Academic Box Logo

ドクちゃん、どうやって子供を育てているの!! 双子のパパとしての奮闘記

枯葉剤の毒性と癒合体双生児の激増

枯葉剤の影響で生まれた癒合体双生児がベトナムで激増したのはいつ頃か?

枯葉作戦後

ベトナム戦争中に行われた枯葉作戦により、ベトナムでは480万人が枯葉剤を浴び、120万人の障害者が発生しました。

枯葉剤に含まれるダイオキシンは発がん性と先天異常を引き起こす毒物で、癒合体双生児の出生率が戦前のベトナムでは1例しか報告されていなかったにもかかわらず、枯葉作戦後に激増しました。

現在でもツーズー病院では年間10数例が確認されていますが、出生前診断でわかるため、出産しないケースが多く、生まれたとしてもほとんどが死産です。

貴重な生存者であるベトとドクは、7歳のときに分離手術を受け、その後20年あまりを生きてきました。

詳しくみる ⇒参照元: 元気スペシャル ――やったぜ!ドクさん―― 僕はとうとうお父...

双子の育児のコツ

双子の育児で最も重要なコツは?

忍耐強さ

双子の育児では、忍耐強さ、計画性、助けを求めることが重要です。

双子の年齢や個性に合わせてケアを調整し、やりがいのある経験を積みながら、特別な絆を育みましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 神田香織旅の話

結合性双生児の歩み

結合性双生児として、周囲との違いを自覚したのは何歳頃ですか?

6歳頃

ベトさんとドクさんは、6歳頃には自分たちが結合性双生児であることを認識していました。

結合しているために生活に困難を感じていたそうです。

幼少期は病院で過ごし、2007年に結婚を機に現在の家に引っ越しました。

ベトナムにおける分離手術には、世界の医師に呼びかけを行った結果、日本のみが協力することになりました。

ベトさんとドクさんはベトナムで初めての結合性双生児であり、当時枯葉剤の影響を受けた子供はいましたが、結合性双生児は他にはいませんでした。

現在、枯葉剤の後遺症に苦しむ人は正確な人数は不明です。

詳しくみる ⇒参照元: 「ベトちゃん・ドクちゃん」の今、31歳になられたドクさんへの...

双子の育児:情報とサポート

双子の育児に関する情報を得るにはどうすればよいですか?

インターネットや書籍で入手できます。

双子の育児に関する情報やサポートは、インターネットや書籍で入手できます。

また、双子の育児経験のある人とつながることもできます。

双子の育児は大変なこともありますが、やりがいのある経験でもあります。

双子の特別な絆や、一緒に成長していく様子を見ることは、かけがえのないものです。

詳しくみる ⇒参照元: 神田香織旅の話

枯葉剤が引き起こしたベトナムの結合性双生児

ベトナム戦争で使用された枯葉剤が引き起こした、有名なベトナム人結合性双生児の名前は?

ベトちゃんドクちゃん

ベトナム戦争でアメリカ軍が使用した枯葉剤の影響で、上半身が二つ、下半身が一つの結合性双生児として生まれたのがベトちゃんドクちゃん。

分離手術後、弟のドクさんは結婚して双子のお子さんがいます。

戦争の悲惨さを後世に伝えるために、ドクさんは積極的に活動しています。

詳しくみる ⇒参照元: 「ベトちゃん・ドクちゃん」の今、31歳になられたドクさんへの...

グエン・ドクの生涯

双子のうち、脳症を患っているのは?

ベト

グエン・ドクさんは、兄のベトさんと下半身がつながった結合双生児として生まれ、1988年に分離手術が行われました。

分離後、ドクさんは学校に通い、プログラミングを学び、事務員やボランティアとして活躍しました。

2006年に結婚し、2007年に兄ベトさんが亡くなりました。

2009年に男女の双子を授かり、息子は富士山から名付けられたシー、娘は桜から名付けられたダオと名付けられました。

2017年には明仁上皇陛下と対面し、広島国際大学で客員教授として講義するなど、日本とベトナムの架け橋としての活動を行っています。

現在、ホーチミン市人民委員会の日越友好協会の委員やサザンブリーズ株式会社の平和事業部長を務め、多岐にわたる活動を行っています。

ドクさんはまた、NPO法人「美しい世界のため」の代表を務めています。

詳しくみる ⇒参照元: ベトちゃんドクちゃん「グエン・ドク」 プロフィール