Academic Box Logo

軽井沢在住の作家たち:自然と文化が育む創作の軌跡

ライターのAnnaです。軽井沢在住の作家たちについての興味深い情報を共有したいと思います。

軽井沢の発見と避暑地化

日本の避暑地として軽井沢が発見されたのはいつですか?

1886年

カナダ人宣教師のA.C.ショーと友人のディクソンが1886年に軽井沢を訪れたのが、この地が避暑地として発見されたきっかけである。

その後、森鷗外、正岡子規、徳冨蘆花、尾崎紅葉、小島烏水ら著名な文人たちが軽井沢を舞台にした作品を発表し、避暑地としての名声を高めていった。

また、1893年には碓氷線アプト式鉄道が完成し、軽井沢へのアクセスが向上した。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢の文学

軽井沢に魅せられた文豪たち

かつて軽井沢に滞在した、有名な文豪は誰ですか?

田山花袋

明治以降、軽井沢は多くの文豪に愛された避暑地として知られています。

明治37年に田山花袋が「雪の信濃」を発表して以来、志賀直哉、里見弴、幸田露伴、夏目漱石、有島武郎、若山牧水、室生犀星、正宗白鳥などが軽井沢を訪れ、作品を発表しています。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢の文学

文豪ゆかりの地・軽井沢

かつて星野温泉で開かれた講習会に、どんな著名人が講師として参加した?

山本鼎、北原白秋、島崎藤村、鈴木三重吉

大正10年から13年にかけて、星野温泉と軽井沢で多くの文人が滞在や講習会に参加した。

大正10年の星野温泉での講習会には、山本鼎、北原白秋、島崎藤村、鈴木三重吉が講師として参加し、北原白秋は「落葉松」を発表した。

翌大正11年には与謝野寛・晶子夫妻や内村鑑三が星野温泉に滞在した。

大正12年には堀辰雄と室生犀星が軽井沢を訪れ、有島武郎が三笠の別荘で情死した。

大正13年には芥川龍之介、室生犀星、堀辰雄らがつるや旅館に滞在し、芥川は「軽井沢日記」、室生は「碓氷山上之月」を発表した。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢の文学

軽井沢文学の歴史

大正14年以降に軽井沢を訪れ、作品を発表した作家の中で、「ルウベンスの偽画」を発表したのは誰?

堀辰雄

大正14年(1925)には芥川龍之介、室生犀星、堀辰雄らが軽井沢を訪れ、芥川龍之介は「越びと」を発表しています。

昭和2年(1927)には堀辰雄が「ルウベンスの偽画」を発表し、志賀直哉が「沓掛にて」を発表しています。

昭和3年(1928)には長谷川伸が「沓掛時次郎」を発表し、昭和4年(1929)には田中冬二が「軽井沢の氷菓子」を発表しています。

昭和5年(1930)には阿部知二が「山のホテルで」を発表し、横光利一が「寝園」を連載しています。

昭和6年(1931)には岸田國士が「浅間山」を発表し、川端康成と菊池寛が軽井沢を訪れています。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢の文学

文豪と軽井沢

室生犀星は軽井沢で毎年どれくらいの期間を過ごしていたか

2ヶ月

作家・室生犀星は1931年に軽井沢に別荘を建築し、毎年2ヶ月間滞在していた。

軽井沢を舞台にした作品には「杏っ子」「聖処女」「木漏日」などがある。

また、芥川龍之介も軽井沢を舞台にした作品「軽井沢で」を残している。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢にゆかりのある文豪たち

軽井沢と堀辰雄

堀辰雄の代表作「風立ちぬ」の完成地は?

川端康成別荘

堀辰雄は19歳で軽井沢を訪れ、以来頻繁に滞在し、軽井沢を舞台にした作品を数多く残した。

代表作「風立ちぬ」は1937年冬に川端康成の別荘で完成させた。

スタジオジブリのアニメ映画「風立ちぬ」は、堀辰雄の小説をベースに、堀越二郎の生涯と堀辰雄の悲恋を組み合わせた物語となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢にゆかりのある文豪たち

軽井沢愛好の文豪

日本文学界で軽井沢を愛した2人の文豪は誰?

川端康成、遠藤周作

文豪・川端康成は軽井沢で「牧歌」「高原」「秋風高原」などの小説を執筆し、遠藤周作は軽井沢の別荘で「沈黙」や戯曲「薔薇の館」を執筆した。

川端は1937年に別荘を新築し、遠藤は1968年以降に千ヶ滝に別荘を建てて執筆活動を行なった。

詳しくみる ⇒参照元: 軽井沢にゆかりのある文豪たち

軽井沢タリアセンの歴史

軽井沢タリアセンは、もとはどのような建物だったのか?

駅舎

軽井沢タリアセンは、1950年代に建てられた軽井沢の代表的なホテルでしたが、1973年に破綻。

1980年代半ばに再開しました。

また、1880年代に建てられた旧軽井沢の駅舎も1995年に移築され、レストランとして使われています。

その後、1999年に「軽井沢タリアセン」として再生し、6つの工房とミュージアムを併設。

2001年には旧軽井沢駅舎がカフェとして再開されました。

詳しくみる ⇒参照元: 作家の読書道:第3回 藤田 宜永さん

軽井沢の観光スポット

軽井沢で唯一の美術館の名前は?

軽井沢美術館

軽井沢は、夏目漱石が滞在したことでも知られる避暑地です。

軽井沢には、夏目漱石文学館や軽井沢美術館などの文化施設や、アウトレットモール、浅間山を背景にした美しい景観を楽しめる観光スポットがあります。

また、軽井沢ではハイキングコースや特産品が買える市場もあり、自然や地元の文化を楽しむことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 作家の読書道:第3回 藤田 宜永さん

軽井沢の美術館

軽井沢で唯一の美術館の名前を教えてください

軽井沢千住博美術館

軽井沢は、自然を満喫できる公園や、歴史ある温泉街、スキー場、ゴルフ場など、さまざまな観光スポットが充実しています。

その中でも、軽井沢千住博美術館は、絵画や彫刻を中心に展示する美術館です。

企画展も行われており、軽井沢の文化的な魅力を味わうことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 作家の読書道:第3回 藤田 宜永さん