Academic Box Logo

子供の溶連菌感染症: 症状を見逃さないために知っておきたいこと

溶連菌感染症とは、発熱、喉の痛み、リンパ節の腫れ、倦怠感などの症状を引き起こす細菌感染症です。

溶連菌感染症の症状と診断

溶連菌感染症でリンパ節が腫れる特徴的な部位は?

首の前側

溶連菌感染症は、発熱、喉の痛み、リンパ節の腫れ、倦怠感などの症状を引き起こします。

特徴的な所見として、首の前側のリンパ節の腫れ、イチゴ舌、扁桃腺の腫れや白苔、喉の赤い点状の出血、口蓋垂の腫れがあります。

診断には、年齢、扁桃腺の腫れ、リンパ節の腫れ、発熱、咳の有無を考慮したCentorScoreが用いられます。

詳しくみる ⇒参照元: 大人の「溶連菌感染症」の症状や特徴について【原因・治療 .....

溶連菌感染症の重篤な合併症

リウマチ熱とはどのような合併症ですか?

全身の炎症反応による合併症

溶連菌感染症の治療が不十分な場合に起こる合併症には、重篤なものとして肺炎、髄膜炎、敗血症などがあります。

また、溶連菌特有の合併症として、リウマチ熱、急性糸球体腎炎、結節性紅斑が挙げられます。

リウマチ熱は関節痛、けいれん、胸痛、動悸、発疹などの症状が現れ、心臓に炎症が起こると後遺症が残る可能性があります。

そのため、溶連菌感染症の早期治療が重要です。

急性糸球体腎炎は溶連菌感染症が治癒してから発症する腎臓の炎症で、顔面のむくみ、血尿、高血圧などが症状として現れます。

結節性紅斑は主にスネに痛みを伴う赤色の皮疹が現れる皮膚の炎症で、溶連菌感染症が原因となることが多いです。

詳しくみる ⇒参照元: 大人の「溶連菌感染症」の症状や特徴について【原因・治療 .....

大人の溶連菌感染症の重症化と合併症

大人の溶連菌感染症は重症化や合併症を引き起こす可能性があるか

ある

大人の溶連菌感染症では、重症化したり合併症を引き起こす可能性があります。

合併症としては、リウマチ熱、急性糸球体腎炎、結節性紅斑などが挙げられます。

リウマチ熱は心臓に、急性糸球体腎炎は腎臓に、結節性紅斑は皮膚に影響を与えます。

溶連菌感染症は、喉の痛みや発熱などの症状だけでなく、こうした重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、早期発見と適切な治療が重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 大人の「溶連菌感染症」の症状や特徴について【原因・治療 .....

溶連菌感染症の基礎知識

溶連菌感染症を引き起こす細菌の種類は?

A群β溶血性連鎖球菌

溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌によって引き起こされる感染症です。

小児によく発症し、集団生活で流行することがあります。

主な感染部位は上気道で、飛沫感染によって広がります。

溶連菌が産生する毒素は、急性期の様々な症状を引き起こし、急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症につながる可能性があります。

診断には迅速検査キットが有効です。

詳しくみる ⇒参照元: 溶連菌感染症

溶連菌感染症の大人への感染

大人に溶連菌感染症が発症する場合の初期症状は何か?

頭痛

溶連菌感染症は大人にも感染し、飛沫感染で広がる感染力の強い病気です。

大人は咽頭痛に加えて初期症状として頭痛を伴うことが多く、インフルエンザ検査では陰性となるため、風邪と誤認されやすいです。

喉の痛みや関節痛、倦怠感などの症状が出たら、たとえインフルエンザ検査が陰性でも、溶連菌感染症の可能性を考慮することが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 大人も気をつけて!溶連菌感染症

溶連菌感染症の注意点

溶連菌感染症で再発を防ぐには、どんなことが必要ですか?

薬の服用期間を最後まで守る

溶連菌感染症は、溶血性連鎖球菌による感染症で、のどや扁桃腺に感染し、発熱や発疹を引き起こします。

潜伏期間は2~5日で、薬を服用すれば2~3日で症状は改善しますが、再発を防ぐためには処方された期間まで薬を飲み続けることが重要です。

溶連菌感染症は春~夏、冬に流行し、感染症対策が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 大人も気をつけて!溶連菌感染症

溶連菌感染症の流行状況

溶連菌感染症の流行時期はいつですか?

10月中旬~3月

溶連菌感染症は、かつては冬場に流行していましたが、2023年には10月中旬から流行が拡大しています。

これは、2023年に5類感染症に分類されたことで、感染者数が急増しているためと考えられます。

特に11月からは過去最高の感染者数に達しています。

また、溶連菌感染症は主に学童期の子どもに多く見られますが、大人にも感染することがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 大人の「溶連菌感染症」の症状や特徴について【原因・治療 .....