Academic Box Logo

【名探偵コナン】宿命のライバル!工藤優作と黒羽盗一の知られざる関係を考察

名探偵コナンの映画「100万ドルの五稜星」で明らかになった、怪盗キッドの父・黒羽盗一と工藤優作の衝撃的な関係性。

黒羽盗一と怪盗キッドの秘密

黒羽盗一と怪盗キッドの関係性とは?

父子

映画「100万ドルの五稜星」のラストシーンで、黒羽盗一が変装を解いて登場し生存が明らかになった。

しかし、怪盗キッドである黒羽快斗は父の生存を知らない。

本作では盗一と工藤優作の衝撃的な関係性も明らかになった。

詳しくみる ⇒参照元: 【2024最新】黒羽盗一が生きていることが判明!工藤優作との...

名付け親と双子の兄弟:工藤優作と黒羽盗一の関係

工藤優作が「怪盗キッド」という名前をつけたのは誰なのか?

黒羽盗一

工藤優作は、怪盗キッドの名付け親です。

若き日の優作は、「1412号」という字を「KID」と読み違えたことから、この名前が誕生しました。

このことがきっかけで、優作は警察と協力関係を結ぶなど、盗一と対立していくことになりました。

2024年公開の映画「100万ドルの五稜星」で、優作と盗一は双子の兄弟であることが明かされました。

両親は離婚し、20年以上会っていませんが、メールで連絡を取り合っています。

優作の怪盗を主人公にしたミステリー小説「闇の男爵」は、盗一の経験から着想を得たそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 【2024最新】黒羽盗一が生きていることが判明!工藤優作との...

天才マジシャン黒羽盗一

黒羽盗一の師匠の名前は?

ジェームス・ホッパー

黒羽盗一の父親である「黒羽盗一」は天才マジシャンで、日本では東洋の魔術師と呼ばれていました。

20歳の時に奇術師のオリンピックである「FISM」の大会でグランプリを獲得し、10代の頃からマジシャンとして活動していました。

世界中を飛び回り、マジックを披露しており、息子の快斗も同行していました。

しかし、8年前にマジックショーの事故で命を落としてしまったとされています。

黒羽盗一のマジックの師匠は世界的マジシャンのジェームス・ホッパーで、彼のもとで盗一はマジックの技術を磨きました。

詳しくみる ⇒参照元: 【確定】怪盗キッド(快斗)の父親の“黒羽盗一”は生きてる?工...

黒羽盗一と工藤優作の繋がり

工藤優作が黒羽盗一にキッドという名前を付けた理由は?

兄弟だから

工藤優作と黒羽盗一は双子の兄弟であり、メールで連絡を取り合っていた。

盗一が怪盗になったことも優作は知っており、世の中からの親しみを込めて「キッド」という名前を付けた可能性がある。

また、兄弟ならではの親しみを込めた名前付けをしたのではないかと推測される。

10年前には、コナンと蘭を通して盗一と優作は会話を行っている。

詳しくみる ⇒参照元: 【確定】怪盗キッド(快斗)の父親の“黒羽盗一”は生きてる?工...

黒の組織のボスは工藤優作?

黒の組織のボスは誰ですか?

工藤優作

怪盗キッドの父親である工藤優作には、「黒の組織のボス説」が囁かれています。

というのも、彼の名前には「黒」が入っており、またキッドに変装術を教えた弟子が組織の一員であるベルモットであるなど、それを匂わせる要素が数多く散りばめられているからです。

さらに、組織のボスが快斗たちの前に現れないことにも、工藤優作がボスであれば納得がいきます。

しかし、工藤優作には『まじっく快斗』に登場した怪盗コルボーの正体説も存在します。

今後の展開に注目です。

詳しくみる ⇒参照元: 【2024最新】黒羽盗一が生きていることが判明!工藤優作との...

怪盗キッドの謎

黒羽盗一が怪盗になった理由は何ですか?

パンドラを盗むため

黒羽盗一は天才マジシャンだったが、裏では怪盗キッドとして活躍していた。

彼は宝石“パンドラ”を盗むことを目的としており、現在の怪盗キッドである息子の黒羽快斗も同様にパンドラを狙っている。

ただし、初代怪盗キッドである盗一の動機は不明だが、母親を助けるためだったという説もある。

詳しくみる ⇒参照元: 【確定】怪盗キッド(快斗)の父親の“黒羽盗一”は生きてる?工...

黒羽盗一:怪盗キッドの謎多き父

黒羽盗一は現在生きているのか?

死亡

怪盗キッドの父、黒羽盗一は初代怪盗キッドとして活躍していたが、現在は死亡していると考えられている。

彼はファントム・レディと出会い結婚し、怪盗としての活動を続けたが、とある組織に利用されたファントム・レディを助けるために現れた際、死亡したものと推測されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【確定】怪盗キッド(快斗)の父親の“黒羽盗一”は生きてる?工...