Academic Box Logo

【衝撃】アジャコングのすっぴん画像!現在と若い頃の比較&メイク術も紹介

ライターのYUKOです。衝撃の事実を皆さんにお届けします。アジャコングのすっぴん画像、現在の姿と若い頃の姿を比較、そしてメイク術を紹介します。

アジャコングと対戦相手の記者会見

なつぽい選手が最後に放った「バイぽーい!」の意図は?

不明

女子プロレスラーのアジャコングと対戦相手であるなつぽいの記者会見が行われました。

会見の中でなつぽいは「バイぽーい!

」と挨拶しましたが、アジャコングはその意味を理解できませんでした。

アジャコングは、リング上での戦いでその意図が明らかになることを期待しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【スターダム】アジャコング&伊藤薫が初参戦! メルティアと激...

アジャコング:プロレスへの道のり

アジャコングさんがプロレスを始めたきっかけは?

幼い頃からの夢

アジャコングさんは幼い頃からプロレスが大好きで、男子・女子プロレスをずっと観戦していた。

プロレスラーになるという夢を叶えるために、アジャコングさんは一発で合格できるように自主トレーニングを強化し、親から学校に呼び出されるほど追い込んだ。

この努力が実り、見事プロレスラーとしての道を歩み始めた。

リング上のアジャコングさんは悪役として怖い表情とメイクで知られるが、素顔は温和で優しい笑顔が印象的である。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコングの現在!すっぴんと素顔・結婚・本名や年齢も総まと...

明るくおちゃらけなヒールレスラー

プロレスラーとして人気者になった要素は?

ヒールでの明るい路線

ヒールでありながら明るい要素を取り入れた「明るいヒール」路線で人気者になりました。

その後、団体所属やテレビ出演などの活動を経て、2007年には映画にも出演して女優デビューを果たしています。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコングの現在!すっぴんと素顔・結婚・本名や年齢も総まと...

エリカの生い立ちと幼少期の苦悩

幼少期、どのような経験が原因で深刻ないじめに悩んでいた?

混血であること

アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたエリカは、父親の本国召還により幼少期に離別を経験し、母子家庭で育った。

母親は親族から絶縁されており、エリカは「混血」という理由で小学校時代から中学卒業まで毎日のようにからかわれ、深刻ないじめに悩まされ続けていた。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコング

アジャ・コングのプロレスデビューと同期

当時のアジャ・コングと同期だった、ジャパン女子プロレスのプロデビュー組を何期生と呼ぶか

1期生

1986年に全女でプロデビューしたアジャ・コングは、当時ジャパン女子プロレスでプロデビューした1期生と同期だった。

アジャ・コングとジャパン女子プロレスの1期生は、団体対抗戦ブームの頃に同期対決で活躍した。

アジャ・コングは1990年に母が肝臓癌で死去した際には、試合の繰上げを申し渡され、母の死を察した。

対戦相手が涙を流して向かってきたのは、対戦相手にも繰上げを了承してもらうため、事情を説明していたためだった。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコング

アジャ・コングとヒール役

アジャ・コングにとってヒールとしての活動はどのようなものでしたか?

不本意

アジャ・コングはプロレスデビュー当初からヒール役を務めていましたが、本人の希望はベビーフェイス志望でした。

そのため、ヒール役での活動は彼女にとって不本意なものでした。

しかし、長与千種から励ましの言葉をかけられたことで、悪役レスラーの道を突き進むことを決意しました。

なお、長与からもらったサングラスは今でも大切に保管しているそうです。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコング

全女の飛躍のきっかけ

獄門党を離脱した全女の選手は誰?

バイソン木村とジャングル・ジャック

全女の選手は、男子プロレスのユニバーサル・プロレスリングに出場した際、その風貌で注目を集め、選手として参戦。

バイソン木村とのタッグチームで男性ファン層を獲得し、獄門党を離脱してジャングル・ジャックを結成した。

中野率いる獄門党との抗争を繰り広げ、全女を盛り上げた。

特に、1990年の金網デスマッチでの対中野戦は女子プロレス史上初となる週刊プロレスの表紙を飾り、現在でも語り継がれている。

この抗争は、1992年にアジャが中野に勝利したことで決着した。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコング

師弟の絆とアメリカでの活躍

アメリカで活躍した当時、ジャガー横田はどのように反応した?

涙を流していた

プロレスラーのアジャは、団体対抗戦でジャガー横田の教え子だった工藤めぐみと対戦。

試合後、2人で横田に礼を述べ、「こんなに大きくなりました」と感謝の言葉を伝えた。

横田は教え子の成長を喜び、涙を流したという。

また、アジャはWWF(現WWE)のPPV「サバイバー・シリーズ」に出場し、アメリカでも活躍。

WWF世界女子王者のアランドラ・ブレイズを破り、名を広めた。

日本での全女後楽園大会では、WWF出場が夢だったと心境を語った。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコング

女子プロレスラー、アジャ・コングのキャリア

女子プロレスラーのアジャ・コングが、男子プロレスラーと初めて対戦したのはいつ?

2006年

女子プロレスラーのアジャ・コングは、1997年に全日本女子プロレスを退団後、アルシオンを設立。

その後、GAEAJAPANやハッスルなどでも活躍した。

2006年には、飛躍を目指して男子との対戦を開始し、全米No.1タッグチームのチーム3Dと対戦を実現させた。

また、アジャ・コングはレイザーラモンHGが好きで、テレビ番組で愛の告白をしたこともある。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコング

アジャコングの素顔と私生活

アジャコングの髪質はどのような感じですか?

天然パーマ

アジャコングはアフリカ系アメリカ人のハーフであるため、肌色は浅黒く、髪は生まれつき天然パーマである。

現在は独身で、レイザーラモンHGさんが好きだが、ユニバーサル・プロレスリング時代はセコンドとして注目を集めていた。

詳しくみる ⇒参照元: アジャコングの現在!すっぴんと素顔・結婚・本名や年齢も総まと...