Academic Box Logo

溝下秀男とは何者なのか?元マル暴刑事が語る、工藤会「J」の真実

ライターのLauraです。溝下秀男氏について書きます。溝下氏は元マル暴刑事であり、工藤会「J」の真実を語っています。

溝下秀男:三代目工藤會初代会長

三代目工藤會の初代会長は誰ですか?

溝下秀男

溝下秀男は三代目工藤會初代会長を務めました。

その後、工藤會四代目を野村悟に禅譲し、名誉顧問に就任しました。

溝下秀男は2008年7月1日に61歳で死去しています。

詳しくみる ⇒参照元: 溝下秀男

北九州ヤクザの統合

溝下氏のカリスマ性に屈服したヤクザ組織は何?

工藤会

北九州で「工藤連合草野一家」を結成する以前、工藤会は溝下氏の殺害を計画していたが、溝下氏のカリスマ性に屈服し、統合に至った。

この統合により、北九州のヤクザ勢力は一つにまとめられた。

詳しくみる ⇒参照元: 元マル暴刑事が語る「工藤会」暗黒の歴史 野村被告も心酔したヤ...

溝下秀男と工藤連合草野一家の統合

旧工藤会と草野一家が統合してできた組織は何?

工藤連合草野一家

旧工藤会と草野一家は1987年に統合し、「工藤連合草野一家」が結成された。

この統合は、工藤会が草野一家を吸収する形で実現した。

溝下秀男は工藤連合草野一家のカリスマ的なリーダーで、組織の統合後もその影響力は強く、旧工藤会の構成員からも完全に抵抗できないほどだったという。

詳しくみる ⇒参照元: 工藤会トップ死刑判決から1年(3)-1 元'マル暴'刑事が見...

溝下と野村の盃兄弟関係

当時「三代目田中組」組長だった野村悟被告と溝下氏は、どのような関係になったのか?

親子の盃を交わした

1990年、溝下氏は「工藤連合草野一家」の二代目総長に就任。

その際、野村悟が組織ナンバー2となり、親子盃を交わしました。

野村は元々は「三代目田中組」の組長でしたが、溝下を慕い、溝下が田中新太郎を殺害した事実も「理解した」として親子盃を受けたとされています。

溝下はその後、野村を厚く信頼し、組織の実権を委任していきました。

1999年には「工藤連合草野一家」は「工藤会」に改称され、溝下が三代目会長に就任。

溝下は捜査員に「北九州のことは全て野村に任せている」と述べています。

詳しくみる ⇒参照元: 工藤会トップ死刑判決から1年(3)-1 元'マル暴'刑事が見...

北九州戦争の勃発

北九州戦争のきっかけとなった事件は?

極政会会長襲撃事件

1979年、小倉で工藤会と草野一家が対立関係にあり、草野一家傘下の極政会会長が工藤会系田中組から襲撃されたことが北九州戦争のきっかけとなった。

その後、田中組組長が極政会によって射殺され、抗争が激化した。

詳しくみる ⇒参照元: 工藤会トップ死刑判決から1年(3)-1 元'マル暴'刑事が見...

溝下秀男と極政会

溝下秀男が組の名称を変更したきっかけは?

草野一家の舎弟になったため

溝下秀男は1965年に本格的に部屋住みで修行を始め、1970年に大長健一が死亡した後に溝下組を結成しました。

1978年に草野一家田川支部長・天野義孝と盃を交わして草野一家に加入し、1979年には草野高明の舎弟となり、組織名称を溝下組から極政会に変更しました。

溝下秀男は草野一家の勢力拡大の原動力となり、のちに草野一家若頭となりました。

山道抗争では和平工作に奔走し、抗争終結の功労者と言われています。

1987年には草野一家と工藤会が再統合し、工藤連合草野一家が誕生しました。

詳しくみる ⇒参照元: 溝下秀男

工藤会序列と脱退事件

工藤会内部における序列はどうなっていたか?

野村が総裁、田上が会長、菊地が理事長

2011年、工藤会は田中組出身者が要職を占める体制となった。

総裁の野村被告の下、会長に田上不美夫被告、理事長に菊地敬吾被告が就いた。

この独裁的な体制の中で、元警察官の男性が工藤会脱退を考えるきっかけとなる銃撃事件が発生した。

詳しくみる ⇒参照元: 裁かれる'最凶'工藤会2トップ(1)「一般市民にむちゃくちゃ...

工藤会による元警部銃撃事件とその影響

工藤会による元警部銃撃事件を受けて、警察庁がとった異例の態勢とは?

機動隊員など約400人を北九州に招集

工藤会による元警部銃撃事件を受け、警察庁は全国の警察から機動隊員など約400人を北九州に招集した。

この異例の態勢は、警察組織に牙をむいた工藤会に対しての強硬姿勢を示すものであり、元工藤会組員は「国が本気になったら潰される」と語っている。

その後も工藤会の暴走は続き、女性が自宅前で刃物で顔を切りつけられる事件も発生している。

詳しくみる ⇒参照元: 裁かれる'最凶'工藤会2トップ(1)「一般市民にむちゃくちゃ...

幼少期の貧困と多趣味な組長

極貧の幼少期に、大切に保管しているものとは?

ハーモニカ

幼少期を極貧で過ごした人物は、小学生の頃から炭鉱で石炭を集め、妹の面倒を見ていた。

その際、妹に購入したハーモニカを現在でも大切に保管しているという。

人物は、暴力団組長としてだけでなく、作家として「極道一番搾り」などの著作を執筆した。

多趣味で、ペットの飼育、パソコン、執筆、写真、登山、楽器演奏、マリンジェット、ウォーキング、オフロードなどを好んだ。

詳しくみる ⇒参照元: 溝下秀男

工藤会の凶悪化

工藤会組員の平均月収はいくらか?

200万円程度

工藤会は、溝下秀男氏が運営から退いた2000年以降に野村悟被告が実権を握ってから凶悪化し、2003年には暴力団追放の旗振り役だった男性の経営するクラブに手榴弾を投げ込む事件を起こしました。

元工藤会組員は、この事件について「組織運営のためにはしょうがない」と考えていたそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 裁かれる'最凶'工藤会2トップ(1)「一般市民にむちゃくちゃ...