Academic Box Logo

線虫検査でがん早期発見:精度・費用・検査方法を徹底解説

ライターのYUKOです。線虫検査に関する情報を共有します。

早期発見のがん治療

がんを早期発見することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

治療の選択肢が増える

早期発見されたがんは、放射線治療、ホルモン療法、手術などの治療選択肢が広がります。

手術は最も治療期間が短いため、多くの場合、早期発見されたがんでは手術が選択されます。

ただし、早期発見は必ずしも治療可能なことを意味せず、治療前に「早期発見であれば」という条件が付くことに注意が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: N-nose(エヌノーズ)

線虫がん検査の二次検査におけるがん発見率

線虫がん検査の二次検査でのがん発見率は、どの病院で最も高かったか?

福岡市のクリニック

2021年に内部告発により線虫がん検査の信頼性に疑義が呈された後、2023年に3つの病院で二次検査が行われました。

その結果、福岡市のクリニックでは333人中8人ががんと診断され、がん発見率は最も高くなりました。

ただし、この8人の中にはN-NOSEの対象となる15種類のがんに含まれない甲状腺がんが2人含まれていました。

また、福岡市のクリニックでは、がんと診断された10人の患者の尿をN-NOSEで検査したところ、全員が低リスク(陰性)と判定されました。

現在、日本核医学会のPETがん検診ワーキンググループが線虫がん検査の実態調査を行っており、年内にも結果がまとまる予定です。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査

簡便ながん検診で受診率向上

がん検診の受診率を向上させるために、どんな検査が役立つと考えられるか?

痛みを伴わない尿検査

N-NOSEと呼ばれる尿検査は、痛みを伴わず、従来の検査に比べて簡便であるため、がん検診の受診率向上に役立つ可能性があります。

この検査は、日本のがん検診受診率を向上させ、がん死亡率を低下させることが期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査とは?精度・費用など解説

線虫がん検査で期待されるがん検診受診率の向上

がん検診受診率の低さの原因で最も多いものは何ですか?

費用が高額であること

線虫がん検査は、一般的な総合がん検診や人間ドックに比べて検査費用が安価(約140,000円)である。

一般的ながん検診は50,000~100,000円以上が必要で、費用が高額であることが受診率が低い原因の1つとなっている。

線虫がん検査が安価であることから、受診率の向上が期待されている。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査とは?精度・費用など解説

線虫がん検査の早期発見における有効性

ステージ0または1のがんに線虫がん検査が有効であることが判明した理由は何ですか?

がん細胞への反応

がんのステージは進行度を示し、数字が大きいほど進行しています。

線虫がん検査は、がんが粘膜内または固有筋層内に留まるステージ0または1のがんにおいて、がん細胞への反応が有効であることが臨床結果で示されています。

がんの早期発見は生存率に大きく影響します。

転移のないがんの5年生存率は92.4%ですが、周囲の臓器やリンパ節に転移した場合は58.1%、遠く離れた臓器に転移した場合は15.7%に低下します。

このため、がんの早期発見が重要視されています。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査とは?精度・費用など解説

線虫がん検査:がん細胞の匂いを利用した画期的な検査

線虫がん検査は従来どのような方法で代替されていたか?

犬の嗅覚

従来、がん細胞の匂いを検出するために、高度に訓練されたがん探知犬が使用されていました。

これらの犬は、排泄物や呼気などのサンプルから、がん患者を高精度に識別できました。

しかし、犬の訓練は時間とコストがかかるため、実用化が困難でした。

この問題に対処するために、線虫と呼ばれる低コストで増殖が容易な生物が研究され、線虫がん検査の開発につながりました。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査とは?精度・費用など解説

線虫の驚異的な嗅覚とがん検出能力

線虫が反応する匂いは何ですか?

がん細胞

線虫は非常に鋭い嗅覚を持ち、がん細胞の特有の匂いに反応します。

研究では、線虫ががん細胞から抽出した培養液に引き寄せられ、正常な細胞の培養液には反応しないことが示されました。

さらに、嗅覚障害のある線虫はがん細胞に引き寄せられないため、線虫は特異的にがん細胞の匂いを検出していることが明らかになりました。

また、希釈した人間の尿を使用した実験でも、線虫はがん患者の尿に引き寄せられました。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査とは?精度・費用など解説

線虫がん検査で反応するがんの種類

線虫がん検査で反応が見られるがんの種類は?

16種類

線虫がん検査は胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、卵巣がん、胆管がん、胆のうがん、膀胱がん、腎臓がん、口腔がん、咽頭がんの16種類のがんに反応することが確認されています。

この検査は全身のがんを簡便かつリーズナブルにスクリーニングできますが、信憑性に関する懸念があり、受診者の利益に関する明確なエビデンスが確立されておらず、偽陽性の可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査とは?精度・費用など解説

早期がんの発見を可能にする線虫がん検査キット

画像検査で見つけられない、とても初期段階のがんも、この検査キットなら発見できるの?

はい

線虫がん検査キットは、画像検査では見つからないステージ0・Ⅰのがんも発見できます。

これは、視診に頼る画像検査では、がんが1cm以上にならないと発見できないためです。

しかし、がんは発見が遅れると死亡率が大幅に異なるため、早期発見が重要です。

このキットは、ステージⅠのがんを85.6%(肺がんの場合)の確率で発見できますが、画像検査ではわずか7.3%しか発見できません。

詳しくみる ⇒参照元: 線虫がん検査キット(N-nose)とは?早期発見できる仕組み...