Academic Box Logo

陰嚢の赤いブツブツは陰嚢被角血管腫?原因と治療法を解説

ライターのYUKOです。陰嚢の赤いブツブツについて、原因と治療法について解説します。

陰嚢血管腫のレーザー治療

陰嚢血管腫のレーザー治療後の経過は?

約10日でカサブタが剥がれ落ちる。

陰嚢血管腫のレーザー治療では、麻酔なしで治療でき、治療直後には痛みがあるが、麻酔を必要とする人はいない。

治療後、約10日でカサブタが剥がれ落ちる。

1か月後の経過では、陰嚢左右ともきれいに改善しており、肛門に近い部位にも確実に照射されている。

再発の可能性はあるが、数年で10個以内程度が多い。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢の被角血管腫(陰嚢表面の赤いブツブツ)

陰嚢被角血管腫のレーザー治療

陰嚢の被角血管腫をレーザー治療した場合、術後の出血は必ず起こるのでしょうか?

いいえ

陰嚢の被角血管腫をレーザー治療すると、治療部位にカサブタが形成されるのが一般的です。

しかし、まれにカサブタにならずに血管腫が破れて出血することもあります。

出血した場合は、ステロイド軟膏を塗布したり、ガーゼを貼付して帰宅してもらいます。

シャワーは治療当日から可能です。

治療後約1ヶ月半で、傷跡や色素沈着などの副作用もなく、非常にキレイな状態になることが多いです。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢の被角血管腫(陰嚢表面の赤いブツブツ)

被角血管腫のレーザー治療

被角血管腫の治療で、治療後約5週間後に起こる状態は?

瘢痕や色素沈着がない

被角血管腫は、陰嚢の皮膚を圧迫すると浮き上がる血管腫で、1年に数回出血することがあります。

キュテラ社のロングパルスYAGレーザーで治療すると、患部に火傷のような状態になりますが、約5週間後には瘢痕や色素沈着のない状態になります。

再発の可能性はありますが、治療前の状態に戻ることはありません。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢の被角血管腫(陰嚢表面の赤いブツブツ)

陰嚢被角血管腫の治療方法

陰嚢被角血管腫の治療法は何ですか?

高周波メス

陰嚢被角血管腫の治療では、高周波メスを用いて病変部分を切り取ります。

この医療機器は切開と止血を同時に行うことができ、周囲組織へのダメージが少ないという特徴があります。

治療は局所麻酔下で行われ、縫合は必要ありません。

術後は抗生剤含有軟膏を塗布し、2〜3週間で皮膚が再生します。

切除した病変は病理組織検査で診断と性質の判断を行います。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢被角血管腫をどのように治療していますか?

高齢者に多い陰嚢の血管腫

高齢者に多くみられる、陰嚢に発症する血管腫は?

被角血管腫

被角血管腫は高齢者に多い良性の腫瘍で、陰嚢に1~4mm程度の赤紫色~黒赤色の丘疹が多数発症します。

加齢とともに数と大きさが増え、いぼのようになり、かゆみやか出血を伴うことがあります。

亀頭部、陰茎部、女性の大陰唇にも発症する可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 被角血管腫

陰嚢被角血管腫の原因

陰嚢にできる血管腫の原因には何がありますか?

加齢や静脈圧亢進など

陰嚢被角血管腫は、皮膚の任意の場所に現れる良性の血管拡張症です。

陰嚢にできる場合は、加齢による支持力の低下や静脈閉塞による静脈圧亢進が原因と考えられています。

精索静脈瘤との関連も報告されています。

女性の場合は、妊娠や女性ホルモンによる影響も原因となる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢被角血管腫 (いんのうひかくけっかんしゅ)-大和クリニッ...

陰嚢被角血管腫の治療法

陰嚢被角血管腫の治療方法を教えてください

電気焼灼または炭酸ガスレーザー

陰嚢被角血管腫は皮膚の老化によるもので、治療の必要性はありません。

しかし、美容上の理由や潰瘍出血などのトラブルを防ぐために、電気メスによる電気焼灼または炭酸ガスレーザーによる蒸散で除去できます。

陰嚢の皮膚は傷跡が目立ちにくい特徴があり、治療後の跡もほとんど残りません。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢のブツブツ「陰嚢被角血管腫」

血管腫の治療法

腫瘍を除去する方法にはどのような種類がある?

レーザー焼灼と外科的切除

血管腫の治療には、レーザー焼灼法と外科的切除法の2つの方法があります。

レーザー焼灼法は、レーザーを使用して腫瘍を焼き取り、短期間での回復が期待できます。

一方、外科的切除法は、大きな腫瘍やまとまっている腫瘍に対して行われるまれな方法です。

血管腫は治療時に出血を伴うため、どちらの方法でも慎重な止血が必要です。

治療の際は局所麻酔を使用するため、痛みはありません。

詳しくみる ⇒参照元: 陰嚢に赤いぶつぶつ?陰嚢皮角血管腫を詳しく解説します。