Academic Box Logo

昭和の板橋極悪物語:伝説の不良グループと激闘の記録

ライターのYUKOです。昭和の板橋極悪物語:伝説の不良グループと激闘の記録についてご紹介します。

伝説の喧嘩師・前田利幸と板橋極悪

当時、前田利幸率いる暴走族は、何人を相手に喧嘩を仕掛けたのか?

約三千人

國士舘高校の生徒である前田利幸率いる「二代目板橋極悪」と「二代目築地極悪」は、関東屈指の暴走族連合軍約三千人を相手に喧嘩を仕掛けた。

彼らは暴走族の数に怯むことなく、先輩の「二渡政彦」初代板橋極悪に憧れ、國士舘高校の看板を背負って戦った。

前田利幸は、乱暴者として名を馳せ、板橋極悪に全てを捧げた。

詳しくみる ⇒参照元: 「板橋極悪‼️dream二渡政彦」

大井ふ頭事件:極悪抗争の火種

抗争で極悪の名が知られるようになったきっかけは?

大井ふ頭事件

極悪は、大井ふ頭でCRS連合1300人と抗争した「大井ふ頭事件」によってその名が都内の不良少年たちに広まりました。

この事件では、極悪80人がCRS連合1300人に突撃し、昭和の喧嘩の規模の大きさを物語っています。

大井ふ頭は当時、暴走族のたまり場であり、CRS連合1300人が集まっていたところに極悪のメンバーが喧嘩を仕掛けたことがきっかけとされています。

CRS連合は、アーリーキャッツ、ルート20、スペクターという老舗で有名な3チームの連合でした。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

極悪の結成メンバー

極悪はどのようなメンバーで構成されていたか

下町の不良少年と国士館高校のメンバー

極悪の結成メンバーは、築地と月島の下町の不良少年たちと、右翼的思想の影響を受けていた国士館高校のメンバーで構成されていた。

また、暴走族が多い地域は、港町の下町や世田谷・杉並などの都市部である傾向がある。

ただし、この傾向がすべての地域に当てはまるわけではない。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

極悪の謎:連合を組まなかった理由

なぜ極悪は連合を組まなかったのでしょうか?

連合を組まなかったため

極悪は他の暴走族とは異なり、町屋極悪、三ノ輪極悪、梅島極悪など、連合を組まず孤高の存在だった。

その理由は不明だが、初代のSさんは「不思議なチーム」と語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

極悪暴走族:不良少年史に影響を与えた暴走族

極悪暴走族のニックネームは何?

走る暴力団

極悪暴走族は「走る暴力団」と呼ばれており、その出現以前と以後では暴走族のスタイルが劇的に変わった。

彼らは特攻服の源流とされ、戦闘服を着用したり、日の丸や菊紋をステッカーに入れたりするなど、漢字文化を流行させた。

極悪の出現はチーム名にも影響を与え、タテ文字文化が主流になった。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

初代極悪と国士館高校

国士館高校の番長を務めていたのは誰?

月島極悪の総長Yさん

初代極悪の四つである築地極悪、月島極悪、板橋極悪のメンバーのうち、月島極悪の総長Yさんと板橋極悪のFさんは国士館高校の番長を務めていました。

取材が行われたのはYさんで、Fさんは名刺交換のみでした。

初代築地・築地極悪のメンバー数人からも話を聞きましたが、記憶が曖昧な部分もあり、不良少年史の取材は難しいとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

極悪初代の取材困難な理由

当時の極悪について、なぜ取材が難しかったのか?

初代への取材がされていなかったため

極悪は昭和の書籍では有名人がインタビューされていたが、初代については取材されていなかった。

また、インターネット上では極悪を騙る人物が約2000年当時に2ちゃんねるなどの掲示板で「俺が極悪の初代だ」などと激論を交わしていた。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

築地極悪のルーツ

築地極悪の結成前に何があった?

喧嘩チームの下地作り

築地極悪は結成前に「歩き部隊」と呼ばれており、銀座を練り歩いて他の不良少年たちに喧嘩を売っていた。

つまり、結成前から喧嘩チームとしての基礎が固まっていたと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 80人vs1300人! 昭和の喧嘩は半端なかった 伝説の武闘...

喧嘩最強伝説の國士舘カリスマ

二渡政彦の現役時代の容姿はどうだったか?

ビットした面構え

二渡政彦はかつて、関東一帯で喧嘩最強と恐れられ、現役時代はいかつい顔つきをしていた。

現在は還暦を迎え、顔つきも穏やかになっているが、威嚇してくる若い3人組を瞬時に倒す実力は健在。

剛柔流空手道場を経営しており、後輩の前田利幸に紺の学ランを譲り受けたことで極悪二代目を認められた。

前田利幸はその後、政界に進出して人脈を築き、不動産デベロッパーとして成功を収めた。

詳しくみる ⇒参照元: 「板橋極悪‼️dream二渡政彦」