Academic Box Logo

池田隆政の子孫たち:備前池田家から現代まで続く家系図

こんにちは、ライターのLauraです。池田隆政の子孫たちについて、備前池田家から現代までの家系図をご紹介します。

池田家と皇室の縁

皇族の方と結婚した池田家の男性は誰?

池田隆政

池田家当主の池田政鈞は1920年に侯爵となり、貴族院議員を務めた。

妻は津軽富喜子で、長男の池田隆政が誕生。

隆政は池田動物園園長などを経て、2006年にイケダペットファームの社長に就任。

2012年に死去した。

隆政は昭和天皇の第四皇女である順宮厚子内親王と結婚している。

詳しくみる ⇒参照元: 池田家(岡山藩主・池田章政・池田隆政の子孫・家系図)

池田綱政の治世と農業政策

池田綱政の藩政における重点は?

農業再建と防災

池田綱政の治世では、父・光政の藩政安定によって、藩政は安定していました。

しかし、大藩化に伴う支出増加により財政難に見舞われていました。

そこで綱政は、津田永忠や服部図書を登用し、財政再建に取り組みました。

綱政は、財政再建には農村再建による新田開発が必要と考え、児島湾の干拓や百間川や倉安川の治水工事を行い、農業政策を成功させ財政を再建しました。

詳しくみる ⇒参照元: 池田綱政

池田綱政の造営事業

綱政が造営したとされる名園はどこ?

後楽園

池田綱政は、池田氏の菩提寺である曹源寺や日本三名園の一つである後楽園を造営しました。

また、備前吉備津宮や三河国の岩屋観音にも多大な寄進を行いました。

宝永4年(1707年)、東海道白須賀宿に宿泊中に観音が夢に現れ、立ち退くようにお告げがあり、急ぎ二川宿へ向かったところ、いわゆる宝永地震が起こり、白須賀宿は大津波に飲み込まれました。

しかし、実際にはこの地震のとき綱政は岡山の後楽園で能に興じており、間一髪、被災をのがれたというわけではありませんでした。

詳しくみる ⇒参照元: 池田綱政

綱政の教養と文化嗜好

綱政は、どのような教養に優れていたか?

和歌と書

綱政は儒学には興味がなかったが、和歌や書など他の教養に優れていた。

また、京文化に憧れており、公家の衣装で葬ってくれるよう遺言した。

父・光政とは異なり、武骨な気風を重んじなかったのは、綱政が戦国を知らない世代だったことも関係している。

詳しくみる ⇒参照元: 池田綱政

池田隆政の家族構成

池田隆政の母方の祖母の名前は?

泉萬喜子

池田隆政は政治家であり、岡山県警本部長経験者である平沢勝栄を支援していた。

池田隆政の父は池田宣政、祖父は池田詮政、曾祖父は池田章政、曾祖母は池田鑑子である。

池田隆政の母方の祖母は泉萬喜子、母方の祖父は久邇宮朝彦親王である。

池田隆政の妻は厚子で、2006年に秋篠宮妃紀子が悠仁親王を出産した際に祝意を述べた。

詳しくみる ⇒参照元: 池田隆政

池田隆政:動物園経営者と役人

この人物が就任していた役職はいくつか挙げよ

動物園園長、協会会長、連合会会長、クラブ会長

岡山藩主の家系出身で学習院高等科を卒業後、池田牧場を経営し、1952年に順宮厚子内親王と結婚した。

1960年に池田動物園の園長に就任し、その後、日本動物園水族館協会会長、全日本卵価安定基金理事長、全国鶏卵販売農業協同組合連合会会長、日本狆クラブ会長などの役職を歴任した。

1971年には、天皇と皇后が池田邸に行幸している。

2012年に肺炎で85歳で亡くなった。

詳しくみる ⇒参照元: 池田隆政

東郷神社の土地提供者

東郷神社の建設に使用された土地は元々は誰の私邸の一部だった?

池田宣政

池田宣政は貴族院議員や日本コリークラブ会長などを務めた人物で、1940年に東郷神社を建設するために私邸の土地を譲渡した。

1947年の日本国憲法施行により華族の身分を失った後も、日本狆クラブ会長などの役職に就いた。

詳しくみる ⇒参照元: 池田宣政 (侯爵)

池田隆政

池田隆政の没年はいつですか?

85歳没

池田隆政は、備前国岡山藩主の家系に生まれ、学習院高等科を卒業後は池田牧場を経営。

1952年に順宮厚子内親王と結婚し、1960年に株式会社池田動物園の園長に就任しました。

日本動物園水族館協会会長や全国鶏卵販売農業協同組合連合会会長などの役職を歴任し、1971年には天皇、皇后が池田邸に行幸しました。

2012年7月21日に肺炎のため岡山県倉敷市内の病院で死去しました。

詳しくみる ⇒参照元: 池田隆政

旧岡山藩主池田侯爵家第16代当主

昭和天皇の娘の夫で、旧岡山藩主の第何代当主だったのか?

第16代

池田隆政は、昭和天皇と香淳皇后の第4皇女・池田厚子(順宮厚子内親王)の夫で、旧岡山藩主池田侯爵家の第16代当主でした。

池田隆政は1926年生まれで、2012年に亡くなりました。

系譜を辿ると、祖父に久邇宮朝彦親王、祖母に泉萬喜子、父に池田宣政、母に池田富貴子がいます。

詳しくみる ⇒参照元: 池田隆政

池田詮政

池田詮政の妻は誰?

安喜子女王

池田詮政は1866年に生まれ、1903年に侯爵位を継承し、1909年に亡くなりました。

妻は安喜子女王で、久邇宮朝彦親王の三女でした。

池田詮政には3人の息子と3人の娘がいて、長男の池田禎政は1909年に侯爵位を継承しました。

池田詮政の娘の一人、池田博子は侯爵細川護立と結婚し、池田温子は子爵六条有直と結婚しました。

詳しくみる ⇒参照元: 池田家(岡山藩主・池田章政・池田隆政の子孫・家系図)