Academic Box Logo

池田先生の写真展:自然との対話から自在なる眼差しまで

池田大作写真展「自然との対話」

創価学会インタナショナル会長として、池田大作氏はどのような活動を行っていますか?

平和活動

池田大作氏は創価学会インタナショナル会長として、世界各地を訪問し、識者らと平和、文化、教育、環境、人権などのテーマで対話を重ね、民間交流を推進しています。

また、その平和行動の折々に撮影した自然の写真を展示する写真展「自然との対話」を開催しています。

この写真展は、1982年に始まり、国内外41か国・地域で開催されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「自然との対話」池田大作写真展 / Dialogue wit...

池田大作とルネ・ユイグ

フランスの美術史家ルネ・ユイグ氏が絶賛した人物は誰?

池田大作

ルネ・ユイグはフランスの美術史家で、ルーブル美術館の絵画部長を務め、第2次世界大戦中はナチスの略奪から美術品を守りました。

1988年、彼はパリのジャックマール・アンドレ美術館で開催された「自然との対話」池田大作写真展の企画と選定を担当し、池田氏の作品を「目で詠まれた詩」と高く評価しました。

この展覧会はその後、サンパウロ、北京、モスクワなど海外151都市で開催されています。

詳しくみる ⇒参照元: 「自然との対話」池田大作写真展 / Dialogue wit...

国際平和活動家の受賞歴

彼にはどのような名誉称号が授与されていますか?

名誉博士・名誉教授

国際平和活動家として、世界中の大学や学術機関から390以上の名誉博士・名誉教授の称号を授与されている。

また、写真芸術への貢献も高く評価されており、ロシア芸術アカデミーやオーストリア芸術家協会などの名誉会員にも任命されている。

詳しくみる ⇒参照元: 「自然との対話」池田大作写真展 / Dialogue wit...