Academic Box Logo

南足柄市ジビエ施設問題:Japan Hunter Girls 雲隠れで交付金210万円行方不明

神奈川県南足柄市のジビエ施設をめぐる問題が浮上しています。市の「ジャパン・ハンター・ガールズ」が運営するジビエ加工処理施設で、公金や寄付金計約1400万円が不正に流用された疑いがあることが判明しました。

女性猟師団体のジビエ施設休業、約200万円の公金と寄付金が消失

休業に追い込まれたジビエ加工処理施設の建設にかかった費用はいくらだった?

約1400万円

神奈川県南足柄市の「ジャパン・ハンター・ガールズ」のジビエ加工処理施設は、国の交付金と寄付金約1400万円で建設された。

しかし、工事業者への支払いが滞り、約660万円の支払いが未払いとなっている。

その結果、建設費用の一部である200万円以上の公金と寄付金が消失した。

詳しくみる ⇒参照元: 南足柄市でジビエ加工所の公金消失問題が発生

狩猟とジビエの普及に尽力する女性ハンター

狩猟やジビエを身近に感じてもらうためにどのような活動をされていますか?

イベント開催や山の見回り

一般社団法人「JHG」の代表を務める田坂恵理子氏は、狩猟やジビエを身近に感じてもらうために、ジビエ解体・試食・狩猟体験といったイベントを各地で開催し、参加者に山の現状や狩猟の役割、命と食について考えてもらう機会を提供している。

また、有害鳥獣駆除やわなの設置など、山の見回りも欠かさず行っている。

これらの活動を通じて、地域住民に野生鳥獣との共生について意識を持ってもらい、狩猟やジビエが身近な存在になることを目指している。

詳しくみる ⇒参照元: 一般社団法人 Japan HunterGirls (JHG)...

ジビエ施設休業で公金消失

ジビエ処理加工施設休業の理由は?

連絡が取れない団体の責任

南足柄市のジビエ処理加工施設がわずか半年で休業。

農林水産省交付金約620万円とクラウドファンディング寄付約250万円が工事業者への未払いにより消失。

施設運営の「ジャパン・ハンター・ガールズ」代表者と連絡が取れず、市の監督不足が指摘されている。

同施設は狩猟免許を持つ女性ハンターの団体が運営し、イノシシやシカの解体・加工を行っていた。

将来は食肉流通や食育の拠点となる予定だったが、団体代表者の失踪により計画は頓挫。

市担当者は困惑しており、団体の所在が不明な状態。

詳しくみる ⇒参照元: 女性狩猟団体のジビエ施設 公金投入も半年で休業 運営者は雲隠...

ジビエ施設開設問題、市議同席の打ち合わせに疑問

市議が同席していたとされる打ち合わせには、他にどのような人が出席していたのか?

団体、市、工事業者

南足柄市のジビエ施設の開設準備の打ち合わせに、市議が同席していたことが判明した。

この施設は国の交付金と寄付金を利用して改修されたが、工事費の支払いが滞り、関係者との連絡も途絶えている。

業者は市議の同席を信頼して工事に着手したとし、市議の責任を問うている。

また、改修工事費に充てられる予定だった公金と寄付金の一部が消失していることも判明している。

詳しくみる ⇒参照元: 南足柄のジビエ施設休業 打ち合わせに市議も同席 業者は「信用...

女性狩猟団体「Japan Hunter Girls」活動休止

女性狩猟団体「Japan Hunter Girls」が活動を休止した理由は?

代表者との連絡が取れないため

女性狩猟団体「Japan Hunter Girls」が活動を休止しました。

団体はジビエ処理加工施設を運営していましたが、代表者との連絡が取れないため、市は当面休業せざるを得ないと発表しました。

施設は9日を最後に運営されていません。

詳しくみる ⇒参照元: 神奈川の女性狩猟団体が活動休止 協定結ぶ市「代表者と連絡取れ...