Academic Box Logo

急性アルコール中毒の危険性:吐血などの症状が現れたら?

急性アルコール中毒は、吐血などの深刻な症状を引き起こす可能性があります。アルコールの過剰摂取は、窒息、低体温症、頭部外傷、迷惑行為、自己抜去や破壊行為などの危険な状況につながる可能性があります。

急性アルコール中毒の危険性

アルコールを飲み過ぎるとどのような危険な症状が考えられますか?

嘔吐による窒息や低体温症

アルコールを飲み過ぎると、嘔吐による窒息、体温調整が困難になる低体温症、転倒による頭部外傷、他者への迷惑行為、病院での自己抜去や破壊行為などの危険な症状が現れる可能性があります。

特に、脳が麻痺して体温調整が困難になる低体温症は、命に関わる重大な症状です。

また、泥酔状態では、他者への暴行や暴言などの迷惑行為を行うことも多く、周囲に危害を加えるおそれがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 若者に多い急性アルコール中毒

アルコール中毒の危険性

多量のお酒を短時間で摂取すると、身体にどのような影響が出ますか?

脳に影響を与えます。

多量のお酒を短時間に飲むと、血中アルコール濃度が急上昇して脳に影響が及びます。

酔いの程度は血中アルコール濃度によって段階的に変化し、意識障害や呼吸中枢の機能低下を招く可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 急性アルコール中毒の怖さを知っていますか?イッキ飲みや .....

急性アルコール中毒の応急処置

急性アルコール中毒の応急処置で、最も重要なことは?

回復体位を保つこと

急性アルコール中毒が疑われる場合は、救急車を呼ぶと同時に、到着までの間は回復体位を保つことが最も重要です。

これにより、吐瀉物による窒息や喉の詰まりを防ぎます。

また、体を温め、吐き気を催したら無理に起こさず横向きのまま吐かせることも重要な応急処置です。

詳しくみる ⇒参照元: 急性アルコール中毒で救急車を呼ぶかどうかの判断基準は?応急 ...

消化管出血の診断と治療

上部消化管出血が疑われる場合、どのような検査で診断されますか?

内視鏡検査

上部消化管出血が疑われる場合は、内視鏡検査が行われ、出血部位の診断が行われます。

内視鏡的止血術では、クリップ、薬剤注入、レーザー凝固、ゴムバンドによる静脈結紮などの方法が用いられます。

内視鏡的に止血が困難な場合は、血管造影検査や開腹手術が必要になる場合があります。

静脈瘤の場合は、鼻から挿入したバルーンによる圧迫止血が有効です。

下部消化管出血では大腸内視鏡検査が有用ですが、大量出血時は検査が困難なことが多く、禁食や安静を中心とした治療が優先されます。

また、それぞれの疾患に応じた薬物治療も行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 吐血・下血

急性アルコール中毒の危険性と対応

急性アルコール中毒による死亡の原因は何か?

呼吸中枢への影響

急性アルコール中毒は、短時間に多量のアルコールを摂取することで、意識障害を引き起こす状態です。

血中アルコール濃度が0.3%を超えると泥酔期となり、0.4%を超えると呼吸中枢にも影響し、死亡する可能性があります。

急性アルコール中毒者への対応としては、付き添い、横向き寝、衣類の緩和、保温、水分補給などが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 若者に多い急性アルコール中毒

急性アルコール中毒の注意点

アルコール中毒の入院患者が注意すべきことは何ですか?

意識が戻るまでオムツを着用。退院時には嘔吐物の後処理が必要。

急性アルコール中毒の入院患者は、意識が戻るまではオムツを着用する必要があります。

また、退院時には嘔吐物がついた服や身体の処理が必要になります。

さらに、病院の物品を破損した場合は弁償し、二度と中毒を起こさないように厳しく指導されます。

詳しくみる ⇒参照元: 若者に多い急性アルコール中毒

吐血の原因と症状

食道から出血した場合、吐血までに時間が経つと血液の色はどのように変化するか?

黒色

吐血は、食道や胃などから出血した際に起こる症状で、出血した血液の色は時間の経過とともに変化します。

出血から吐血までの時間が短いと鮮血色ですが、数十分から数時間が経過すると胃酸により塩酸ヘマチンに変化し、黒色化します。

また、吐血の原因となる主な疾患には、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道静脈瘤、胃静脈瘤、マロリーワイス症候群、出血性胃炎、胃がん、食道がんなどが挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: 吐血・下血