Academic Box Logo

浜崎あゆみ全盛期はいつ!!人気絶頂期の曲やアルバム売上を徹底解説!!

ライターのYUKOです。浜崎あゆみの全盛期について徹底解説します。

浜崎あゆみの2000年全盛期

2000年当時、浜崎あゆみの最も勢いのあった時期を示す出来事は?

3ヶ月連続シングルリリース

2000年は浜崎あゆみにとって絶頂期であり、「vogue」「Faraway」「SEASONS」の3ヶ月連続シングルリリースがその全盛期を象徴する出来事でした。

特に「SEASONS」はミリオンセラーを記録する大ヒットとなり、浜崎あゆみの勢いを決定づけました。

この頃、浜崎あゆみは「女子高生のカリスマ」として絶大な人気を誇り、ギャルのファッションや美意識に大きな影響を与えました。

コーセー「VISÉE」の広告にも起用され、彼女が使用したグロスは売り切れが続出するほどでした。

詳しくみる ⇒参照元: 浜崎あゆみの全盛期はいつ?人気の曲やアルバムや売上も紹介!

浜崎あゆみの2001年躍進

浜崎あゆみの2001年のアルバム売上は?

400万枚以上、ダブルミリオン

2001年、浜崎あゆみの初のベストアルバム「ABEST」は400万枚以上を記録し、4thアルバム「Iam..」はダブルミリオンを達成しました。

この年のシングル曲はミリオンセラーはありませんでしたが、「evolution」は95.5万枚と惜しくも届きませんでした。

エイベックス社の売上高・利益の4割は浜崎あゆみによって稼がれたとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 浜崎あゆみの全盛期はいつ?人気の曲やアルバムや売上も紹介!

浜崎あゆみの輝かしい音楽キャリア

記録的なヒット曲の数々と連続首位獲得記録を誇る歌手は?

浜崎あゆみ

浜崎あゆみは、1998年にデビュー以来、数々の記録を打ち立ててきた歌手です。

シングル総売上はソロアーティスト史上初の2000万枚を突破し、オリコン・シングル・チャートでは女性アーティストとして前人未到の25作連続首位という記録を樹立。

さらに、日本レコード大賞を3年連続で受賞するなど、J-POPシーンの歴史に残る数々の名盤をリリースしています。

また、2017年には史上最多となる60公演ものロングツアーを実施し、2018年にはデビュー20周年を記念するアリーナツアーを開催しました。

2019年には、DAM平成カラオケランキングで平成で最も歌われたランキングにて1位を獲得しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【画像あり】浜崎あゆみの経歴書 全盛期から現在まとめ

浜崎あゆみ 人気低迷の謎

全盛期を過ぎてもなお絶大な人気を誇った浜崎あゆみさんが、それでも売上が減少した理由は?

CD不況

浜崎あゆみは2002年以降も高い人気を維持していましたが、CDの売上は減少していました。

これはCD不況の影響であり、浜崎あゆみだけに限ったことではありませんでした。

また、テレビ番組の終了によりメディア露出が減ったことも売上に影響した可能性があります。

しかし、浜崎あゆみは6thアルバム「MYSTORY」までミリオンセラーを記録し、日本の女性ソロアーティストとして歴代1位のCD総売上枚数5000万枚以上を誇っています。

詳しくみる ⇒参照元: 浜崎あゆみの全盛期はいつ?人気の曲やアルバムや売上も紹介!

浜崎あゆみの音楽活動の歩み

浜崎あゆみの歌手デビューは何年?

1998年

浜崎あゆみは1998年に歌手デビューし、怒涛のCDラッシュと大ブレイクを果たしました。

2001年から2003年にかけてはアルバム「ABEST」を発売し、レコード大賞を3連覇。

2004年から2006年にかけてはエイベックスお家騒動の影響で歌手業に専念しました。

2007年から2009年にはアルバム「ABEST2」を発売し、歌手デビュー10周年を迎えました。

2010年から2012年には50thシングルをリリースし、2013年から2015年にかけては歌手デビュー15周年を迎えました。

詳しくみる ⇒参照元: 浜崎あゆみ

浜崎あゆみの音楽性

浜崎あゆみの作詞の特徴は何?

哲学的

浜崎あゆみは、自身の楽曲の作詞を全て手掛けており、その歌詞は哲学的で人々の心を救う影響力があったと評されています。

彼女の歌詞は、幅広い音域で歌いこなせる倍音を含んだ声質やDTMとの相性の良さを活かし、さまざまなジャンルの楽曲に表現されています。

浜崎あゆみは、楽曲やビジュアルアートに至るまで、細部にわたって自ら確認し、演出しています。

詳しくみる ⇒参照元: 浜崎あゆみ

浜崎あゆみの歌手デビューへの道のり

デビュー前の浜崎あゆみの夢は何か?

歌手

浜崎あゆみは、1995年に六本木のクラブでエイベックスの松浦勝人と出会い、歌手になりたいという夢を打ち明けました。

その後、サンミュージックとの契約が切れたことをきっかけに、エイベックスから歌手デビューへの準備が始まり、3か月間のニューヨーク留学を経て1997年にソロ歌手として再デビューを果たしました。

詳しくみる ⇒参照元: 浜崎あゆみ