Academic Box Logo

日航機墜落事故のタブー:事故調査報告書が明かさなかった真実とは!!?

ライターのYUKOです。

航空機事故における急減圧の重大性

搭乗員の証言で判明した、事故の原因となり得る重要な事象は何ですか?

急減圧

航空機事故調査の結果、現場はひどく破壊されており、生存者は4人発見されました。

生存者である日本航空の客室乗務員の証言から、事故前に「急減圧」が発生したことが判明しました。

これにより、後部ドアの故障ではなく、急減圧が事故の原因の可能性が高まりました。

調査官はこの証言をもとに、飛行記録装置と音声記録装置の回収を急ぐことになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落 事故調査官100ページの手記に書かれていたこと|...

事故原因への接近

墜落機に記録された音の時間はどれくらい?

2分余り

事故発生から3日目、証拠の解析が開始され、わずか2日で事故原因に迫っていた。

解析されたCVR(コックピットボイスレコーダー)には、異常発生の瞬間が記録されており、その録音時間は32分10数秒で、実際の飛行時間よりも2分余り長かった。

この決定的な証拠と生存者の証言から、事故調査チームは客室内の気圧を保つ圧力隔壁が破損した可能性があると推測した。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落 事故調査官100ページの手記に書かれていたこと|...

喪失感を乗り越えた柿の木

亡き夫を思い起こすきっかけになった出来事は?

柿の木の結実

正勝さんの妻、真知子さんは夫の死後、喪失感にさいなまれていたが、正勝さんが生前に庭に植えた柿の木に実がなったことがきっかけで、前向きになれた。

真知子さんは柿の木の結実を、亡き夫からの「頑張ってくれ」というメッセージと受け取った。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落事故36年 遺書に書かれた最期の言葉 遺族の思い|...

日本航空123便墜落事故の振り返り

事故の発生時刻は?

午後6時25分ごろ

1985年8月12日の午後6時12分、日本航空123便が羽田空港を離陸。

午後6時25分ごろ、伊豆半島南部の東岸上空で異常事態が発生し、群馬県上野村山中に墜落。

単独機としては航空史上最悪の犠牲者数となった。

詳しくみる ⇒参照元: 日航ジャンボ機墜落の日、何が起きたのか。航空史上最悪の事故を...

航空史上最悪の墜落事故の原因

なぜ飛行機は墜落したのか?

後部圧力隔壁の損傷による飛行性の低下と操縦機能の喪失

航空史上最悪の事故は、1978年の着陸時に発生した「尻もち事故」による後部圧力隔壁の損傷が原因で発生しました。

この損傷により、飛行性が低下し、操縦機能が喪失したため、墜落したと推定されています。

詳しくみる ⇒参照元: 日航ジャンボ機墜落の日、何が起きたのか。航空史上最悪の事故を...

柿の木の励ましで子育てに奮闘

真知子さんは、子育てにどのように向き合っていたのか?

柿の木から励ましを受けていた

真知子さんは、夫の正勝さんが遺した柿の木を支えに、子育てに励みました。

柿の木の四季折々の変化に夫からの励ましを感じ、毎年「もう1年頑張ろう」と自分を奮い立たせていたのです。

真知子さんは柿の木が暑い夏の日陰を作り、秋には柿の実をプレゼントし、冬には暖かい日差しを入れ、春には新しい芽を出すことを、夫からのエールだと解釈していました。

この柿の木のおかげで、真知子さんは息子たちを大学卒業まで立派に育て上げることができました。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落事故36年 遺書に書かれた最期の言葉 遺族の思い|...

史上最悪の航空機墜落事故

単独事故として史上最悪の航空機墜落事故はいつ起きたか?

1985年8月12日

1985年8月12日に羽田発大阪行きの日本航空ジャンボ機が墜落し、520人が死亡する単独事故として史上最悪の航空機墜落事故となった。

事故発生後、神奈川県警担当記者だった著者が墜落現場を取材した。

当時の記者は20代後半で、事件や事故の取材を主に担当していた。

詳しくみる ⇒参照元: 「ここにいた人たちは、もう疲れることもできない」520人が犠...

調査官の思いを明かす極秘文書

事故調査の過程で調査官が抱いていた思いはどのようにして明らかになったか

極秘の内部文書を入手

事故調査の過程を振り返った手記報告書がまとめられ、調査官ら11人が調査の過程で抱いていた思いが明らかになった。

この報告書は600ページに及ぶが、調査官の思いは直接記されていなかった。

しかし、偶然内部文書の存在を知った記者がそれを入手し、調査官の調査への姿勢、葛藤、感情が赤裸々に描かれていることが判明した。

この内部文書は、調査官の思いを伝える貴重な資料となった。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落 事故調査官100ページの手記に書かれていたこと|...

遺された妻の悲しみ

夫の遺書に書かれていた、家族への最後の言葉は何?

子供よろしく

飛行機事故で亡くなった夫が遺した血痕のある遺書には、「子供よろしく」と書かれていた。

この言葉は、家族への最後のメッセージであり、残された妻は悲しみと責任を感じていた。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落事故36年 遺書に書かれた最期の言葉 遺族の思い|...

家族の絆が柿の木に託された物語

主人公の父親はなぜ泣いてしまったのか

柿の木

家族の絆が描かれた絵本の中で、主人公の父親は家族を連れて柿の木を見に行く。

柿は父親からのプレゼントで、とても甘かったが、父親はなぜか涙を流してしまう。

この柿の木は、冬になると枯れたように見えるが、春になると力強く芽吹く。

この柿の木が、父親の家族に対する想いを表していると考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 日航機墜落事故36年 遺書に書かれた最期の言葉 遺族の思い|...