Academic Box Logo

復讐に燃える皇后の物語!小説「政略婚皇后は復讐の毒に咲く」の魅力を徹底解説

こんにちは、ライターのMariaです。復讐に燃える皇后の物語に興味がありますか。小説「政略婚皇后は復讐の毒に咲く」の魅力をご紹介します。

毒の魔力の姫の復讐

冷徹無慈悲と噂される皇帝ノアムの態度とは?

冷遇

ユアレバンナ王国の王族から忌み嫌われて育ったアメリアは、毒の魔力を持つ母を失い、過酷な人生を送っていた。

ある日、北の帝国サウーベルカの皇帝ノアムが妻を探していると聞き、腹違いの兄クレイグは政略結婚を企み、アメリアを送り込む。

しかし、ノアムはアメリアを冷遇し、彼女は祖国への復讐を誓う。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

復讐の毒姫

冷酷無慈悲で有名な皇帝に送り込まれたアメリアの復讐の動機は?

母の仇討ち

ユアレバンナ王国の第二王妃の娘であるアメリアは、毒の魔力を持つ母と共に王族から迫害され、母は兵力増強のために利用されて死亡しました。

アメリアは過酷な人生を生き抜いてきましたが、北の帝国サウーベルカの皇帝ノアムのもとへ政略結婚で送り込まれます。

冷遇されたアメリアは、初めて母の仕打ちの真相を知り、母の仇を打つべく祖国への復讐を誓います。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

毒の魔力の娘の復讐

謎多き北の帝国「サウーベルカ」の皇帝の妻に選ばれたのは誰?

アメリア

「ユアレバンナ王国」の第二の妻の子であるアメリアは、毒の魔力を持ち、王族から忌み嫌われていた。

腹違いの兄・クレイグは、政略結婚のためにアメリアを冷酷無慈悲な皇帝ノアムのもとへ送り込んだ。

アメリアはそこで冷遇を受けながらも、母の仇を討つために祖国への復讐を誓う。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

運命に翻弄される姫君の復讐譚

アメリアが持ち合わせている特別な力は何か

毒の魔力

アメリアはユアレバンナ王国の第二の妻の子として生まれ、特別な力を持つ母と一緒に王族から忌み嫌われていた。

その力は「毒の魔力」で、母はユアレバンナ王国の兵力増強のためにその力を利用されて衰弱し、間もなく亡くなった。

アメリアは母から「どんなことがあっても挫けないで」という言葉を受け、過酷な人生を生き抜いてきた。

ある日、北の帝国「サウーベルカ」の皇帝が妻を探しているという情報が流れ込み、アメリアは政略結婚により皇帝のもとへ送り込まれた。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

毒の魔力を継いだ王女の復讐

アメリアが特別な力を得た理由を教えてください

母の力を受け継いだ。

ユアレバンナ王国の第二王女アメリアは、毒の魔力を操る母の影響で忌み嫌われていた。

母は王国の兵力増強のために利用され、衰弱して亡くなった。

アメリアは過酷な仕打ちを受けながら、母の「挫けない」という言葉で耐え忍んだ。

ある日、サウーベルカ帝国の皇帝ノアムが妻を探していると聞き、腹違いの兄クレイグは政略結婚を企み、アメリアをノアムのもとへ送った。

そこでアメリアは冷遇を受け、母の仕打ちの真相を知って復讐を誓った。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

復讐に燃える王女と冷酷な皇帝

なぜアメリアは母に対する復讐を誓ったのか?

母の仇討ち

アメリアは第二の妻の子として生まれ、特別な力を持つ母と共に忌み嫌われてきた。

母はその力を利用されて衰弱し、亡くなった。

その後、アメリアは過酷な仕打ちを受けながらも母の言葉だけを胸に生きてきた。

北の帝国皇帝の妻を探していると知り、腹違いの兄クレイグは政略結婚を企み、アメリアを皇帝ノアムのもとへ送り込んだ。

そこで冷遇されたアメリアは、国を出た後に母の仕打ちの真相を知り、祖国への復讐を誓った。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

毒の魔力を操る王女の復讐譚

母が持っていた特殊な力は?

毒の魔力

ユアレバンナ王国の第二王女アメリアは、毒の魔力を操る母と共に王族から忌み嫌われていました。

母は王国の兵力増強のためにその力を利用されて衰弱し、後に亡くなりました。

アメリアは、母の「どんなことがあっても挫けないで」という言葉だけを胸に過酷な人生を生き抜いてきました。

ある日、北の帝国サウーベルカの皇帝ノアムが妻を探しているという情報が流れ込み、腹違いの兄クレイグは政略結婚を企み、アメリアをノアムのもとへ送り込みました。

そこで待ち受けていたのは、冷酷無慈悲な皇帝による冷遇でした。

アメリアは国を出て初めて「母に対する仕打の真相」を知り、祖国への復讐を誓います。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 63話「本当の夫婦」【タテヨミ】

復讐の毒に咲く皇后

アメリアが祖国に対して復讐する理由は?

母の仕打ちの真相を知り、毒殺されたことを知るため

冷徹な皇帝ノアムの元へ送り込まれたアメリアは、祖国で亡き母が毒の兵器として殺害されたことを知る。

アメリアは母と同じ毒魔法を習得し、父や帝国民を毒殺したノアムと手を組んで、祖国に復讐を誓う。

詳しくみる ⇒参照元: 繫栄のため亡き母の力を利用した祖国に'毒'を以て復讐を――「...

復讐の炎に燃える王女

皇帝ノアムの妻として送られたアメリアの目的は?

祖国への復讐

ユアレバンナ王国の第二王女アメリアは、毒の魔力を持つ母の力を利用されて衰弱した母が亡くなった後、凄まじい仕打ちを受けていた。

謎多きサウーベルカ帝国の皇帝ノアムのもとに送り込まれたアメリアは、冷遇されながらも母に対する仕打ちの真相を知り、祖国への復讐を誓う。

詳しくみる ⇒参照元: 政略婚皇后は復讐の毒に咲く 43話「因縁のあなた」 【タテヨ...

復讐に燃える王女

アメリアが復讐を決意した理由は何か?

母の仇討ち

ユアレバンナ王国の王女アメリアは、政治の道具として毒を生み出すために利用され、20歳まで毒魔法が使えなかったため「無能」と呼ばれてきました。

しかし、母が亡くなった後、母がユアレバンナ王国の悪行によって殺されたことを知って怒りに燃え、母の仇を打つために祖国への復讐を誓います。

アメリアは、毒の兵器を売り、ユアレバンナ王国に富をもたらしたサウーベルカ帝国皇帝ノアムと結託して、ユアレバンナ王国に報復することを目指します。

詳しくみる ⇒参照元: 繫栄のため亡き母の力を利用した祖国に'毒'を以て復讐を――「...