Academic Box Logo

緊迫の高まり:イスラエルとイランの関係 - 報復の連鎖と全面戦争の可能性

ライターのYUKOです。今回は、イスラエルとイランの関係の緊迫した高まりについてお伝えします。

イラン核施設を狙う不審な事案

イランの核施設で近年多発している不審な事案の原因とされるのは何か?

イスラエル

イランの核施設では近年、不審な火災やサイバー攻撃による電気系統のトラブルなど、多くの不審な事案が発生している。

これらの事案には、イスラエルが関与しているのではないかと指摘されている。

イランは核開発を強化しており、アメリカによる経済制裁に対抗しているため、核施設の安全確保が重要な課題となっている。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン なぜ対立しているの?

イランとイスラエルの敵対関係

イスラム革命によりイランがイスラエルに対して抱く姿勢はどのように変化したか?

敵対的になった。

1979年のイスラム革命により、親米のイラン王政は打倒され、厳格なイスラム体制が成立しました。

新しい体制はイスラエルを「イスラムの敵」と見なし、国交を断絶しました。

現在、イランはイスラエルを国家として認めず、反イスラエルの姿勢を国是としています。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン なぜ対立しているの?

中東の緊張: イランの核開発がイスラエルに影を落とす

中東情勢において、イスラエルが最大の脅威と認識しているのは?

イランの核開発

イランの核開発疑惑は、イランとイスラエルの対立を激化させ、イスラエルはイランの核兵器開発を国家の存続に対する脅威と捉えています。

イランは核開発の目的を平和利用と主張し、イスラエルを核兵器保有国として非難しています。

また、イランの弾道ミサイルは射程距離が2000km以上あり、イスラエル全体を射程圏内に収めています。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン なぜ対立しているの?

核合意:イランとアメリカの対立

核合意によって得られると予想される最大の効果は何か?

緊張の緩和

現在進行中のアメリカとイランの間接協議は、イランの核開発を抑制することを目的としており、核合意の成功は緊張の緩和につながる可能性があります。

しかし、イスラエルは弾道ミサイル開発や親イラン勢力への支援の抑制も要求しており、イランはこれらの条件に抵抗を示しています。

このため、間接協議の決着は容易ではありません。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン なぜ対立しているの?

イスラエルとイランの対立

イスラエルとイランはなぜ衝突しているのですか?

間接的な衝突

イスラエルとイランは直接の戦争はありませんが、イランはイスラエルと敵対する武装勢力に軍事支援しており、これにより両国は間接的に衝突を繰り返しています。

イランは武装勢力を介して対抗し、アメリカに支援されたイスラエルは最新兵器を保有しています。

両国は対峙状態にあります。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン なぜ対立しているの?

イラン・イスラエル衝突の最新動向

イランが攻撃前に一部の国に通告した国とはどこ?

不明

15日、イランはイスラエル軍の無人機やミサイル攻撃に対する反撃を懸念する声が出た。

国連安保理は双方に自制を求めたが、互いに激しい非難を繰り返した。

イラン外相は攻撃前に一部の国に通告したと述べたが、その国名は明らかにしていない。

G7首脳は攻撃を強く非難し、トランプ前大統領は米国の弱さが原因だと主張した。

米大統領補佐官は緊張の高まりを望んでいないと表明し、専門家はイスラエルによる大規模攻撃の可能性は低いと分析した。

共産党の小池書記局長は軍事的対応の自制を強く求めた。

詳しくみる ⇒参照元: 【詳しく】イランの攻撃受け 'イスラエル 戦時内閣の閣議で対...

イスラエル、イラン攻撃への対応を検討

イランの攻撃に対するイスラエルの対応は?

報復措置を実施

イスラエルのハレヴィ参謀総長は、イランの攻撃に対し、多数のミサイルや無人航空機による対応を検討していることを表明しました。

報復措置の具体的な内容や時期については明らかにされませんでしたが、攻撃を受けたネヴァティム空軍基地が依然として機能していることが強調されました。

この発言は、イスラエルのイラン攻撃への対抗姿勢を示唆しており、両国間の緊張の高まりが懸念されています。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエル戦時内閣、イラン攻撃への対応を協議 詳細や時期は公...

イランとイスラエルの対立激化、アメリカが仲裁

イランの攻撃を阻止したのは誰か?

アメリカなど同盟国

イランがイスラエルにドローン、ミサイルなど約300発を発射した攻撃を、イスラエルの防空システムやアメリカの支援によって阻止。

バイデン大統領はネタニヤフ首相に、事態の悪化を避けるよう要請した。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン、全面戦争をアメリカや西側は防げるのか=B...

イランの攻撃における戦略的意図

イランのイスラエルへの攻撃の真の狙いは何だったのか?

被害拡大の抑止

イランの今回の攻撃は、全面攻撃ではなく、イスラエルの反撃を抑止し、ヒズボラなどの協力者との関係を維持するのが狙いだった可能性がある。

イランは長年武器を蓄積しており、大量の兵器の使用も可能だった。

ヒズボラはイラン最大の協力者だが、今回の攻撃には参加しなかった。

これは、ヒズボラが政治勢力でもあるため、全面攻撃への参加は望ましくなかった可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: イスラエルとイラン、全面戦争をアメリカや西側は防げるのか=B...

イランの核開発加速の可能性とリスク

核兵器級のウラン濃縮や核兵器設計を再開する可能性はあるか?

裏目に出る可能性あり

イランは核開発の加速を検討しているが、核兵器級のウラン濃縮や核兵器設計を再開すればイスラエルや米国からの攻撃を受ける恐れがある。

そのような行動は核兵器の獲得意思とみなされ、重大なリスクを伴う。

関係者は、イランがそのような準備ができているとは考えていない。

詳しくみる ⇒参照元: 焦点:イラン、イスラエルへの報復に選択肢 全面戦争は回避へ