Academic Box Logo

指差呼称(しさこしょう)とは?読み方・意味・効果をわかりやすく解説!

ライターのAnnaです。指差呼称について、読み方、意味、効果をわかりやすく解説します。

指差呼称の役割

指差呼称とはどのような行為ですか?

人を指して名前を呼ぶ際に、指差して相手を指し示す行為です。

指差呼称は、会話をより明確にするために、特定の人物を識別したり、場所や物を指し示したりするために使用されるコミュニケーション方法です。

特に、会話やグループの中で、目の前にいる他の人にも指し示す意図がある場合に使用されます。

また、具体的な場所や物を指して示す際にも使用され、コミュニケーションにおいて重要な役割を果たしています。

詳しくみる ⇒参照元: 「指差呼称」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説

喚呼応答:鉄道における安全確認システム

喚呼応答とはどのような意味ですか?

指差呼称の効果を高めるための復唱行為

喚呼応答は、作業員の確認行為で、一人が指差喚呼を行い、もう一人がそれを復唱するもので、蒸気機関車乗務員の信号確認行為が起源とされています。

機関助手は機関手の言うことをそのまま復唱するのではなく、自分でも内容を確認してから復唱することが重要です。

明治末年に神戸鉄道管理局でルール化され、戦前には韓国や台湾でも実施されていました。

指差呼称は、炭坑などの危険な職場から広まり、現代でも安全確認システムとして受け継がれています。

詳しくみる ⇒参照元: 指差喚呼

指差喚呼の効果と活用

指差喚呼による確認は、事故の確率をどれくらい低減できる?

6分の1

フェーズ理論では、指差喚呼による確認は意識レベルをフェーズIIIに切り替え、集中力を高める効果がある。

日本の旧国鉄の調査では、指差喚呼による確認は事故の確率を6分の1に低減できることが明らかになった。

現在、鉄道総合技術研究所が研究と啓発を引き継いでおり、指差喚呼による確認は鉄道だけでなく、航空会社、建設業、製造業、電力会社、バス事業などでも広く行われている。

指差喚呼による確認は、単に見て頭の中で確認する場合と比べて誤り率が低く、有効な安全衛生対策として推奨されている。

詳しくみる ⇒参照元: 指差喚呼

指差呼称教育の有効な方法

職場で指差呼称を従業員に教育する効果的な方法は?

看板、指導、動画

指差呼称の教育には、看板で従業員に促す、指導者層に科学的根拠を伝える、動画で動作や声を視覚的に説明するなど、いくつかの効果的な方法があります。

これらの方法により、従業員は指差呼称を実践しやすくなり、安全確認の精度を向上させることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 指差呼称(しさこしょう)とは何か、その効果や教育方法について

船舶における安全な情報伝達

船舶では、安全性を高めるためにどのような手法がとられているか?

視認情報や操作の読み上げ

船舶では、情報伝達の正確性を確保するために、視認情報やこれから行う操作を読み上げる「StandardCallOut」という手法が用いられています。

さらに、操船においては、世界的に統一された「操舵号令」に従って指示を復唱し、操作終了後にも再度復唱します。

日本では、計器類への指差喚呼も併用されることがあります。

これらの手法により、解釈違いや聴き逃しを防ぎ、船舶の安全性を向上させています。

詳しくみる ⇒参照元: 指差喚呼

指差し呼称:安全確認のための指さし確認

作業対象を指で差して声に出して確認する行為を何と言うか?

指差し呼称

指差し呼称とは、安全確認などの目的で信号・標識・計器などの作業対象を指で差す動作を行い、その名称と状態を声に出して確認することである。

この動作は、危険予知活動の一環として行われ、指差し確認、指差し喚呼、英語ではFingercallとも呼ばれる。

状況によっては、手や足も使用される場合がある。

詳しくみる ⇒参照元: 「指差呼称」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞...

指差呼称の活用法

指差呼称を利用すると、どのような場面で役立ちますか?

名前を覚えていない場合や表現が難しい場合

指差呼称は、日本語で他人を指し示す表現方法で、名前を覚えていない時や、表現が難しい場面で便利です。

挨拶、自己紹介、位置の指示など、さまざまな場面で利用できます。

相手の名前を忘れた場合でも、指差しながら話しかけることで、親しみやすさを感じさせることができます。

ただし、状況や関係性に応じて使い分けることが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 「指差呼称」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説

製造業における指差喚呼

指差喚呼は、どのような作業で推奨されているか?

プレス機械作業

製造業において、特に挟まれ災害を防ぐために、指差喚呼が推奨されています。

日常点検や始業前点検では、「モーター停止よし!」「一工程一停止よし!」「安全装置動作よし!」と動作を確認しながら指差し喚呼を行います。

また、金型の取付・取り外し・調整作業では、「金型の締め付けよし!」「芯出しよし!」と金型の取付状態を確認しながら指差し喚呼を行います。

さらに、バルブの操作・調整作業では、「バルブ開よし!」「バルブ閉よし!」とバルブの開閉状態を確認しながら指差し喚呼を行います。

詳しくみる ⇒参照元: 指差喚呼

指差呼称の正しい使い方

直接指し示さない言葉を使った指差呼称はなぜ誤りですか?

具体性が欠けるため

指差呼称では、直接指し示さない言葉の使用が誤りとなります。

具体性が欠け、誰や何を指し示しているのかが明確にならないためです。

たとえば、「彼女」や「それ」といった表現は、話者の言葉であるため、具体的な人物や物を示しません。

正しい指差呼称では、「あの方」や「あれ」など、遠くや近くに位置するものを具体的に指し示す言葉を使用します。

詳しくみる ⇒参照元: 「指差呼称」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説