Academic Box Logo

心に響く人権ポスター:令和最新コンクール入賞作品から学ぶ

心に響く人権ポスターが誕生しました。令和最新コンクール入賞作品から、人権を尊重し、誰もが笑顔で過ごせる社会への想いが込められたメッセージを学びましょう。

笑顔が溢れるシャボン玉

シャボン玉の中に描かれた人物の特徴は?

年齢、人種、性別、身体的特徴が異なる

シャボン玉の中に描かれた人物は、年齢や人種、性別、身体的特徴が異なり、みんなが笑顔で過ごせる社会を願う気持ちが絵から伝わってきます。

奥から手前にかかる虹のダイナミックな構成やシャボン玉の透明感、人物の表情など、一人一人の笑顔を願い丁寧に描かれています。

この思いを込めたシャボン玉は、見る人にも届くことを願っています。

詳しくみる ⇒参照元: 令和3年度人権擁護啓発ポスターコンクール優秀作品を掲載しまし...

笑顔のクラスター

コロナ禍の子供たちを取り巻く学校生活の現状とは?

制限が多い

コロナ禍において、子どもたちの学校生活は以前のように自由に過ごせないことが多い。

マスクの着用が義務付けられ、友達と近距離で接する機会も減っている。

しかし、ポスターからは、子どもたちが満面の笑みで友達と一緒に過ごせる喜びを感じていることが伝わってくる。

このポスターは、作者がみんなを笑顔にしたいという願いを込めた、「起こせ笑顔のクラスター」という時代を象徴する言葉を使用している。

詳しくみる ⇒参照元: 令和3年度人権擁護啓発ポスターコンクール優秀作品を掲載しまし...

多様性の尊重と協調

多様性を尊重した社会を作るには何が必要?

個々の個性の尊重

草原の様々な花のように、個性的で多様な人々が協調して未来社会を築くべきであるというメッセージが込められた作品。

温かい言葉が、多様性を尊重し個性を大切にした社会が永遠に続くことを願っていることを示唆する。

詳しくみる ⇒参照元: 令和3年度人権擁護啓発ポスターコンクール優秀作品を掲載しまし...

梅がつなぐ国際団結

国際的な団結を表現するために使われた、日本の伝統的なシンボルは何ですか?

金色の背景に各国の国旗を梅の形に配したポスターは、日本の伝統的なシンボルを使って国際的な団結を表現しています。

国旗は梅の花びらのように形作られ、明るい「世界満開」というキャッチコピーと相まって、作者の願いと希望を伝えています。

このユニークなデザインは、作者のセンスを際立たせ、ポスターを魅力的にしています。

詳しくみる ⇒参照元: 令和3年度人権擁護啓発ポスターコンクール優秀作品を掲載しまし...

人権の大切さを描いた中学生の受賞作品

手をつないでいる子供たちが何を表現しているの?

人権の大切さ

京都府市長会会長賞を受賞したこの作品は、人権の大切さを表現しています。

手をつないでいる子供たちは、人種や性別などの違いを超えて、すべての人が仲良く平和に暮らすことを象徴しています。

太陽の微妙に変化した色づかいは、人々の多様性を表しています。

作者の中学生らしい豊かな感性が感じられる作品で、人権について考えるときに何を大切にしたいのかを伝えています。

詳しくみる ⇒参照元: 令和3年度人権擁護啓発ポスターコンクール優秀作品を掲載しまし...

虹色の輪で伝える友達の大切さ

友達の大切さを伝えるために、虹を円にしたというアイデアは、どのような効果を生み出しているのでしょうか?

温かい気持ちが外へと広がる効果

このポスターは、手をつないだ友達が輪になり、背景に大きな虹を描いたもので、色や形が調和してまとまっています。

虹を円形にするというユニークな発想により、友達の温かい気持ちが外側に向かって広がっていくような効果が生まれています。

この作品は「みんな友達だよ、仲良くしようね」というメッセージを伝えています。

詳しくみる ⇒参照元: 令和3年度人権擁護啓発ポスターコンクール優秀作品を掲載しまし...

人権ポスターで考えるべき身近なテーマ

小学生・中学生向け人権ポスターのテーマとして扱われる一般的なトピックは?

偏見・差別、いじめ

人権ポスターコンテストは、小学生や中学生に人権について考えさせることを目的としています。

ポスターのテーマは広く、ジェンダー、障害者や外国人ルーツの人への偏見・差別、いじめなど、身近な問題から取り上げることができます。

コンテストに参加するには、募集要項を確認し、目的や対象年齢などを理解することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 人権ポスターとは、入選例から「人権問題を考え」個性ある .....