Academic Box Logo

女性の体型の変化を比較する写真で自分と向き合う

女性の体型の変化を比較する写真を観察し、自らの体型と向き合ってみましょう。

体脂肪率で見る女性の見た目

体脂肪率20%以下の女性の見た目の特徴は?

痩せ型

体脂肪率20%以下の女性は、一般的に痩せ型の体型をしている。

筋肉量が多い場合は、健康的な痩せ方である。

ただし、筋肉量が不足していると不健康になる可能性がある。

バストが下がったり、筋肉量が減ったりしないよう、適度な運動を取り入れることが望ましい。

詳しくみる ⇒参照元: 体脂肪率ごとの女性の見た目とは?標準・理想値も紹介

女性の体脂肪率と体型

体脂肪率30~35%では健康上どのような影響があるか

軽度肥満

体脂肪率25〜30%が女性の標準とされ、健康的で女性らしい体つきになる。

体脂肪率30〜35%になると軽度肥満となり、中度肥満や重度肥満にならないように注意が必要。

太ももや尻が丸みを帯び、お腹に肉がつく。

詳しくみる ⇒参照元: 体脂肪率ごとの女性の見た目とは?標準・理想値も紹介

女性の体脂肪率が男性より高い理由

なぜ女性の体脂肪率は男性よりも高くなるの?

女性ホルモンによる脂肪蓄積

女性は男性と比較して、皮下脂肪を蓄積しやすく、その蓄積は妊娠出産に関わる下腹部に顕著です。

この皮下脂肪は内臓脂肪よりも落としにくく、体脂肪率の標準値に影響を与えます。

さらに、更年期に女性ホルモンが減少すると、脂肪の蓄積が促進され、分解されにくくなります。

また、代謝の低下も脂肪蓄積に寄与しています。

詳しくみる ⇒参照元: 体脂肪率ごとの女性の見た目とは?標準・理想値も紹介

隠れ肥満のリスク

筋肉量が極端に少ないことを指す、「隠れ肥満」に該当する条件は?

BMI値が標準内かそれ以下、体脂肪率が30%超

隠れ肥満とは、見た目には太って見えないにもかかわらず、体脂肪率が30%を超えている状態です。

筋肉量が非常に少なく、脂肪の量が多いのが特徴です。

無理なダイエットによって筋肉量が減ると、隠れ肥満のリスクが高まります。

隠れ肥満は、冷え性や糖尿病のリスクを高める可能性があります。

そのため、注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 体脂肪率ごとの女性の見た目とは?標準・理想値も紹介