Academic Box Logo

昭和のスキャンダル...華族の不倫から企業の不正まで、衝撃の闇事件簿

ライターのAnnaです。衝撃的な昭和のスキャンダルを共有します。華族の不倫から企業の不正まで、歴史の闇に潜む事件を紐解きます。

モデル小説のトラブル

小説『女給』で菊池寛をモデルにしたキャラクターがどのように描かれていたか?

肥満体で、美人女給に言い寄るが玉砕するコミカルな存在

「私小説」は自らの経験をもとにした小説だが、「モデル小説」は他人をモデルにするためトラブルを生む可能性がある。

その例が菊池寛をモデルにした小説「女給」で、菊池は肥満体で美人女給に言い寄るコミカルなキャラクターとして描かれた。

これにより菊池は気を悪くした。

詳しくみる ⇒参照元: 「文藝春秋」の創業者が「婦人公論」編集長を殴った'とんでもな...

菊池の沈黙の謎

菊池が怒れなかった理由は?

プライド

菊池のプライドは、自分のコンプレックスを隠したがる性格と、女性にモテる広津に対する嫉妬が原因と考えられる。

菊池の怒りが広津の女性人気に対するコンプレックスからきていることを、共通の友人が指摘している。

詳しくみる ⇒参照元: 「文藝春秋」の創業者が「婦人公論」編集長を殴った'とんでもな...

小島の逮捕と姦通罪

小島の逮捕に繋がった行為は何ですか?

姦通

小島は多くの女性と関係を持ち「色魔」と呼ばれていたが、姦通罪が理由で検挙された。

警視庁の調べで、女性客を紹介したのは徳子という女性だったことが判明した。

徳子は小島の関心を繋ぎ止めるために、友人を姦通相手に斡旋していた。

詳しくみる ⇒参照元: 不良華族事件

吉水薫のチップ攻撃

吉水薫は、相手に好意を示す時にどのような独特なアプローチを取ったのか?

チップ攻撃

菊池寛をモデルとした小説『女給』の登場人物、吉水薫は、女性にアプローチする際、チップ攻撃と呼ばれる独特な手法を使用した。

それは、握手をする際に相手の手に10円札を忍ばせて握らせるというもので、当時の1万円に相当する高額チップだった。

詳しくみる ⇒参照元: 「文藝春秋」の創業者vs「婦人公論」編集長!? カフェ店員へ...

高部知子の不祥事処分

高部知子に対して、萩本欽一はどのような処分を下したか?

破門

高部知子の不祥事発覚後、当初は謹慎処分だったが、元交際相手の少年が自殺したため、遺族への配慮から降板・除名処分となり、萩本欽一から「破門」された。

詳しくみる ⇒参照元: ニャンニャン事件

リクルート汚職事件

汚職事件に関与したとされる政治家の数を教えてください

90人超

1988年、朝日新聞のスクープにより発覚したリクルート事件は、中曽根元首相や竹下首相、安倍幹事長ら90人超の政治家がリクルート株の譲渡を受けていた汚職事件。

事件発覚後、リクルート社が野党議員に賄賂を渡そうとした瞬間を日本テレビが隠し撮りし、事件は大きな衝撃を与えた。

詳しくみる ⇒参照元: 「リクルート事件」とは何だったのか?――平成の企業スキャンダ...

菊池寛の怒りの行動

菊池が怒りのあまりにどのような行動に出た?

編集部に突撃し編集長を殴打

小説『僕の見た彼女』のタイトルが勝手に変更されたことに怒った菊池は、掲載号の発売前日に編集部に突撃し、編集長だった福山秀賢の頭部を殴りつけて怪我を負わせた。

菊池は当初、自身の容貌と非モテに対するコンプレックスを刺激されたことに怒っていたが、後に新聞広告の文章への不満から「名誉毀損」で裁判所に訴えを起こしている。

一方、殴られた福山は報道マンとして、菊池が権力を背景に報道の自由を歪めたと考え、菊池を暴行罪で告訴し、両者は互いに告訴し合う事態となった。

詳しくみる ⇒参照元: 「文藝春秋」の創業者が「婦人公論」編集長を殴った'とんでもな...

吉水と小夜子のデート

吉水が小夜子を誘い込んだ場所の名前は?

待合

小夜子に想いを寄せていた吉水は、デートに誘いながらも品川・大森海岸の待合へ連れて行った。

高級車で到着した待合は、食事のできるラブホテル的な存在で、吉水は小夜子を隣室の布団敷き部屋に誘おうとした。

しかし、小夜子に断られても諦めず、「一寸隣の部屋に行こうよ」と繰り返すなど、言葉足らずな様子。

結局、冷めきった雰囲気の中で不意打ちのキスをしてしまった。

詳しくみる ⇒参照元: 「文藝春秋」の創業者vs「婦人公論」編集長!? カフェ店員へ...