主題歌『女は海』の編曲プロデュース、作詞、作曲を担当したのは京本政樹さんです。

詳しくみる ⇒参照元: 鮎川いずみの現在は? 『女は海』の歌詞は京本政樹が担当してい...