Academic Box Logo

愛子さま2023年 最新情報:日赤ご勤務と伊勢神宮ご参拝など

愛子さまの新春デビュー

愛子さまの新年一般参賀の際の振る舞いはどのようなものだった?

堂々として落ち着いた振る舞い

2023年、新年一般参賀で3年ぶりに公の場に姿を現した愛子さまは、薄水色のドレス姿で堂々とした立ち振る舞いを披露されました。

当初は緊張されていたものの、徐々に場の雰囲気に慣れていき、秋篠宮さまに落ち着いた様子で声をかけ、立ち位置のトラブルにも対処されました。

宮内庁の文書によると、愛子さまはご無事に任務を終えられ、安堵された様子だったとのことです。

詳しくみる ⇒参照元: 雅子さまを真っ先にサポート…2023年驚異のご成長ぶり

愛子さま、伊勢神宮と神武陵を参拝

愛子さまの伊勢神宮と神武陵参拝の目的は何か?

成年と学習院大卒業の報告

天皇、皇后両陛下の長女・愛子さま(22)は、26日から1泊2日で伊勢神宮と神武陵を単独で参拝される。

2021年に成年を迎え、今春に学習院大学を卒業されたことを報告するためで、単独での参拝は初めてとなる。

伊勢神宮では外宮と内宮を順に参拝し、神武陵では初代天皇とされる神武天皇を祀る。

参拝後、愛子さまは帰京される。

詳しくみる ⇒参照元: 愛子さま、伊勢神宮参拝へ 単独では初、学習院大卒業を報告

天皇誕生日に垣間見えた「父親の顔」

愛子さまが日赤就職に至るまで、陛下が福祉に関心を持たれた時期は?

不明

天皇陛下の長女、愛子さまは日本赤十字社の嘱託職員として働きながら公務に取り組む。

陛下は愛子さまの新しい道への期待を示されたが、愛子さまが福祉に関心を持たれた時期については不明。

愛子さまは学習院大学文学部日本語日本文学科で、日本文学や歴史の講義に加え、福祉の授業も履修した。

詳しくみる ⇒参照元: 天皇陛下、誕生日に見せた父親の顔 愛子さまの日赤就職に喜び

愛子さまのお気遣い

雅子様がつまずいた時、最初に駆けつけたのは誰?

愛子さま

雅子様が那須塩原駅でつまずいた際、愛子さまが真っ先に駆け寄り、雅子様を支えた。

雅子様の60歳のお誕生日のご感想にも、愛子さまのお気遣いが光っていることが記されている。

また、愛子さまは那須どうぶつ王国で蝶ネクタイをつけ、関係者や両親を楽しませる一面もある。

詳しくみる ⇒参照元: 雅子さまを真っ先にサポート…2023年驚異のご成長ぶり

愛子さま、雅楽演奏会で熱心に質問

雅楽演奏会で愛子さまが何度も質問された内容は何か

説明の内容

愛子さまは雅楽演奏会で何度も質問され、眼鏡をかけて真剣に舞台をご覧になっていた。

また、東京国立博物館の「やまと絵」展では、卒業論文提出を控えて絵の具や構図について熱心に質問された。

愛子さまは、お出ましの際には積極的に質問される姿がよく見受けられる。

詳しくみる ⇒参照元: 雅子さまを真っ先にサポート…2023年驚異のご成長ぶり