Academic Box Logo

梅毒初期症状を見逃すな!男女別症状と治療法、予防策まで徹底解説

ライターのYUKOです。梅毒の初期症状を見逃さないための情報をまとめました。男女別の症状、治療法、予防策まで解説しています。

梅毒の初期症状:初期硬結と硬性下疳

初期硬結と硬性下疳の主な違いは何ですか?

潰瘍の有無

初期硬結は、梅毒の最初の段階で現れる硬いしこりで、硬性下疳は初期硬結の中心部にできる潰瘍です。

初期硬結はしこり状ですが、硬性下疳は潰瘍状です。

両方の症状は、放置すると数週間で消失します。

初期硬結は男性では亀頭や陰茎に、女性では膣内や大陰唇に多く発症します。

硬性下疳も初期硬結と同様の部位に発症しますが、口唇にも現れる可能性があります。

感染部位近くのリンパ節は、どちらの症状でも腫れますが、痛みはありません。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒症状・初期症状~末期症状まで|男女別の症状を解説します

先天性梅毒:胎児への感染と影響

先天性梅毒に感染した胎児が母親から感染する経路は?

胎盤

先天性梅毒は、母親が梅毒に感染している場合、胎児に感染する可能性のある重篤な疾患です。

感染は、胎児に栄養と酸素を供給する胎盤を介して起こります。

分娩中にも感染する可能性があります。

先天性梅毒の新生児は無症状の場合がありますが、治療が遅れると、皮膚潰瘍、皮疹、発熱、黄疸、貧血、脾臓や肝臓の腫れ、鼻炎、骨格の変化などの症状が現れることがあります。

後遺症として、耳の聞こえづらさ、歯の問題、馬鞍鼻(鼻梁の凹み)などが現れる可能性があります。

梅毒に感染した胎児は早産になることもあり、子宮内で死亡したり、出生後に死亡したりする可能性もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒

梅毒:病原菌と症状

梅毒の病原菌は何か?

梅毒螺旋体

梅毒は細菌性の性感染症で、病原菌は梅毒螺旋体という細菌の一種です。

初期症状として下疳と呼ばれる潰瘍が現れ、その後は紅疹や潰瘍などのさまざまな症状が出ます。

潜伏期を経て第三期になると、梅毒腫や神経・心臓疾患などの重篤な症状が現れる可能性があります。

梅毒は症状が他の病気と似ているため、「偉大な模倣者」と呼ばれています。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒

梅毒二期の症状

梅毒の二期で発症する皮疹の特徴は?

不痒で粗く赤っぽい

梅毒の二期では、不痒で粗く赤っぽい皮疹が躯幹を中心に発症することがあります。

この皮疹は、手掌や脚底にも出現することがあります。

二期梅毒の他の症状としては、口腔や生殖器の疣状の瘡、脱毛、筋肉痛、発熱、咽頭痛、疲労、体重減少、リンパ節の腫れなどがあります。

治療しなければ、これらの症状は数ヶ月から数年かけて再発することがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒

梅毒の初期症状と対策

梅毒の初期症状はどのようなもの?

痛みのないこり・びらん・潰瘍

梅毒の初期症状は、感染源となった部分に痛みを伴わないこりやびらん、潰瘍ができる。

感染機会から1週間後から13週間後に現れ、2~3週間で消えるが、治療を受けないと体内に菌が残り、全身に症状が広がる。

治療は早期発見が重要で、適切な治療を受ければ完治可能。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒症状・初期症状~末期症状まで|男女別の症状を解説します

梅毒の初期症状

感染から3週間後に発生する梅毒の初期症状は?

初期硬結

感染から約3週間後、肛門や性器、口唇に硬いしこり(初期硬結)が発生します。

このしこりは痛みやかゆみはありませんが、他の細菌との重複感染があると他の症状が出る場合があります。

その後、硬結部位に潰瘍(硬性下疳)が形成されます。

初期症状は2~3週間で消えますが、治療しないと梅毒は血管内に存在し、第2期へと進行します。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒症状・初期症状~末期症状まで|男女別の症状を解説します

梅毒の治療

梅毒の初期段階で標準的な治療法として推奨されている薬剤は何か?

筋肉注射盤尼西リン

梅毒の初期段階では、症状が重くない場合は筋肉注射盤ニシリンが推奨されています。

盤ニシリンにアレルギーがある場合は、14日間の経口抗生物質ドキシサイクリンが選択されます。

晚期梅毒では、盤ニシリンを1週間おきに3回投与するか、経口抗生物質を28日間服用します。

治療の目標は、血液検査の結果が陰性になるまで継続的に治療を行うことです。

患者は治療効果を確認するため定期的に受診し、完治後も危険な行為を避けて再感染を防止することが重要です。

症状のある患者だけでなく、接触した性パートナーにも治療を強く推奨し、治療のタイミングを逃したり、再感染を防ぐために重要な乒乓球効果を防止します。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒症狀有哪些?會自己好嗎?梅毒治療、潛伏期與傳染途徑

梅毒の治療:青霉素が第一選択

梅毒を患っている場合、推奨される治療法は何か?

青霉素

梅毒は、初期段階で診断・治療すれば簡単に治癒します。

どの段階であっても、青霉素が第一選択の治療法です。

青霉素は梅毒を引き起こす細菌を死滅させる抗生物質です。

青霉素アレルギーの場合は、他の抗生物質の使用が検討されます。

あるいは、青霉素に体を徐々に適応させるための安全な方法が推奨される場合があります。

原発性、続発性、または早期潜伏梅毒の場合は、青霉素の単回注射による治療が推奨されます。

梅毒の発症から1年以上経過している場合は、追加の薬が必要になる可能性があります。

青霉素は、梅毒に罹患している妊婦に対する唯一の推奨治療法です。

青霉素アレルギーの人は、青霉素を使用する前に脱感作という過程を経る必要があります。

このプロセスは、アレルギー専門医または免疫専門医によって行われます。

このプロセスでは、約4時間かけて15~20分ごとに微量の青霉素を使用します。

妊娠中に梅毒治療を受けていても、新生児には先天性梅毒の検査を受ける必要があります。

赤ちゃんが梅毒菌に感染している場合は、抗生物質による治療を受ける必要があります。

治療開始初日は、ヘルックスハイマー反応と呼ばれる反応が出る可能性があります。

症状には、発熱、悪寒、吐き気、痛み、頭痛が含まれます。

この反応は通常1日以内におさまります。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒

医療チームへの性経験の共有

性経験の詳細は、医療チームに伝えるべきか?

必須

性経験の詳細は、正しい治療を受けるために医療チームに私下で伝えることが不可欠です。

予約時に準備が必要かどうかを確認し、症状、服薬リスト、質問事項を事前にメモしておきましょう。

主な質問としては、感染症の医学名、感染経路、妊孕性への影響、胎児への感染可能性、再感染の可能性、1回の性行為での感染リスク、パートナーへの感染リスク、感染期間、他の健康問題との管理方法、性行為の停止の必要性、パートナーの治療の必要性などが挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: 梅毒