Academic Box Logo

小手指再開発最新情報...西友跡地はどうなる!!住宅情報や今後の展望を徹底解説

小手指再開発最新情報…西友跡地はどうなる。住宅情報や今後の展望を徹底解説。西友小手指店は、1981年に埼玉県所沢市にオープンした地上5階地下1階建ての大型総合スーパーでした。

西友小手指店の歴史と再開発

1981年にオープンした西武池袋線沿線の総合スーパーはどこ?

西友小手指店

西友小手指店は、1981年に埼玉県所沢市にオープンした地上5階地下1階建ての大型総合スーパーでした。

西武セゾンによる革新的なコンセプトを取り入れ、文化教室やドライブインシアターを併設し、周辺開発と一体化した施設づくりを目指していました。

1994年には高級志向の「EPO」を増設しましたが、2010年に閉店。

本館はウォルマート型のディスカウント店舗となりました。

2023年10月に閉店し、跡地は再開発が予定されています。

詳しくみる ⇒参照元: 西友小手指店、2023年10月31日閉店-42年の歴史に一旦...

小手指駅西友の跡地再開発

小手指駅の西友の跡地に建設される高層マンションの低層階に西友が入るのか?

不明

小手指駅から徒歩3分の『SEIYU』が2023年10月に閉店し、跡地が再開発される予定です。

再開発後は高層マンションが建設され、その低層階に『SEIYU』が入るかどうかは現時点では不明です。

再開発後はリニューアルオープンする予定で、書店や飲食店、カフェなどの充実が期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: 小手指の変遷と『SEIYU』

街のシンボルゲートとしての小手指タワーズ

小手指タワーズのデザインで重視された特徴は?

ゲートとしての一体感

小手指タワーズは、メインストリートに面した2つのタワーをゲートとして捉え、デザイン言語を共有することで強い一体感を演出している。

また、1階と2階に配置された店舗や公益施設が相互に連携し、立体的な賑わいをもたらしている。

屋上広場「ガーデンプラザ」は駅からの歩行者動線を構成し、隣接する街区と接続している。

詳しくみる ⇒参照元: 小手指タワーズ

南道路の土地活用

南側道路に建物を建てた際の、南側に面する部屋の利点は?

外部からの視線を遮りやすい

南側に道路がない土地では、プライバシー性の高い庭が確保できます。

LDKなど生活空間を南側に配置すれば、外部からの視線を気にせず、陽当たりを確保できます。

また、北側に玄関や水回りを配置することで、LDKと居室を南側に並べやすくなります。

さらに、南側道路面の土地は価格が抑えられやすいメリットがあります。

詳しくみる ⇒参照元: Kotesashiに住もう 所沢市上新井

自然光を取り入れる家づくり

自然光を多く取り込むために、家を建てる際、寝室とリビングをどちら側に配置すれば良いでしょうか

東~南側

家を建てる際に、寝室とリビングを東~南側に配置することで、自然光を多く取り込むことができます。

特に寝室を東側に配置すると、朝日で自然に目覚めることができ、リビングを南~東側に配置すると、午前中は十分な日差しを取り込みながら、午後からは日差しが少なくなり涼しく過ごすことができます。

詳しくみる ⇒参照元: Kotesashiに住もう 所沢市上新井