Academic Box Logo

義家族に執着されています:呪いの連鎖!!驚愕の真実と逃れる方法

ライターのYUKINOです。義家族に執着され、悩んでいる方に役立つ情報を集めました。

ペレシャティ、セルフィウスをいじめから守る

ペレシャティはなぜ1年後にはラピリオン家から身を引くつもりなの?

1年後にはラピリオン家から身を引くつもりでいる

回帰者であることを告白したペレシャティは、1年後にはラピリオン家から身を引くつもりだと話します。

この言葉にショックを受けたセルフィウスは、友人として優しくしてくれた彼女がいなくなることに耐えられません。

心配したペレシャティは、アカデミーで彼がいじめられている様子を目撃し、保護者を呼び出して彼を守ろうとします。

セルフィウスを本気で守るペレシャティの姿に、周囲の人々は感動します。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『義家族に執着されています』最新話まで全話ネタバレあらす...

セルフィウスの怒り

テルデオがペレシャティに何をしたことがセルフィウスを激怒させたか?

血を与えた

セルフィウスは、ペレシャティを大公家に留めるため、テルデオとペレシャティの結婚を望んでいた。

しかし、テルデオが実験のためにペレシャティに二度も血を与えたことを知り、セルフィウスは激怒する。

この行為は許されるものではなく、離婚を防ぐことはできないと考えるようになる。

セルフィウスはテルデオに対する怒りを募らせる。

ペレシャティとテルデオの結婚はセルフィウスの思惑通りには進まず、セルフィウスは手段を講じることを決意する。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「義家族に執着されています」54話の翻訳あらすじと感想!...

驚くべき真実

セルフィウスがとんでもない事実を知ったとは?

ペレシャティが皇室行政官の娘だった

セルフィウスを助けた亜麻色の髪の少年は、皇室行政官の息子で、少年のおかげでテルデオの嘘が明らかになった。

セルフィウスはペレシャティを大切にし、ある事実を知って驚愕した。

ペレシャティもセルフィウスの表情に驚いているが、テルデオの反応は不明である。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「義家族に執着されています」54話の翻訳あらすじと感想!...

テルデオの隠された行動

テルデオはペレシャティに対してどのような行為を行っていた?

血を飲ませていた

セルフィウスをいじめる生徒の保護者と話し合おうとしたペレシャティだが、テルデオが激昂して詰め寄り、怒りを露わにした。

この姿を見たセルフィウスは、テルデオへの信頼を深める。

しかし、テルデオが実験のため、何度もペレシャティに自分の血を飲ませていたことが発覚し、彼らの関係は再び悪化。

一方、ラピリオン家の血を購入した人間のリストにリリアンの名前を見つけたペレシャティは動揺するが、テルデオの励ましで共に戦う決意を固める。

その後、リリアンの罪を問う裁判が始まり、テルデオはペレシャティを本気で家族のように思っていることが明らかになる。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『義家族に執着されています』最新話まで全話ネタバレあらす...

裁判の行方とテルデオの秘密

テルデオが結婚しない理由は何ですか?

女性恐怖症

裁判に勝訴したペレシャティは落ち込んでいたが、セルフィウスの優しさで元気を取り戻し、レベッカの弾丸旅行でさらに元気になった。

一方、ラピリオン邸ではテルデオが発作に苦しんでいた。

ペレシャティはテルデオの体質と女性恐怖症について聞き、かつて婚約者とひどい経験をしたのではないかと推測した。

テルデオが目を覚ました後、ペレシャティは率直な想いを伝え、テルデオが結婚しない理由が女性恐怖症にあることを知った。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『義家族に執着されています』最新話まで全話ネタバレあらす...

大公の真意

大公がセルフィウスに特別な感情を抱いていたことがわかったきっかけは?

皇室行政官室への訪問

少年との会話で、大公が皇室行政官室を毎日訪れていたことを知り、閣下はセルフィウスを大切に思っていたことを思い出した。

それ以来、テルデオも出迎えるようになり、セルフィウスと会話しようとした。

不便ではあるものの嫌な気持ちではなく、閣下を信頼できるのではないかと考えるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「義家族に執着されています」54話の翻訳あらすじと感想!...

運命を覆す婚約

ペレシャティの死は、テルデオに関係ある?

気になる

婚約者家族に殺されたペレシャティは、2ヶ月前に戻りテルデオ大公と結婚して身を守ろうとします。

大公の血液には口にした者を殺す呪いがあり、ペレシャティはそれを飲んで前世の死の感覚を思い出します。

前世でペレシャティが死んだのは、テルデオの血が関係しているのではないかと彼女は疑っています。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『義家族に執着されています』最新話まで全話ネタバレあらす...

ラピリオン家の秘密と回帰者

回帰者はアイレットとペレシャティ以外にもいる?

不明

ラピリオン邸でかくまわれていたアイレットは、ペレシャティと同じく回帰者であることが判明しました。

ペレシャティはアイレットと自身の秘密をラピリオン家の面々に打ち明けましたが、彼らの反応は不明のままです。

記事には、他の回帰者の存在については言及されていません。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『義家族に執着されています』最新話まで全話ネタバレあらす...

イジメ事件の背景

セルフィウスとロレンバ男爵の子供を結んでいた関係は?

平等に接する友人

トレレン伯爵令息の勘違いから起きたイジメ事件。

きっかけは、トレレン伯爵家の情報管理の不備で、伯爵令息は他家の家庭事情を知っていた。

セルフィウスはイジメを断ったが、テルデオに認められず、ロレンバ男爵の子供はセルフィウスに親近感を抱いていた。

権力のある家門のため、イジメに加担したが、セルフィウスの思いやりを忘れることはなかった。

セルフィウスの表情が、彼らの関係性を物語っている。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「義家族に執着されています」54話の翻訳あらすじと感想!...

ペレシャティの危機とテルデオの誓い

ペレシャティが祭典中に誘拐された時、彼女を救出したのは誰?

テルデオ

ペレシャティは、元婚約者のシーフに誘拐され、危ないところをテルデオに救出されました。

テルデオはペレシャティに「必ず君を護る」と誓い、彼女の心強い味方となりました。

また、ペレシャティがラピリオン家の血が流出しているのではと疑念を抱くきっかけとなった出来事も起きました。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画『義家族に執着されています』最新話まで全話ネタバレあらす...